PMS改善日記

*

カットモデルになる方法と、スカウトの本音を美容師が大公開!

   

カットモデルに憧れる女性
 
美容師さんに、髪を切ってもらえるという、カットモデル。

カットモデルと聞くと、どうしても憧れてしまう女性も、少なくないでしょう。

では、その憧れのカットモデルになる方法は、あるのでしょうか?

ここでは、カットモデルについてのあれこれや、気になることをご紹介しますね。

これを知っておけば、あなたも、カットモデルになれるかもしれませんよ。

 

カットモデルとは?

美しい金髪の女性
 
モデルと聞くと、ファッションショーのようなイメージを持つ人が、いるかもしれません。

しかし、すべてのカットモデルが、ショーに出るために、カットをするわけではないんです。

カットモデルとは、おもに「カットが未熟な美容師さんの練習相手になる人」のこと。

これをカットモデルといいます。

もちろんショーに出るためのモデルにも、なれることがありますが、それはマレなこと。

そのほとんどが、練習相手として、お願いされることになるでしょう。

また、カットだけでなく、カラーやパーマの練習相手や、自分の作品としての写真撮影も、お願いされる可能性があるんですよ。

もしモデルとして、ショーに出てほしいといわれた場合は、まずはサロンモデルとして、美容室に呼ばれることになります。

 

サロンモデルとの違い

サロンモデルとは、カットモデルとは違い、サロンの専属モデルとして、ショーや髪型の撮影、セミナーのモデルとしてもお願いされます。

もちろん、名前のとおりサロンのモデルなので、ベテランの美容師さんが担当してくれることも、よくある話。

さらに、謝礼をもらえることもあるので、サロンモデルを目指す人は、かなりたくさんいます。

 

カットモデルになる方法

カットの練習相手として、髪を切ってくれるという、カットモデル。

しかし、誰でも、カットモデルになれるわけではありません。

というのは、見習い美容師であるアシスタントに、声をかけてもらうか、自分で応募をすることになるからです。

ここでは、カットモデルになる具体的な方法をご紹介するので、あなたもぜひ、挑戦してみてください。

 

美容師の知り合いから声がかかる

練習相手と聞くと、お願いする美容師さんからしても、気が引けてしまうという人も少なくありません。

紺のような理由から、カットモデルには、あまり顔を知らない人でなく、まずは知り合いに声をかけることもよくある話です。

つまり、カットモデルになりたい人は、美容師さんとたくさん知り合いになっていると、なれる確率が高くなるということ。

むしろ、この方法でカットモデルを探す人は、多いかもしれませんね。

しかし、意識が高い美容師さんの場合、たくさんの髪を触ることで、技術を高くしようとします。

その場合は、知り合いに頼るだけでなく、以下の方法で、カットモデルを探している可能性大です。

 

SNSなどのネット上で応募する

ここ最近、人と出会える場が、ネット上にもありますよね。

その出会いの場とは、SNS。例えば、Twitterやインスタグラム、Facebookが代表的なSNSです。

では、なぜこのSNSを活用しているのでしょうか?

それは、SNSには、拡散力があるからです。

というのも、ネットを使うことで、たくさんの人に告知ができ、さらにたくさんの髪を触ることができるからなんですね。

意識が高い美容師さんなら、たくさんのカットモデルに声をかけて、カットの経験をしつつ、自分のお客様になってもらおうとするというわけ。

ということは、カットモデルになろうと思っているなら、美容師さんのSNSをチェックして、意識が高いコメントがあるかチェック。

そのようなコメントが多い美容師さんと、仲良くすればいいわけです。

SNSは、簡単にそのようなことができるので、カットモデルへの道がひらけるかもしれませんよ。

 

道端でスカウトされる

都会の美容室なら、「カットモデルになりませんか?」と、スカウトや声かけされたという話をよく耳にします。

というのも、美容師さんからしたら、髪などを触って、チェックができるので、スカウトのほうが、都合がいいんですよね。

とはいうものの、なかには「美容師さんって、顔で選んでいるんでしょ?」と思う人もいるかもしれません。

たしかに、一部の美容師さんのなかには、顔の好みでスカウトしている人もいるかもしれませんが……。

でも、たいていの場合は、そうではないんですよ。

美容師さんは、基本的に、技術を磨くためにカットモデルをスカウトしているものです。

では、美容師さんは、どのようにカットモデルをスカウトしているかを、以下でご紹介しますね。

カットモデルになりたい人は、ぜひ参考にしてみてください。

 

美容師から見たカットモデルのスカウトされる基準

美容院でヘアセットしてもらう女性
 
とくに意識が高い美容師さんは、自分の技術を上げるため、「自分にとって、ちょうどいい髪型の人がいないか」という目で、カットモデルを見ています。

とはいうものの、カットモデルになりたい人は、このことを知っている人は、あまりいないでしょう。

ということは、逆に、今から紹介する方法を知っておけば、カットモデルとして、スカウトされやすくなるかも!

ここでは、美容師さんがどのような目でスカウトや声かけしているのか、その基準をお話ししますね。

 

練習する髪として向いている髪か?

技術の向上が美容師さんの目的。

美容師さんは、このようなことを思いながら、カットモデルを見ています。

要するに、スカウトをしている人は、「自分の条件に合った髪」を探しているというわけ。

ということは、スカウトされやすい髪というのは、「ロングヘア」の場合が多いんです。

長い髪というのは、スカウトしている人にとって、ありがたい髪型。なぜかというと、カットできるバリエーションが広いからです。

意識が高い美容師さんは、カットをたくさん練習したくて、スカウトをたくさんしているんですね。

しかし実際のところ、カットモデルは、なかなか見つけることができないのが実情。

ところが、髪型にもよりますが、髪が長いカットモデルをスカウトできると、1人でたくさんカットを練習することができるわけです。

要するに、カットモデルになりたければ、髪を伸ばす必要があるということですね。

 

自分の撮影用として向いている人か?

