PMS改善日記

*

断食を一週間してダイエット! その効果と、気になる体重は…?

      2018/02/19


 
皆さんは、「断食を一週間してみよう!」と思ったことがあるでしょうか?

興味はあるけど、できるか自信がない、やり方がわからない、リバウンドが怖い……。

そんな理由で、実際には、考えるだけで終わってしまっている方が多いでしょう。

そこで今回は、断食について、くわしくまとめてみました。

是非、参考になさってください。

 

断食を一週間してみる?してみない?

断食するなら一週間
 
断食を考えたとき、そもそも、どれくらいの期間が思いつくでしょうか。

何となく、切りのいい「一週間」が頭に浮かぶかもしれませんね。

ここでは、断食を一週間した場合の効果を考えてみましょう。

 

断食を一週間した場合の効果とは?

断食一週間の効果
 
断食を一週間した場合、当たり前ですが、体重が減ります。

個人差はありますが、2キロから6キロくらいの減量につながるそうです。

また、内臓を休ませることによって、血圧が安定したり、糖尿病の予防にもなるといわれています。

 

断食のメリット・デメリット

断食一週間のメリットとデメリット
 

断食のメリット

現代では、食べ物があふれています。

知らず知らずのうちに、色々なものを口に運んでいるでしょう。

断食をすると、消化器官を休ませることができます。

消化器官を休ませることによって、栄養の吸収が良くなり、少量の食事でも、栄養がしっかりとれます。

デトックスで毒素を出すと、肌もきれいになり、アンチエイジングにもつながります。

そして何よりもダイエット効果が期待できるのです!

断食が終わっても、少食になり、少しの食事でも、満足できるようになるといわれています。
 

断食のデメリット

断食のデメリットとしては、急激に体重が落ちるので、脂肪だけではなく、筋肉も落ちてしまうことがあります。

また、食事を我慢することで、ストレスもたまります。

頭痛などが起きて、体調が悪くなることも……。

さらに、断食が終わってからいきなりたくさん食べると、リバウンドして、前より体重が増えてしまったということもあるそうです。

 

断食を一週間したら何キロ痩せる?体重の減り方

断食一週間した場合の体重の減り方
 
では、断食を一週間したら、何キロくらい、どのように痩せるのでしょうか?

断食1日目は、急激に体重が落ちますが、それは水分がなくなるだけです。

本当に痩せるのは、2日目からといわれています。

断食1日目から5日目は、体重の1.5%から2%。

6日目から10日目は、体重の0.7%から0.8%ほどが落ちるといわれています。

もちろん個人差があるので、一概にはいえません。

たとえば、体重60キロの人ですと、1日目で58.5キロ、2日目で57.6キロほどに落ちることになります。

7日目で53.3キロくらいまで落ちることになり、一週間で6キロほどのダイエットに成功することも可能だそうです。
 

断食による体内の変化は?

体内変化
断食すると、体の中は、どのように変化しているのでしょうか?

血糖値や血圧が高めの人も、正常値に戻るといわれています。

また、中性脂肪の減少も見込まれます。

空腹感、ストレスを感じなくなり、味覚と食欲が正常な状態に戻り、痩せやすい体質に変化するそうです。
 

断食による見た目の変化は?

見た目についても、人は2キロ変化すると、とたんに変わるといわれています。

特に、顔や手足の脂肪が最初に落ちるので、6キロも減少すると、かなり印象も変わるでしょう。

 

断食を一週間する場合の方法やスケジュール

果物青汁を飲む女性
 
一週間のダイエットを開始する前に、まずは家族に相談しましょう。

食事のとき、一人だけスムージーなどを飲んでいるだけだと、きっと家族は心配しますよね。

ですから、事前に話しておき、協力してもらうようにしましょう。

体調が良くないときは、断食はおすすめできません。

 

断食の具体的な方法とは?

