PMS改善日記

*

蓄熱式脱毛の効果がすごい! 回数や期間まで、短縮できる理由は!?

      2018/03/09


 
メラニン色素にも毛周期にも関係なく、スピーディーに施術ができると評判の蓄熱式脱毛。

脱毛の悩みを大幅に改善してくれる蓄熱式脱毛とは、どんな脱毛方式なのでしょうか?

従来の脱毛方法との違いや、その効果が気になるところですよね。

そこで今回は、蓄熱式脱毛の効果やメリット、デメリットなどをまとめてみました。

 

蓄熱式脱毛のしくみや特徴


 

蓄熱式脱毛とは?

蓄熱式脱毛とは、SHR脱毛とも呼ばれる、最新式の脱毛のことです。

SHR=Super Hair Removableの略称。

育毛技術の研究により、新しい毛の大部分は、バルジ領域内の毛包、つまり、毛が生えている部分の幹細胞によって作り出されることが発見されました。

バルジ領域とは、毛根の根本より少し浅い場所にある、発毛に欠かせない細胞が存在する領域のことです。

この育毛技術の、逆の発想から作られたのが、蓄熱式脱毛なんです!

つまり、毛包に光を短時間で連続してあてることで、バルジ領域や毛包部の活動を停止させておこなう脱毛方法ということです。

 

蓄熱式脱毛の特徴

蓄熱式脱毛の特徴
 
従来のIPL脱毛やSSC脱毛、レーザー脱毛に共通していた方法は、体の表面のメラニン色素に反応して光をあて、毛根組織にダメージを加えるというものでした。

この方法では、表面の毛にしか効果がありませんでした。

しかし、蓄熱式脱毛は、毛包部に照射するので、メラニン色素が関係なくなります。

メラニン色素が関係なくなるということは、日焼けやホクロに関係なく、産毛まで脱毛でき、しかも、毛周期を気にすることなく脱毛することが可能になるのです。

つまり、今まで3か月置きに脱毛に通っていた人も、毎月の脱毛が可能になるということ!

従来の3分の1のスピードで脱毛を完了できるのが、蓄熱式脱毛の最大の特徴なんですね。

 

蓄熱式脱毛に必要な回数や期間

IPL脱毛では、全身脱毛に3時間以上かかってしまうこともありました。

でも、蓄熱式脱毛では、施術は1時間ほどで終わり、しかも毛周期に関係なく毎月施術できます。

また、IPL脱毛などの毛周期に関係する脱毛方法は、成長期にある毛を脱毛していました。

しかし、成長期の毛は、全体の毛に対して3割しかないため、残りの7割は、1回の脱毛では効果がでていなかったのです。

しかも、IPL脱毛だと、メラニン色素の薄い産毛には効果が薄かったため、いつまでも産毛が残ってしまうことに……。

こうして見てみると、メラニン色素と毛周期に関係ない蓄熱式脱毛のスピードの速さは、かんたんに想像がつきますよね。

蓄熱式脱毛で、全身脱毛に毎月通えば、長くても1年で終わるといわれています。

この脱毛スピードは、何年もサロンに通い続けていた人には、とても魅力的ですよね。

 

蓄熱式脱毛のメリット・デメリット

 
蓄熱式脱毛のメリットデメリット
 
脱毛をしたい人にとっては、肌への負担や痛みなど、不安に思うことが多々あると思います。

そこで、ここでは、蓄熱式脱毛のメリット・デメリットを考えていきたいと思います。

 

蓄熱式脱毛のメリット

白くて細い腕
 

  1. 脱毛スピードが速い
  2. 蓄熱式脱毛は、前述したように、毛周期に関係なく施術できるので、短いスパンで施術を行え、脱毛を完了できます。

  3. 痛みや肌トラブルが起きにくい
  4. 従来のIPL式脱毛は、高温によって毛根を破壊していたため、施術時の痛みも強く、肌に負担がかかっていました。

    それに対し、蓄熱式脱毛は、低温の熱を高速で連続照射させることで、バルジ領域の働きを停止させる脱毛です。

    施術時の痛みや施術後の肌荒れ、毛嚢炎といった症状を防ぐことができます。

    したがって、敏感肌の人でもトラブルが起きにくいというメリットがあります。

    VIOのように、比較的痛みの強い部位でも、蓄熱式脱毛なら、痛みをほとんど感じることなく、安心して脱毛することが可能なのです。

  5. 脱毛できる部位が多い
  6. メラニン色素に関係なく、施術が可能ということは、毛の色や肌の色に関係なく施術が行えるということ。

    また、メラニンによって作られた色素沈着や黒ずみ、ホクロのある部分にさえ、蓄熱式脱毛なら関係なく施術できるのです。

    また蓄熱式脱毛は、以前のように、メラニン色素の多い部分だけ出力を下げて照射する必要がありません。

    だから、脱毛効果も、部位によって差が出にくくなった、というメリットがあります。

 

蓄熱式脱毛のデメリット

従来の脱毛方法に比べて、安全安心な蓄熱式脱毛ですが、デメリットはあるのでしょうか?

