PMS改善日記

*

カプサイシンのダイエット・美容・育毛効果!サプリメントで手軽に摂ろう

   

唐辛子のカプサイシン
 
あなたは、カプサイシンの効果に興味がありませんか?

カプサイシンといえば、唐辛子などに含まれているイメージかもしれませんね。

でも、具体的なカプサイシンの効果は、どんなものなのでしょうか?

ここでは、カプサイシンの効果や、カプサイシンを手軽に摂れるサプリなどについて、まとめてみました。

 

カプサイシンに効果がある理由

カプサイシンに効果がある理由
 
カプサイシンとは、とうがらしに含まれる辛さのもと。

アルカロイドと呼ばれる、辛味成分のひとつです。

カプサイシンを摂取すると、脳に運ばれ、アドレナリンの分泌が促進されます。

代謝が活発になり、体温が上昇、発汗を促します。

結果、効率よく脂肪を分解し、エネルギーに変えてくれるようになります。

とうがらしを食べた時に感じる、体温の上昇や汗は、このカプサイシンの効果なんですね。
 

アドレナリンとは?

アドレナリンとは、神経伝達物質のひとつ。

副腎髄質から、分泌されるホルモンです。

興奮やストレスなどの刺激により、血液中に放出され、体のエネルギー代謝を高めます。

交感神経を刺激して、血圧や心拍数、血糖値を上昇させることから、ストレスホルモンと呼ばれることも。

精神を興奮させて、筋肉を強くし、運動能力を高める作用もあります。

アドレナリンが分泌されると、脂肪燃焼の効率が良くなることから、ダイエット効果も期待されます。

 

カプサイシンのおもな効果

カプサイシンの効果はダイエット・美容・育毛
 
カプサイシンのおもな効果には、ダイエット効果、美容効果、育毛効果があります。

それぞれくわしく説明していきますね。
 

ダイエット効果

アドレナリンの分泌量が増え、体温が上昇し、発汗する際に、大量のエネルギーが必要となります。

そのため、脂肪の分解が促され、ダイエット効果を得られるといわれています。

発汗することで、デトックス効果も感じられそうですね。

ただし、カプサイシンは、脂肪を分解するのであって、燃焼作用が高いわけではありません。

そのため、ダイエット効果を得ようと思う場合、有酸素運動と組み合わせることをおすすめします。

体内で、分解された脂肪は、使用しないと、また血液に入り、脂肪として蓄積されます。

また、運動後、最初にエネルギーとなるのが糖分、その後で脂肪がエネルギー源となっていきます。

体脂肪を減らそうと頑張っても、糖分の燃焼まででとどまり、脂肪が燃焼されないことも、しばしば。

そこで、カプサイシンと有酸素運動を組み合わせると、早い段階から脂肪を燃焼させることができ、脂肪の蓄積を防ぐことに繋がるのです。

カプサイシンに有酸素運動の組み合わせで、即効性も感じらせそうですね。

さらに、カプサイシンには、便秘解消効果も。

カプサイシンは、腸が排便を助ける、ぜん動運動を促進し、整腸作用をもたらします。

便秘の改善は、美肌とダイエットの第一歩ですよね。
 

美容効果

カプサイシンを摂取したときの汗は、水分だけでなく、油分も多く含まれるといわれています。

アドレナリンの分泌が、皮脂腺の新陳代謝を活発にすることで、皮脂の分泌もアップ。

皮脂に油分を供給してくれるからです。

そのため、皮膚の保湿性が高まり、美肌効果をもたらします。

また、汗によるデトックス効果や、便秘解消効果も美肌に一役かっていますね。

さらに、とうがらしには、カプサイシンだけでなく、ビタミンCやAも豊富に含まれています。

優れた抗酸化作用を持つので、老化を防いでくれます。

そのため、アンチエイジング効果も期待できるのです。

 

女性の育毛効果

イソフラボンとカプサイシン
 
育毛剤の成分に、カプサイシンやイソフラボンが、含まれているのを見たことありませんか?

イソフラボンとカプサイシンは、同時に摂取することで、発毛を促すといわれています。

発毛促進には、IGF-1という成分が不可欠です。

IGF-1は、インスリン様成長因子で、育毛促進やろう防止に効果的といわれています。

このIGF-1は、イソフラボンとカプサイシンの同時摂取で、増加するとのこと。

IGF-1の生成には、CGRPと呼ばれる成分が、必要なのですが、これを作れるのがイソフラボンしかないため、同時摂取が必要なのです。

IGF-1が増加すると、高確率で、毛母細胞が活性化します。

そして、発毛を促進し、毛髪サイクルを長期化してくれます。

つまり、髪の毛の寿命が伸びるといことです。
 

カプサイシンの育毛効果とは

薄毛に悩む女性
 

  • 頭皮の血行を改善
  • 毛母細胞の働きを活性化させる
  • 知覚神経を刺激し、CGRPの働きを活性化する

カプサイシンによって、代謝がアップすることで、頭皮の血行も促進されます。

また、体内の老廃物を排除し、毛穴詰まりのない健康的な状態を保ちます。

綺麗な毛穴は、健康的な髪の毛をつくり、抜け毛を防ぎます。

知覚神経への刺激は、髪の毛の生成に不可欠なCGRPを活発に。
 

イソフラボンの育毛効果とは

  • 髪の毛の主要成分であるたんぱく質が豊富
  • 女性ホルモンに似た働きで、丈夫な髪の毛を作る
  • 男性ホルモンの生成を制御
  • CGRPを作り出す

髪の毛の主成分は、植物性たんぱく質。

たんぱく質不足は、細くて弱い髪の毛の原因になります。

イソフラボンには、植物性たんぱく質が豊富に含まれているので、摂取することで、健康的な髪の毛作りをサポートしてくれます。

また、イソフラボンは、女性ホルモンに似た働きをもっています。

女性の髪の毛は、男性に比べ、太くて丈夫。

これは、女性ホルモンが影響しています。

さらに、女性ホルモンに似た働きは、男性ホルモンを制御。

男性ホルモンは、抜け毛の原因となるDHTを生成しますので、抜け毛防止につながります。

イソフラボンのみが生成できるCGRPは、IGF-1を作るので、育毛効果を期待させます。

 

