PMS改善日記

*

美容院や床屋さんでの髪型の頼み方と伝え方。こうすれば美容師さんに伝わる!

   

美容院で髪型を頼む女性
 
美容院は、髪をおしゃれにしてくれる場所。

でも、おしゃれになるには、美容師さんに、自分のなりたい髪型を伝えないといけません。

もちろん、ただ伝えるだけでなく、しっかりと伝わっていないと、美容師さんも困ってしまいますし、失敗の原因になることも……。

そこで、あなたも美容師さんも困らない、おすすめの頼み方や伝え方、さらに、失敗しない頼み方のコツもご紹介しますね。

ぜひ参考にしてください!

 

美容院での頼み方

美容院での頼み方
 
美容院にいく前から、なりたい髪型のイメージが、ぼんやりと決まっている人は多いでしょう。

もちろん、美容院で、自分で髪型を決めてしまう人もいます。

でも、とくに強いこだわりがないのなら、美容師さんと相談しながら、髪型のイメージを固めていくのも、ひとつの方法です。

どちらのパターンでも、美容院での頼み方は、基本的には同じ。

基本的なことなので、でかける前にチェックしておきましょう。

 

イメージの髪型と似た写真を準備

スマホを持つ女性
 
美容師さんの髪型を作る作業をご存じの人は、なかなかいないでしょう。

美容師さんが、どんな方法で髪型を考えているか。

それがわかっていると、頼み方もイメージしやすくなります。

実は、美容師さんは設計図のように、部分的な髪型の長さをはかり、それを重ねるとどうなるのか、イメージしているんです。

つまり、そのイメージが沸くような頼み方がベストということ。

その中でも1番おすすめなのが、写真を使って、自分の理想の髪型を頼むことです。

写真を見せると、まず美容師さんは、髪型の雰囲気だけでなく、髪の長さやウェーブのかかり具合、さらに髪の色まで、しっかり見ます。

そして、イメージを膨らませるのですね。

あなたの今の髪型と見比べて、写真の髪型ができるかどうかを、瞬時に判断し、提案してくれるでしょう。

髪型の写真というのは、美容師さんからすると、言葉以上に理解しやすいもの。

つまり、頼み方としては、もっとも失敗しない、無難な方法なんです。

あらかじめ、髪型の写真を、スマホで保存しておくか、ヘアカタログや雑誌などから、髪型の写真を切り抜いて、持っていくといいでしょう。

 

理想の髪型を芸能人でたとえる

髪型を伝えるときに、重要なポイントは、美容師さんの頭に、髪型が思い描けていれば、それでいいわけです。

しかし写真や口頭で伝えずに、その場で髪型を、決めたい人もいるはず。

そんなときに、パッとイメージできてしまう方法が、今人気が出ている、芸能人の髪型をいってみること。

もちろん美容師が、その芸能人のことを知っていることは、最低限必要。

でも、そもそも美容師さんは、流行ものの勉強をするのが、仕事でもあります。

つまり、人気の出ている芸能人のことは、ほとんどの美容師さんは、知っていると思って大丈夫ですよ。

ただし、芸能人のみなさんも、髪型を変えるときが、しばしばありますよね。

ですから、あなたも最新の情報を頭に入れて、頼むとよいでしょう。

 

なるべく具体的に髪型を伝える

ヘアカラーをする女性
 
あなたのなりたい髪型のイメージの写真が、どうしても見つからない。

あるいは、美容師さんと相談しながら髪型を決めたい。

そんな人は、具体的に美容師さんに伝えてみましょう。

具体的というのは、例えば、こんな感じです。

  • 髪の長さは、肩にかかるくらいで、内巻きになるように、カットしてほしい!
  • 髪の色を変えたいけど、明るめのベージュがいいのか、暗めの茶色がいいのか、相談したい!
  • お尻より上くらいの、ロングヘアーなので、くせ毛なのか、わからないくらい、ゆるいパーマをかけてみたい!

髪の長さや、なりたい髪の色や明るさ、パーマのかかり具合など、具体的に伝えてみましょう。

具体的であればあるほど、美容師さんのイメージが、沸きやすくなりますよ。

具体的に相談できるようになるには、あなた自身のなりたい髪型のイメージが、できあがっていることが必要。

ですから、あらかじめ、なりたい髪型を考えておく必要があります。

 

具体的な髪型イメージの伝え方

具体的な髪型イメージの伝え方
 
美容師さんは、髪型をイメージしながら髪型を作っていると、先ほど紹介しました。

しかし、どのように伝えたらいいか、わからないという人も多いと思います。

ここでは、具体的な髪型の頼み方をご紹介しますね。

 

前髪をどうしたいのか?

女性に限らず、前髪というのは、表情や顔の印象を大きく左右する、とても大切な部分。

ということは、髪型を伝えるときには、とくに注意する必要があります。

どのように、前髪を頼むのかよいかというと、まずは、前髪の長さです。

眉や目などのパーツを目じるしにして、前髪の長さを、美容師さんに伝えましょう。

そして、その前髪を、横に流すのか、それとも前に下ろすのか、またはわけて額を出すのか。

それを含めて、具体的に希望を相談すると、さらに伝わりやすくなります。

 

サイドは内巻き?外はね?

サイドというのは、もみあげなどの、横の部分。

これをどのようにしたいのかを、具体的に伝えましょう。

くせ毛ではねるのが嫌なのであれば、内巻きにしてほしいことを伝えます。

髪に動きが欲しいのなら、外はねにしたいと、伝えられればOKですよ。

このときに、「こうしたい!」という、要望があれば、先に頼むのがおすすめ。

というのも、サイドというのは、髪型全体のシルエットを作るときに、重要になる場所なんです。

ですから、「ボブのような丸い形」「レイヤーカットのような軽い感じ」というような理想を伝えると、美容師さんは施術がしやすいでしょう。

 

襟足の長さはどれくらい?