カットの練習として、カットモデルを、スカウトしていない場合もあります。それが撮影のためのスカウト。

もちろん、カットモデルとして施術をしてくれますが、自分の作品として、写真で撮ることがメイン。写真を残すために、カットモデルをスカウトしています。

この場合は、そのスカウトをしている美容師さんの好みや、施術がしやすい髪型かどうかを見て、スカウトをしていることになります。

カットだけでなく、カラーやパーマなどもしてくれるでしょうが、カットモデルとして、スカウトされるかどうかは、運しだいとなるでしょう。

 

コンテストの練習として向いている髪か?

美容師さんの技術を磨く場が、コンテストということもよくある話です。

そもそもコンテストとは、お題に合った髪型を作って、順位を競うこと。そのモデルを探していることもあります。

「コンテストのモデルということは、スタイルや顔がよくないとスカウトされない!?」と思ってしまう人がいるでしょう。

しかしながら、美容師さんはそのような人を、コンテスト用にスカウトすることは、あまりありません。

ではどのような人が、スカウトされるのか?それはカットモデルをやってみたいと、強く思っている人です。

というのも、カットモデルにお願いしたとしても、美容師さん自身、女性の髪型を自由に変えてしまうのを、どこか気が引けてしまいます。

しかしカットモデルをしたいと、強く思っている人なら、自由に髪型をイジっても、問題ありません。そんな自由に髪型を変えさせてもらえる人は、美容師さんは好みます。

また、美容師の仕事は、髪や顔をきれいに見せることが仕事。むしろコンテストというのは、いかにきれいに見せるかが重要なので、顔やスタイルは関係ないわけです。

 

カットモデルのメリットは?

ヘアカラーをしてもらうカットモデル
 
美容師さんの練習相手となると、営業とは違う側面が見られるカットモデル。

しかし、得られるメリットは、それ以上にあるといえます。

では、カットモデルになると、どのようなメリットが、あるのでしょうか?

ここでは、カットモデルのメリットなどを、具体的に紹介しますね。

 

無料でカットをしてくれる

カットモデルになれての1番のメリット。

それは、なんといっても美容師さんが、無料でカットをしてくれるところですよね。

美容師さんはカットの練習のために、お願いをして来てもらっているので、料金をもらうつもりはありません。

そのためカット料金は無料なのですが、その美容師さんに出ている、テーマの髪型に切っていきます。

ということは、自分の好きなようには切ってくれないことは、想像がつきますよね。

とはいうものの、美容師さんも冷たい人ばかりではありません。

せっかく来てもらっているのに、一方的に髪を切るわけにはいけないので、少しくらいのサービスは、期待してもいいでしょう。

 

運がよければカラーやパーマもしてくれる

カットモデルということは、カットの練習相手ということですが、その美容師さんの練習内容次第では、カラーやパーマのモデルを、募集しているかもしれません。

そのため、カット以外の施術も、練習の一環で、無料でしてくれる可能性もあります。

もちろん、練習なので、自分の好きなようにはできませんが。

そうはいっても、カットモデルをお願いしている以上、美容師の好きなようにばかりもできないので、そのあたりの状況を聞きながら、施術をしてくれることになります。

ということは、ある程度は融通がきくはず!

相談する内容によれば、自分の好きな髪型になるかもしれませんよ!

美容師さんは、要望に応えるのも、仕事のうちですからね。

 

カットがうまい人と出会えるかも

いくら練習だからといって、すべての美容師さんが、カットが下手という話ではありません。それはすべてイメージです。

もちろん、カットを覚えて間もない、美容師さんも中にはいますが、カットを極めたいと、うまい美容師さんが、カットモデルを募集していることがあります。

というよりも、カットモデルを募集している美容師さんは、基本的なことを、人形の練習台ですべて済ませてから、カットモデルにお願いをしています。

要するに、カットが下手な美容師さんは、むしろ少ないということ。

ということは、きれいにカットしてくれる可能性が、とても高いわけですね。

無料なうえに、きれいにカットをしてくれるなら、カットモデルをしたほうが、かなりお得。

一方で、そのようなうまい美容師さんと、出会えるのも、運次第ということになります。

カットモデルを募集している、美容師さんのことをよく見ることが、カットがうまい人と出会えるコツ。

つまり、あなたの洞察力が、試されるということかもしれませんね。

 

まとめ

鏡を見る女子
 
カットモデルは、モデルという名前から、華やかなイメージを、お持ちのかたがいるかもしれません。

しかし、カットモデルというのは、美容師さんの練習相手。まずは、これを忘れないようにしてくださいね。

カットモデルに、選ばれようとするなら、その美容師さんのことを、よく知ることが重要。

つまり、どのような練習を必要としていて、それに合ったどんな髪が必要なのかを、見極めることが大切です。

もちろんすぐには、見極めることはできませんし、半分は運試しになるかもしれませんが、そのあたりを頭に入れて、ぜひ応募してみましょう。

 

ライター紹介

PMS改善日記 編集部

PMS改善日記ロゴ160

「つまんないこと、バイバーイ。たのしいこと、ウェルカム!」
「PMS改善日記」は、PMSや生理痛をはじめとしたツラい悩みにお別れして、もっとステキで楽しい毎日を送りたいあなたを応援するwebマガジンです。

当編集部では、あなたの悩みの解決するお助けアイテムの紹介や、女子力を磨くライフスタイルの提案といった記事をまとめていきます!

Facebookページに「いいね!」の応援、よろしくお願いします!
https://www.facebook.com/pmsdiary/


 - ヘアケア