PMS改善日記

*

美容室はメンズもOK?男性も美容室でおしゃれヘアに!

   

長髪の男性
 
美容室は女性が行くところ。

そんなイメージを持っている男性は、実は多いかもしれません。

しかし、ここ最近、男性でも、美容室に行くという方が、かなり増えました。カリスマ美容師が流行ったあたりからですね。

その理由は、男性美容師さんが増えたことや、メンズメニューが増えたこと。

男性特有の悩みも、男性美容師さんになら、安心して共有することができますよね!

今回は、美容室に行きづらい男性のために、男性が美容室に行くときのポイントなどを紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

 

男性が美容室に抵抗がある理由と解決策

美容室に行きづらいと思っている男性
 
外から美容室をのぞくと、美容師さんもお客様も女性ばかりで、行くのに抵抗あるな……。

そんな男性も、多いでしょう。

男性が美容室に行くのに抵抗があるのは、なぜなのでしょうか?

男性のお客様が、よく口にする理由を紹介しますね。

 

女性のお客様が多い

なんといっても、美容室には、女性がたくさんいるのが気になる……。

それを気にして、美容室に行くのが億劫になる男性がたくさんいます。

女性ばかりのお店に男性がいたら、場違いな感じがして、その場にいることが息苦しくなってしまいますよね?

しかし美容師さんは、そんなことを気にして、接客をしていません。

むしろ女性ばかり相手をしているので、新鮮な気分で接客できるといいます。

もちろん男性の性格にもよりますが、場違いな感じは、あなた自身だけが感じていること。あまり気にすることはありません。

もしその感じが嫌なら、電話の予約のときに、相談されてみたらいかがでしょうか?美容師さんも、なにか対応してくれるかもしれませんよ。

 

スタイリストも女性が多い

とにかく女性と接するのが苦手。

そんな男性が美容室に行くと、必ずぶつかる問題があります。

それは、担当美容師さんが女性だったときに、どう話したらいいかわからない……。

自分の髪型を切ってくれる人だからこそ、避けて通れない道です。

本当に女性と話したくない男性は、あらかじめ調べておいて、男性の美容師さんを指名することもできるので、安心してください。

髪型を伝えるくらいなら我慢できる男性なら、あらかじめ電話予約の段階で、恥ずかしがらずに、そのことを伝えて、会話がNGということを先に言っておきましょう。

 

男性美容師がおしゃれ

カリスマ美容師が流行った時期から、たくさんの男性の美容師さんが増えて、今では、ほとんどの美容室には、男性美容師さんがいます。

男性にとれば、うれしいことに思えますが、実はそうでもないのが現実。

なぜなら、よく見たら、彼らは自分たちの服装よりも華やかで、近寄りがたい雰囲気を感じることがあるからです。

もし、そんな男性美容師さんが担当になったら、何を話したらいいんだ……。

そう思っている男性は、安心してください。

男性美容師は、見た目はおしゃれに着飾っていますが、仕事上そんな服装をしているだけ。

話をしてみると、意外に楽しく会話ができるかもしれませんよ。

美容師というのは、技術職でもあるので、美容のことを極めないと、仕事になりません。男性美容師さんは、ひとつのことを極めるのが好きな人が多いんです。

どちらかというと、女性の美容師さんは、コミュニケーション能力が高く、男性に比べると技術面で劣る場合があるほど。

そんな性別の差から、男性美容師さんには、オタクのような性格の人が多いので、好きなことにはやたら詳しいんです。

もし会話に困ったら、担当の男性美容師さんの好きなことなどを、聞いてみてください!

もしかしたら、会話が止まらなくなるかもしれませんよ。

 

美容室と理容室の差

理容室で髪をカットする男性
 
男性がよく通っているのは、理容室が多くないでしょうか?