後ろ姿のときに見られる場所が、襟足。

自分では見えない襟足は、具体的に伝えるのが難しく、悩んでしまいますよね。

そんなときには、無理に口頭で伝えずに、スマホの写真などを使うと便利です。

もちろんその場で、ヘアカタログから選んでもよいですが、あらかじめ決めておき、スマホに保存しておくのが気軽かも。

今なら、ヘアカタログのサイトも、ネット検索すれば、豊富に出てきます。

そのサイトから、後ろ姿のみの写真をピックアップして、それを見せてあげると、美容師さんもイメージしやすくなりますよ。

 

頭頂部の髪はどうするのか?

頭頂部は、美容師さんの間では、「トップ」という名前で呼ばれる部分。

このトップの長さは、あまり自分で意識して見ていない人が多いんです。

トップは、髪型の重さ、つまり、量を重たく見せるか、軽く見せるかという髪の印象が大きく変わるので、とても重要。

たとえば、ここ最近よく見られるボブの場合、すべての髪の長さが同じなので、トップの髪の長さは、長くとってあります。

さらに、トップの長さが長いことで、髪型全体がまるく見えやすく、ふんわりかわいいイメージを、持たせやすくなるんです。

このように、トップの長さは、前髪と同じくらい、イメージが大きく変わる場所。

具体的に理想を伝えるときには、大切なパーツですが、つい忘れてしまいがちな部分でもあるので、しっかり考えておきましょう。

 

頼み方で失敗しないコツとは?

美容院で失敗した女性
 
美容院で髪型を変えたら、「似合わない髪型にされた」「髪を短く切られすぎた」などの失敗をよく耳にします。

これは、あなたの理想が、美容師さんにうまく伝わっていないから。

もちろん、なかには、美容師さん自身のポリシーで、要望通りにしてくれないというケースもないとはいえません。

しかし、その場合でも、施術前に具体的に頼んでおけば、回避することもできるんです。

では、どのようにすれば、失敗しないのでしょうか?

ここでは、そのコツをご紹介します。

 

あやふやな伝え方をしない

そもそも理想と違う髪型とは、どのように起こるのでしょうか?

美容師さんは、髪型をイメージしながら施術をしているもの。

そのイメージと、あなたの理想がくい違っているから、失敗してしまうわけです。

つまり、失敗しないようにするには、美容師さんとあなたのイメージが一致すれば、失敗を回避できるということ。

例えば、「かわいくカットしてほしい」というような言葉で、髪型を伝えたとしましょう。

かわいいという考え方は、人によって違うので、髪型のイメージのくい違いが、発生してしまうというわけ。

なるべく具体的に頼めば、美容師さんも、あやふやな施術ができなくなりますよ。

 

悩みがあれば先にしっかり伝える

髪の悩みが解決できないと、「髪型を変えて失敗した……」と感じる場合があります。

悩みというのは、本人にしか、わからないこともあるもの。

さすがの美容師さんでも、すべて把握することはできません。

つまり、あなた自身から、美容師さんに、髪型の悩みについて相談をすれば、美容師さんも、それを意識して施術してくれます。

そうすれば、自然と気になる箇所が減り、「失敗した!」と思うケースも減るので、理想の髪型に近づくことができるでしょう。

 

床屋さんでの頼み方

床屋の顔そり
 
最近、女性でも、床屋さんにいく人が増えています。

それは、カットだけでなく、顔そりなどをきれいにしてくれるから。

顔そりといえば、本来、男性が髭剃りをかねておこなうメニュー。

でも、女性でも「サッパリして気持ちがいい」と利用している方が多いんです。

顔そりをするついでに、髪型もかえてしまおうと、床屋さんにお願いする女性もいるはずですよね。

そこで今回は、気になる床屋さんでの髪型の伝え方をご紹介します。

 

頼み方は基本的に美容院と同じ

髪を切る資格には、美容師免許のほかに、理容師免許というものがあります。

理容師さんは「床屋さん」のことなのですが、美容師と理容師の違いはどこにあるのでしょうか?

おおまかにいうと、お客さんのメインが「男性」なのか「女性」なのか、そのくらいの違いしかありません。

つまり、やっていることはほとんど同じで、顔そりがあるかないかの違いくらいです。

具体的な頼み方をすれば、基本的には、床屋さんでも失敗することはないでしょう。

ただし、ひとつだけ、気を付けてほしいことがあります。

それは、床屋さんのなかでも、女性がほとんど来ない床屋さんの場合は、入念に髪型を伝える必要があるということ。

女性の髪型を変えた経験が少なければ、あなたの頼み方がうまくないと、理容師さんも、どのように施術をしたらいいのか分かりません。

もちろん床屋さんでも、今風のおしゃれな雰囲気を出している店舗なら、女性の施術経験も、それなりにあるはず。

その場合は、ある程度伝えることができれば、柔軟に対応してくれるでしょう。

 

ライター紹介

PMS改善日記 編集部

PMS改善日記ロゴ160

「つまんないこと、バイバーイ。たのしいこと、ウェルカム!」
「PMS改善日記」は、PMSや生理痛をはじめとしたツラい悩みにお別れして、もっとステキで楽しい毎日を送りたいあなたを応援するwebマガジンです。

当編集部では、あなたの悩みの解決するお助けアイテムの紹介や、女子力を磨くライフスタイルの提案といった記事をまとめていきます!

Facebookページに「いいね!」の応援、よろしくお願いします!
https://www.facebook.com/pmsdiary/


 - ヘアケア