断食の具体的な方法としては、まず、食事を飲み物に置き換えます。

置き換えには、スムージーや酵素ドリンクをおすすめします。

スムージーや酵素ドリンクには、ビタミン、ミネラル、最小限の糖分など、体が必要とする栄養素が取れるので、栄養不足になることはありません。

 

一週間の断食のスケジュール

断食一週間のスケジュール
 
では、一週間の断食のスケジュールをご紹介しましょう。

断食といっても、一週間、何も口にしないということではありません。

一週間の内訳は、「減食期間2日」「絶食期間3日」「回復食期間2日」の、合計7日間となります。
 

減食期間

まず、減食期間は、スムージーを食事の前にとるようにし、3食きちんと食べましょう。

食物繊維を意識して取り、野菜や果物、海藻、玄米などを多く取ることも大切ですね。

また、化学調味料、お菓子、お酒、たばこは控えましょう。
 

絶食期間


 
絶食期間は、スムージーや酵素ドリンクなどを飲んでください。

食事の時だけでなく、空腹を感じたら飲むようにしましょう。

また、意識して、水分を2リットル以上取るようにすることも大切です。

数回に分けて飲むと、わりと飲みやすいと思いますよ。

絶食期間の3日間は、時間が長いと感じることがあるようです。

それは、食事に関する時間がなくなったことが理由。

この期間は、ゆったりとした気分で過ごすことをおすすめします。

激しい運動も避けるようにしましょうね。

体が慣れてきたら、瞑想などをして、心と体をリセットすることもよいでしょう。
 

回復食期間

回復食期間は、断食の中で一番大切な期間といわれています。

ここで普段とおりの食事をしてしまうと、一気にリバウンドしてしまうからです。

回復食期間も、スムージーや酵素ドリンクを飲むようにしてください。

回復食については、次項でくわしくご説明します。

 

断食を一週間したあとの回復食


 
断食を一週間したあとの回復食は、どんなものがよいのでしょうか。

最初に、薄味で作った具なしのお味噌汁を飲んでみるといいでしょう。

普段、何気なく飲んでいたお味噌汁が、とてもおいしく感じるはずです。

また、断食といっても、全く食べないわけではなく、スムージーや酵素ドリンクなど、必要最小限の栄養は摂れていたはずです。

ですから、昔からよく食べられているおかゆを食べなくても、とくに問題はありません。

おかゆなどの炭水化物は、血糖値を上げてしまうため、脂肪を溜めやすくしてしまいます。
 

理想的な回復食

理想的な回復食は、豆類、豆乳、ごま、海藻類、野菜、きのこ類、イモ類などであるといわれています。

最初は、お豆腐や蒸し野菜、発酵食品、ぬか漬けなどを少量、食べてみましょう。

そのとき、塩や醤油などの調味料は使わずに、素材の味を楽しむようにしてみてください。

また、よく噛むことが、なにより一番大切です。

よく噛むことで、満腹中枢が刺激され、満腹感が得られやすくなります。

回復食期間は、胃が小さくなっているので、あまり量は食べられません。

しかし、無理をせず、ゆっくりよく噛んで、普段の半分くらいの量までは戻せるようにしましょう。

 

「断食一週間」と「断食1日」のダイエット効果の比較

疲れた女性
 
断食が体によいことは、わかりましたよね。

でも、「一週間できるか自信がない」、「もっと手軽にできないかな」と思われる方も多いでしょう。

そこで、断食を1日した場合と、一週間した場合の効果の違いを比較してみました。

 

断食を1日した場合の効果

断食1日の利点は、簡単にできることです。

1日だけだと効果は少ないですが、何度も繰り返すことで、効果が期待できるようになるそうです。

1日の断食で、1キロくらいは落ちるといわれています。

ただし、1キロの半分は水分のみ。

実際には、500グラムくらいが、体重の減少量ということになりますね。

1日の断食を週1回行うことで、1か月で2キロ近く痩せられる方もいるそうです。

1日の断食で、大幅に体重を落とすことはできません。

しかし、体内環境をリセットをすることはできるので、ダイエット効果も見込まれます。

 

断食を一週間した場合の効果

断食を一週間した場合の効果は、どうでしょうか?