それは、理容師さんのほうが、男性の髪を切るのが得意な人が多いからです。

しかし、今の流行の髪型が作りやすいのは、美容室。おしゃれが好きな人は、理容室から美容室に、変えている男性も珍しくありません。

それでも、美容室と理容室の差はあるので、男性の方はぜひ、メニューによって使い分けることをおすすめします。

美容室に行っても、きっと素敵な髪型にしてくれますよ。

ここでは、美容室の得意なメニューと、理容室の得意なメニューを、それぞれ紹介しますね。

 

美容室の主なメニュー
  • 長めの髪型が得意
  • ゆるいパーマがかけられる
  • 髪以外のメニューが豊富
 

女性のお客様がメインで来ている美容室。そんな特徴から、長い髪型をアレンジするのが得意です。

とくに今流行っている、くせ毛のようなパーマをかけるときは、美容室を使うのがおすすめ。フワフワとした印象が、つけられます。

さらにエステのような、髪以外のメニューが豊富にあるのも、美容室の大きな特徴。美に関しては、ぜひ美容室に頼みましょう。

 

理容室の主なメニュー
  • 短い髪型が得意
  • しっかりパーマをかけられる
  • 男性特有のメニューが豊富
 

理容室は、男性が通うこと前提で作られた場所。だからこそ、短い髪型がすごく得意です。

今流行っている、短めのツーブロックや、ベリーショート、おしゃれ坊主など、短い髪型をしたい男性は、美容室に行くのでなく、理容室のほうがいい場合もあります。

短い男性の髪にパーマをかけることが多い理容室は、しっかりとウェーブを出すのが得意です。

髭剃りなど、男性特有のメニューも、理容室には豊富。美容室にはないメンズメニューが、たくさんあります。

 

美容室の得意な男性の髪型

美容師さんの手元の画像
 
髪型を変えるために行くのが美容室。

でも、いざ美容室に行ったとしたら、どんな髪型にしてくれるのか、不安に思うことはありませんか?

行きなれた理容室なら、どんな髪型ができるか、想像がつくかもしれませんが、美容室は未知の世界……。

そんな人のために、美容室ではどんな髪型が得意なのか、ご紹介しますね。

 

ベリーショート以外の比較的長めの髪型

基本的に美容室は、女性が髪を変えるところ。

ということは、長めの髪型のアレンジの経験は、とても豊富だということです。

バリカンが必要な、短いベリーショートも可能ですが、どちらかというと、それよりも長い髪型を、おしゃれにするほうが得意です。

前髪を長くするか、襟足を長くするか、頭頂部であるトップを長くするか、などなど……。

どこかの部分の髪を長く残すなら、美容室がおすすめですよ。

 

ゆるいパーマをかけた髪型

ひと昔前なら、ソバージュといって、女性でもチリチリに短いウェーブを出すことが、流行っていました。

しかし、今の女性は、パーマをかけたかどうかもわからないくらいの、クセ毛風のゆるいパーマをかけるのが主流。

男性でも、そんなゆるいパーマをかけたいときは、美容室です。

やさしいイメージがつく、フンワリした髪型や、ボリュームアップにもなり、男性でもメリットがたくさんあります。

 

細かい注文にもこたえられる

女性は髪が命といわれますが、それほど髪に関しては、繊細に扱うことが得意なのが、美容室の大きな特徴。

細かい注文でも、しっかり美容師さんは、こたえてくれます。

だからこそ、美容室にはメニューがたくさんあって、そのすべてを把握しているお客様は、少ないくらいです。

その特徴を利用して、こだわりが強い男性は、美容室に通ったほうがよい場合があります。

例えば、部分的に髪を染めたいときや、カットをしてほしい部分が決まっているときなど。

イメージが固まっているときは、美容室に行くと、相談にのってくれやすいですよ。

 

男性が美容室に行く頻度

男性は女性よりも髪が短いことから、どうしても、美容室に行く頻度が多くなってしまいますよね?

「頻繁に美容室に行くのが、迷惑になっていないか」「変に思われていないだろうか……?」

そんな風に、気を使っている男性も、少なからずいるようです。

そこで、男性が美容室に行く一般的な頻度を紹介するので、参考にしてください。

不安が少なくなるかもしれせんよ。

 

2カ月に1回が平均的

髪がのびると、我慢することが苦手な男性は多いでしょう。

髪が短いことで、チクチクして額など皮膚に触れるのが、不快だからです。

その我慢の限度は、だいたい2カ月前後が平均。それを超えてくると、髪がボサボサになってしまいます。

あくまで平均値なので、気になるならすぐに相談しても、美容室の人は、けっして気にしません。

遠慮しないで、相談してみましょう。

 

女性は3カ月。差はあまりない

「髪が長い女性なら、美容室に行く間隔が長いのでないか?」

そう思っている男性のみなさんは、大間違いです!