現状では、肌トラブルにつながるような大きなデメリットは、蓄熱式脱毛にはないようです。

しいていえば、一番のデメリットは、脱毛の効果が分かりにくいといことでしょう。

特に、毛が薄めで産毛が多く、毛周期の遅い人には、その傾向が見られるようです。

従来の脱毛では、毛根に照射していたため、施術後に表面上の毛が抜けていくのが、目に見えていました。

しかし、蓄熱式脱毛は毛包に照射するため、今生えている毛に作用せず、脱毛しても毛根は生きているので、ある程度までは、そのまま伸びるのです。

ただし、毛包を破壊することで、毛の元の部分にあたる細胞が作られなくなりますので、そこで確実に、毛の伸びも止まります。

もともと、毛が抜けるまでの個人差はありますし、毛周期の遅い方は、従来の脱毛より、毛が抜けるのは遅くなると考えられるでしょう。

でも、だからといって、脱毛効果も遅くなるわけではありません!

蓄熱式脱毛は、1回の脱毛で広範囲の施術ができる方式です。

だから、以前より脱毛効率が良く、その結果、施術回数を減らすことが可能になっているんです。

結局のところ、蓄熱式脱毛は、効果が分かりにくいとはいえ、脱毛スピード自体は速いので、デメリットというほどでもないですよね。

そのほかにも挙げるとしたら、まだまだ蓄熱式脱毛が最新技術であり、取り入れているサロンが多くはないこと。

そして、蓄熱式脱毛で脱毛したあと、何十年も経過した人がいないこと。

こういったことが、デメリットといえるかもしれませんね。

しかしこれも、蓄熱式脱毛が従来のマシンのデメリットを改善したマシンであることを考えると、そこまで深く掘りさげる必要もないでしょう。

最新技術が開発されるたびに考えられる問題ですので、経過を見ながら納得していくしかなさそうですね。

 

蓄熱式脱毛の効果とは?

蓄熱式脱毛の効果
 
弱いエネルギーを何度も与え、低温照射を連発する蓄熱式脱毛は、脱毛効果が高いシステムだとえます。

従来の脱毛方法は、高温で一回、強いエネルギーを一回与えるという方式でした。

蓄熱式脱毛の効果が高い最大の理由は、光を与えるターゲットがバルジ領域になったことにあります。

毛に栄養を与えるバルジ領域を、低温で沢山壊すことで、効果が上がり、毛がどんどん減っていきます。

なんと、1秒に6ショット、10秒間で1000本もの毛の脱毛ができるというのですから、驚きですよね!

これなら、1回の脱毛時間も短縮されるので、忙しい方にとっては、とてもありがたいシステムだと思いませんか?

 

ダイオードレーザー、アレキサンドライトレーザーとの違い

脱毛器を使用する女性
 
医療レーザー脱毛で使われるレーザーの種類は、次の2つが主流です。

  • ダイオードレーザー
  • アレキサンドライトレーザー

基本的に、この2つの効果に、違いはありません。

同じ脱毛でも、機種によって使用されているレーザーが違うということです。

ダイオードレーザー、アレキサンドライトレーザーの大きな違いは、ダイオードレーザーは人工結晶、アレキサンドライトレーザーはアレキサンドライトという鉱物の結晶を使っていることです。

つまり、ダイオードレーザーにいろいろな種類あるのに対して、アレキサンドライトレーザーは1種類ということになります。

それでは、それぞれのレーザーについて見ていきましょう。

 

ダイオードレーザーとは?


 
ダイオードレーザーは、半導体を使用したレーザーです。

ダイオードレーザーでは、メラニン色素にのみ反応する波長のレーザーを照射します。

レーザーが毛根に照射されると、瞬間的に高熱を生じ、毛根や毛包を焼くことで、毛の再生機能をなくして脱毛します。

照射する機械の先にクーリングチップがあり、冷却しながら脱毛することで、やけどを防いでいます。

照射口はサファイアガラス製で、耐久、耐熱に優れているため、肌に押し付けての照射が可能となっています。

そのため、皮膚の深い部分にある毛根にも、エネルギーを伝えることができるのです。

ダイオードレーザーは自由度が高く、照射口サイズや出力を変えることもできるので、個人の状態に合わせた施術がしやすいのも特徴です。

ダイオードレーザーの痛みはそれほどなく、輪ゴムで弾かれたようなチクっとした低刺激があります。

アレキサンドライトレーザーと比べると、ダイオードレーザーは痛みが少ないと感じる人が多いようです。

代表的な機種は、ライトシェアデュエットとソプラノです。

 

アレキサンドライトレーザーとは?