断食を一週間すると、個人差を考慮しても、2キロから6キロほどは痩せることができるそうです。

断食のダイエット効果が出るのは、2日目からといわれています。

1日目の減量分は、主に水分です。

でも、2日目からは、脂肪が燃焼して痩せやすくなり、6日目以降は、逆に、徐々に痩せにくくなっていくといわれます。

このことから、一週間の断食は、最も効果的であるといわれています。

また、断食を一週間おこなえば、体内環境が改善され、肌もきれいになりますので、見た目にもはっきりわかるくらいに、効果が出てくるといえるでしょう。

 

断食中に頭痛が起きる原因と対策

一週間の断食中の頭痛
 
断食中に頭痛が起きたという話を、よく聞くことがあります。

どうして、断食中に頭痛が起きるのでしょうか。

 

断食中に起こる頭痛の原因

頭痛の原因
 
断食中に起こる頭痛の原因は、大きく分けて、次の2つのケースがあります。

  • 低血糖や酸血症、ミネラル不足による脱水症状など、体内の変化によって起こる場合
  • デトックス効果による好転反応による場合

 

酸血症とは

断食を1日すると、体にある糖分のほとんどを使い果たすといわれています。

その、糖分がなくなる状態に慣れていないと、頭痛を感じることがあるそうなんです。

また、体から糖分がなくなると、体を維持するエネルギーのほとんどが、脂肪になってしまいます。

脂肪をエネルギーに変えると、体は弱アルカリ性から弱酸性へと変わります。

これを酸血症といい、頭痛を引き起こす最大の原因となるんですね。

 

好転反応とは

断食を行うと、体の中にある毒素や老廃物が血管を通って押し流され、一時的に汚れた血液が体をめぐります。

この汚れた血液の循環が、頭痛を引き起こす原因になる場合があるんです!

この現象を「好転反応」といいます。

好転反応は、体内に起きる一時的な反応のことで、血液がきれいになれば収まります。

断食中の頭痛は、一時的なものが多いので、それほど心配する必要はないといえるでしょう。

でも、どうしても不安な場合や、症状が重い場合は、断食を一時中断して、かならず専門医に診てもらうようにしてください。

 

断食中の頭痛を和らげる方法

はちみつ
 
断食中の頭痛を和らげるいちばんの方法は、まずは、断食で不足する栄養を補給すること。

ただし、糖分を一気に取ってしまうと、血糖値が急激に上がり、リバウンドの原因になってしまいます。

そこで、おすすめするのが、はちみつや黒糖を少量取ることです。

はちみつや黒糖には、ビタミンやミネラルが豊富に含まれていて、糖質の量も適量なんです。

ハーブティーなどに、はちみつや黒糖を少し入れて飲んでみたり、少しなめてみるなどして、様子を見てみましょう。

また、酵素ドリンクには、必要な栄養素が多く入っています。

空腹を感じたときや、頭痛が起こったときに、酵素ドリンク飲んでみるのも効果的でしょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

今まで、いろいろなダイエットを試してみたけど、うまくいいかなかったという方。

また、最近とくにどこも悪くないけど、何となく体調がすぐれないと思われている方。

一度、断食を考えてみてはいかがでしょうか?

断食には、ダイエットだけでなく、体内の毒素を取り除くデトックス効果もあるそうです。

一度、体をリセットしてみるのも、いいかもしれませんよ。

ただし、無理な断食は、体を壊すので逆効果です。

いきなり一週間の断食をするのが不安な方は、1日だけ、3日だけなどと、少しずつ日数を増やしてみてはいかがでしょうか。

無理せず、ゆったりとした気持ちで断食を行うことは、ご自分の体と向き合えるよい機会です。

ふだん、何気なく食べていた食事の大切さを再確認するとともに、断食後のご自分の体の変化を感じてみてくださいね。

 

ライター紹介

PMS改善日記 編集部

PMS改善日記ロゴ160

「つまんないこと、バイバーイ。たのしいこと、ウェルカム!」
「PMS改善日記」は、PMSや生理痛をはじめとしたツラい悩みにお別れして、もっとステキで楽しい毎日を送りたいあなたを応援するwebマガジンです。

当編集部では、あなたの悩みの解決するお助けアイテムの紹介や、女子力を磨くライフスタイルの提案といった記事をまとめていきます!

Facebookページに「いいね!」の応援、よろしくお願いします!
https://www.facebook.com/pmsdiary/


 - ダイエット