女性が美容室に行く間隔は意外に短く、男性とは、1ヶ月しか差がありません。要するに、3カ月に一度くらいの頻度が平均的です。

女性の場合、髪を切るだけでなく、トリートメントや髪を染めることが多く、男性と大差なく、美容室に通っています。

ですから、通う間隔が短いことで悩んでいる男性は、そこまで悩む必要はありません。

 

1カ月に1回来る人もいるので気にしなくていい

男性に限らず、女性であっても、美容室に通う頻度が多い人もいます。

それは前髪のカットをする人。目にかかるのを嫌がって、1カ月に1回より短い頻度で美容室に通う女性もいます。

男性でも、短く髪をきる人は、伸びたという感覚が敏感で、1カ月に1回美容室に通う人も少なくありません。

要するに、男性であろうと女性であろうと、美容室に通う頻度を気にする必要は、あまりないということです。

 

男性が美容室に行ったときの失敗しない頼み方

美容室でカラーをする男性
 
よく見る理容室の光景。それは、「いつもと同じで!」と頼む常連のお客様の姿です。

むしろ、なにもいわなくても、勝手にいつもと同じようにカットする理容師も多いでしょう。

でも、「美容室では、そんなことは通用しないのではないか……」と思っていませんか?

もちろん、常連になれば、すべてお任せの男性もたくさんいます。

しかし、常連になるまでは、しっかりと理想の髪型を伝えたほうが、美容師さんも安心できます。

ここで、美容師さんが理解しやすい、失敗しない頼み方を紹介するので、この方法を使ってみてくださいね。
 

全体の髪型が見える写真や画像で伝える

美容師さんの施術の方法は、髪全体をみて、頭の中で設計図のようなものを思い浮かべながら、髪型を作っていきます。

男性の髪型も同じで、美容師さんが想像しやすいように、髪型を注文すると、失敗は少なくなるんです。

その失敗を少なくする一番簡単な方法は、画像や写真を持っていくこと。

さらに髪型が、すべての方向から写っているものなら、理想通りの髪型にしてくれるでしょう。
 

美容師さんと相談しながら決める

  • 前髪の長さ
  • 耳が隠れるかどうか
  • 襟足はどうするか
  • フワフワにしたいかツンツンにしたいか

写真や画像がなくても、美容師さんと相談しながら、髪型を決めることは可能。

むしろ、男性なら、ほとんどの人はこの方法を使っています。

しかしこの方法の欠点は、うまく理想の髪型を、伝えられるかが問題……。

コミュニケーション能力に自信がない人は、ポイントをおさえて、話してみるといいでしょう。

だいたいの美容師さんは、男性に気になるポイントを、把握しています。それが、上記に書いている内容なんです。

とくに前髪は、おしゃれに見えるかどうかの、重要なポイント。

相談する前に、あらかじめ決めておきましょうね。

 

まとめ

男性も美容室に通っている人は、たくさんいます。

気にせずに美容室に電話すると、気軽に相談にのってくれますよ。

あらかじめ、理想の髪型を決めておいて、美容師さんに相談するのが、失敗しないコツ。

とくに長めの髪型なら、きれいに仕上げてくれるので、おすすめです。

とにかく、美容室に行こうかどうしようかと、悩んでいる男性は、美容室に直接電話で相談すると、間違いないので、ぜひやってみてください。

 

ライター紹介

PMS改善日記 編集部

PMS改善日記ロゴ160

「つまんないこと、バイバーイ。たのしいこと、ウェルカム!」
「PMS改善日記」は、PMSや生理痛をはじめとしたツラい悩みにお別れして、もっとステキで楽しい毎日を送りたいあなたを応援するwebマガジンです。

当編集部では、あなたの悩みの解決するお助けアイテムの紹介や、女子力を磨くライフスタイルの提案といった記事をまとめていきます!

Facebookページに「いいね!」の応援、よろしくお願いします!
https://www.facebook.com/pmsdiary/


 - ヘアケア