脱毛サロンで塗るジェル
 
アレキサンドライトレーザーは、アレキサンドライトという鉱物の結晶を用いたレーザーです。

レーザーをメラニン色素に吸収させ、毛根を破壊する脱毛です。

アレキサンドライトレーザーを照射するときは、冷却ガスをあてて皮膚表面を保護しますので、冷却ジェルを使用しません。

そのため、冷却ジェルを塗る時間が短縮されるとともに、ジェルの不快感がないということになります。

また、アレキサンドライトレーザーは、歴史あるレーザーとして知られています。

なんと、もともとは、刺青治療に使用されていたのだそうですよ。

このように、メラニン色素に有効な波長での施術は、シミ、そばかすなどの色素沈着や、アザやニキビ跡の治療にも有効です。

さらに、アレキサンドライトレーザーは、肌のコラーゲンを促進し、毛穴の引き締め効果もあるといわれています。

アレキサンドライトレーザーの実績としては、2000年に、米国FDAより、あらゆるスキンタイプに適した永久減耗の許可を受けているそうです。

国内には、1997年に導入されていて、実績も多く、安全性と信頼性が高いレーザーといえますね。

実際、痛みはダイオードレーザーとほとんど変わらないのですが、バチっという音があるため、こちらのほうが痛いと感じる方や、怖いと思う方がいるようです。

代表機種は、ジェントルレーズ、G-Max、アポジーエリート、エリートMPXです。

このように、ダイオードレーザーとアレキサンドライトレーザーは、レーザー自体に違いはありますが、効果としての違いはほとんどありません。

色素の沈着が気になる方ならダイオードレーザー、美肌効果も期待したいならアレキサンドライトレーザー、といった具合でしょうか。

あくまでも、脱毛機やサロンを選ぶうえでの参考にしてみてくださいね。

 

IPL脱毛と蓄熱式脱毛(SHR)脱毛の違い

ここで、IPL脱毛と蓄熱式脱毛(SHR)の脱毛の違いについて、ポイントをまとめておきましょう。

IPL脱毛のポイント
  • メラニン色素に高温の照射を当てることにより、毛根を焼き切り、破壊する脱毛方法。
  • 成長期の毛に照射しないといけないため、毛周期に左右されるので、約3ケ月ごとの施術になる。
  • 高温照射であるために、脱毛時の痛みがあり、肌ダメージや脱毛後の赤みや腫れ、毛嚢炎が懸念される。
  • メラニン色素に働きかけるため、ホクロやシミのある部分は避けなければならず、日焼けをしている人や肌の黒い人には向かず、毛の色素の薄い産毛への効果も低い。
蓄熱式脱毛(SHR)のポイント
  • 毛根より少し浅い部分にあるバルジ領域に、低温の照射を何度も当てることで、毛の成長を促す細胞を破壊する脱毛方法。
  • メラニン色素に関係なく施術できるので、毛周期に左右されず、毎月施術を受けることが可能なうえに、施術時間も短いので、脱毛期間が短い。
  • 低温の光を当てるので、脱毛時の痛みが少なく、肌トラブルも起こりにくい。
  • メラニン色素を狙った照射ではないので、ホクロやシミ、肌の色に関係なく脱毛できる。

蓄熱式脱毛は白髪脱毛もOK?それともNG?

白髪のかつらをかぶった男の子
 
それでは、蓄熱式脱毛なら、白髪でも脱毛できるのでしょうか?

なんと、医療レーザー脱毛の中で唯一、白髪も脱毛できるのが、蓄熱式脱毛なのです。

何度も述べるようですが、メラニン色素に反応さるのではく、バルジ領域をターゲットにしている蓄熱式脱毛は、毛の色にも左右されません。

白髪でも、金髪でも、脱毛が可能です!

 

蓄熱式脱毛マシンで施術できる東京・大阪のおすすめ脱毛サロン

足の脱毛
 
メリットだらけの蓄熱式脱毛。

これなら、ぜひ脱毛してみたいって思いましたよね?

そこで気になるのが、どこで蓄熱式脱毛を受けることができるのかということ。

ここでは、蓄熱式脱毛マシンで施術が受けられる、東京と大阪のオススメの脱毛サロンを紹介します。

 

蓄熱式脱毛ができる脱毛サロン
東京  ・レジーナクリニック
・ブランクリニック
・ビューティースキンクリニック
・聖心美容クリニック
・リゼクリニック
・ラココ
・ストラッシュ
大阪  ・レジーナクリニック
・聖心美容クリニック
・リゼクリニック
・ラココ
・ストラッシュ

 

何年も脱毛サロンに通い続けている方や、なかなか毛周期に合わせて施術ができず、効果に悩んでいた方。

また、肌の色や毛の色で脱毛効果を感じられなかった方など、従来の脱毛方法の悩みを大幅に改善してくれているのが、蓄熱式脱毛です。

もちろん、効果の感じ方には個人差があると思いますが、これは試してみる価値ありそうですね。

ぜひ参考にしてみてください!

ライター紹介

PMS改善日記 編集部

PMS改善日記ロゴ160

「つまんないこと、バイバーイ。たのしいこと、ウェルカム!」
「PMS改善日記」は、PMSや生理痛をはじめとしたツラい悩みにお別れして、もっとステキで楽しい毎日を送りたいあなたを応援するwebマガジンです。

当編集部では、あなたの悩みの解決するお助けアイテムの紹介や、女子力を磨くライフスタイルの提案といった記事をまとめていきます!

Facebookページに「いいね!」の応援、よろしくお願いします!
https://www.facebook.com/pmsdiary/


 - 脱毛