カプサイシンサプリの効果

カプサイシンの美容効果と副作用
 
カプサイシンを含む食品には、唐辛子やしし唐があります。

しかし、カプサイシンを食事で摂るのは、辛い物が苦手な方にとって、難しいですよね。

そこで、辛い物が苦手な方には、サプリメントがおすすめです。

また、サプリメントの方が、胃などの消化器官を傷つけにくいことからも、継続的にダイエットに取り入れるなら、サプリメントが良いでしょう。

最近では、カプサイシンを含むサプリメントが、多数販売されています。

カプサイシン単体のものから、その他のダイエット成分も含まれるものなど、さまざま。

どちらにしても、サプリメントであれば、たくさんの唐辛子を摂取せずに、同様の効果を得ることができるとされています。
 

カプサイシンの摂取量に要注意

ダイエット効果を期待できるカプサイシンですが、大量摂取は大変危険です。

大量摂取による、アドレナリンの過剰放出は、細胞破壊や精神障害など、病気につながる可能性があります。

カプサイシンの致死量は、体重1㎏に対して60mg~75mgとされています。

体重45kgの人なら、2700mg~3375mg以上で、死に至る可能性が出てきます。

唐辛子1本、2g中には、約6mg程度のカプサイシン含有量ですので、1kg以上の唐辛子を食べない限りは、食事での過剰摂取は心配なさそうですね。

しかし、サプリメントでの摂取には、注意が必要ですね。

用法・容量を守って、正しく使用しましょう。
 

カプサイシンは有酸素運動の前に摂取すると効果的

カプサイシンを摂って、汗をかくだけでは、なかなかダイエット効果は実感できません。

カプサイシンの脂肪分解効果を活かすために、有酸素運動と併用しましょう。

有酸素運動で、脂肪がエネルギーを生み出すには、20分以上続けると良いとされています。

一方、カプサイシンは、摂取後、30分~2時間程度の間で、エネルギー消費量が、アップしたとの報告があります。

つまり、カプサイシンを摂取した後で運動すれば、早い段階から脂肪が燃焼され、ダイエット効果を得られるというわけです。

結論として、カプサイシンは、有酸素運動の前に摂取すると効果的です。
 

カプサイシンダイエットがおすすめの人は?

カプサイシンダイエットは、効果に個人差があります。

どんなダイエットでも個人差はありますが、より効果を感じるために、おすすめな方をまとめました。

  • 冷え性の方(血行不良による不調を感じている方)
  • 便秘で悩んでいる方
  • コレステロールが気になる方
  • 運動をしたい方

 

カプサイシンの副作用

カプサイシンのサプリメント
 
ダイエット効果を含め、多くの効能を持つカプサイシン。

しかし、多少摂取は危険といったように、その副作用や危険性が気になりますね。

まず、カプサイシンを含む食品、唐辛子などを食べたときに感じる辛み。

これは、痛覚ですので、カプサイシンが刺激物だということが分かります。

適量であれば、問題なのですが、多量摂取は副作用の原因になります。

特に胃などの消化器系がダメージを受けやすく、胃腸炎や食道炎、胃潰瘍を起こす可能性があります。

刺激による味覚障害の危険性もあります。

また、アドレナリンの過剰な分泌は、大脳辺縁系を損傷させます。

この大脳辺縁系は、感情や記憶を支配しています。

そのため、うつ病やパニック障害、睡眠障害などの、精神疾患を引き起こす恐れがあります。

さらに、カプサイシンの過剰摂取は、ナチュラルキラー細胞の働きを弱め、発がん性につながるともいわれています。

刺激物の摂り過ぎは、副作用を起こしかねませんので、過剰摂取には十分に注意しましょう。

適量を守ることで、安全に健康効果を得ることができます。
 

カプサイシンが嚥下障害を改善する?

通常は、食べ物を正しく飲み込むと、反射的に器官に入らないように、食道へ導きます。

これが、嚥下反射です。

しかし、高齢者などで、この働きが衰えると、上手く飲み込めず、誤って器官へ入ってしまうことがあります。

こういった症状を嚥下障害と呼びます。

嚥下障害は、肺炎を引き起こすことがあり、繰り返すと死に至る可能性も。

カプサイシンには、嚥下反射を促す重要な成分、サブスタンスPの分泌を促進する作用があるといわれています。

サブスタンスPとは、正常に食べ物を飲み込む、咳をするといったことができるように、神経に働きかける物質です。

サブスタンスPが減少すると、食べ物を飲み込む機能が衰え、嚥下障害に。

そのため、サブスタンスPを促進するカプサイシンは、嚥下障害を改善するといわれているのです。

 

ライター紹介

PMS改善日記 編集部

PMS改善日記ロゴ160

「つまんないこと、バイバーイ。たのしいこと、ウェルカム!」
「PMS改善日記」は、PMSや生理痛をはじめとしたツラい悩みにお別れして、もっとステキで楽しい毎日を送りたいあなたを応援するwebマガジンです。

当編集部では、あなたの悩みの解決するお助けアイテムの紹介や、女子力を磨くライフスタイルの提案といった記事をまとめていきます!

Facebookページに「いいね!」の応援、よろしくお願いします!
https://www.facebook.com/pmsdiary/


 - ダイエット