PMS改善日記

*

着物の髪型のおすすめは?美容院でヘアセットと着付けをお願いする方法

   

後方から見たアップの髪型の女性
 
着物を着るときは、どうしても自分で着ることはむずかしいので、美容室に行く必要があります。

しかし、「着物なんて着る機会も少ないし、どんな髪型がいいの?」「着付けのお願いする方法は、どうしたらいいの?」と思う人が、意外にたくさんいるんですよね。

そんな人のために、着物にあう髪型や、着付けをお願いする方法など、あなたの気になることを具体的に紹介しますね。

 

着物にあう髪型はアップ?ハーフアップ?

着物と編み込みの髪型の女性の画像
 
着物をきるときには、基本的に髪をアップにしてもらう必要があります。ところが、アップにするにしても、いろいろな髪型があるので、どれがいいか迷わないでしょうか?

じつは着物を着るときの髪型は、ある程度決まっているんです。

もちろんあえて、変わった髪型をしている人がいますが、あまり着る機会のない着物姿になるなら、似合う髪型にしたいですよね?

そこで基本的に着物にあう、髪型を紹介するので、参考にしてくださいね。

 

着物ならハーフアップでなくアップ!

よく片方だけ髪をおろすハーフアップにして、着物を着ている人がいますが、基本的にはNGです。

というのも着物というのは、柄を見せるため、または着物を汚さないためにも、すべての髪をあげるアップにしたほうが無難。

もちろんハーフアップにしている人は、あえて崩しておしゃれにしているため、おしゃれ上級者でしょう。

つまり、よくわからない人は、アップにしておきましょう。

ちなみにアップでも、おしゃれにすることもできるので、誤解しないでくださいね。

 

ドレスならハーフアップでも可!

「着物を着るときは、ハーフアップにしようと思っていたのに…。」なんて思っていた人も、いるかもしれません。

そもそもハーフアップというのは、アップを崩したもの。

一方で、着物はどちらかというと、カチッとした着方なので、崩したハーフアップとは、相性が悪いわけです。

というのも、ハーフアップが似合うのは、着物より露出が増える、ドレスと相性抜群。

しかしながら、ここ最近の流行や着物の柄などを見ていると、昔のようなデザインも少ないですよね?

つまり、デザインによったら、ハーフアップにすることができます。詳しくは着付けやヘアセットをお願いする美容室に、相談してみてくださいね。

 

着物におすすめの髪型の種類

着物の女性
 
先ほどは、アップにして着物を着ることを、おすすめしましたが、その中でもたくさんの種類の髪型があります。

どんな髪型にしようか…?と悩んでしまうのは、この種類が多すぎるからですよね?

ということで、着物にあう髪型や、流行っている髪型などを選んでみました。

もちろんアップにしていれば、基本的にはどんな着物でもあうので、自分の好きな髪型を、見つけてみてくださいね。

 

編み込みアレンジ

着物といいのは、意外に体が固定されて、体を自由に動かしにくい状態になります。

ということは、髪型が崩れてしまうと致命的。そこでおすすめなのは、編み込みアレンジです。

そもそも編み込みとは、三つ編みが変化したもの。つまり髪の毛を編んでいくことで、崩れにくくなるのが、大きな特徴になります。

一度編み込みを作ってしまえば、解こうとしないかぎり崩れないので、着物を着たときには、重宝する髪型です。

もちろん見た目をおしゃれにしやすく、どのようなジャンルにも合わせられるので、着物にあう髪型の基本になりつつあります。

編み込みを強調させたいのなら、裏編み込みを使うことで、編み込み部分を目立たせることができますし、細くも太くもできる応用力が高いのも、特徴のひとつ。

したがって、着物にあう髪型を探しているなら、まず編み込みを候補にいれることが、おすすめです。

 

ふんわりルーズにするのが主流

昔の着物を着る髪型というのは、ローションなどでキチッと固めるほど、キチッとした髪型が普通でした。

しかし今の着物を着た髪型というのは、なるべく自然に見えるために、セットした髪を指などで引っぱって、あえて崩したスタイルが多いんです。

例えば、先ほどの崩れにくい編み込みにしても、毛先が出てくるほど引っぱって、ボリュームを出すことで、フンワリとおしゃれになります。

さらにルーズさを出したいときは、「後れ毛」を使います。後れ毛とはアップにしたときに、長さが足りない、ちょっとした短い毛のこと。

本当はそれも無理やりにでも、スプレーで固めて、アップにした髪に隠していましたが、今では逆に、それを指で引っぱって若干ほどくことで、おしゃれに見せています。

もちろん後れ毛を出し過ぎてしまうと、ボサボサに見えて、野暮ったさが出てしまうので、バランスが大切。経験豊富な美容師さんにお願いしましょう。

 

最近のトレンドは波ウェーブ

ルーズに見せることが、主流になりつつある着物の髪型。その中でも今流行っているのが「波ウェーブ」という髪型です。

この波ウェーブとは、アップにする前にアイロンなどで、波たっているようなウェーブを作って、アップにしていく髪型。

もともとの髪がボコボコしているので、自然とルーズになり、簡単に今風の髪型になるわけです。

もちろん着物に合わせるだけでなく、ドレスでもおしゃれにできるので、編み込みと同様に主流になるかもしれない、おすすめの髪型になります。

 

かっこいい系に仕上げたいのならカッチリした髪型

今まで紹介してきたルーズな髪型は、ふんわり見えてかわいい系にしたい人には、おすすめの髪型です。

しかし着物を着たい人は、かわいくしたい人ばかりでは、ないですよね?

かっこよく着物を着こなしたい人は、髪型もかっこよくする必要があります。

そんなときこそ、後れ毛がないカッチリした髪型を選びましょう。

というのも、本来の着物というのは、格が高い人が着る服。キッチリして、かっこよく見せることが、ほとんどだったわけです。

つまり髪型もキッチリしていると、かっこよく見せることができます。

なるべく極端にフワフワさせない髪型か、編み込みなどでスッキリした部分と、ボリュームのある部分を作り、メリハリをつけると、奇抜でかっこよくなりますよ。

 

クルリンパもアレンジしやすい

テレビで紹介されたことで、有名になった「クルリンパ」。

というのも、ゴムひとつで簡単にヘアアレンジが、できてしまうから。

もちろん、着物に合う髪型としても使えるんです!

しかし、髪の間に通してクルリンパとしただけでは、髪が垂れ下がってしまいます。

自分でも簡単に、セットができてしまうのが売りの髪型ですが、着物に合わせるとなると、少し難しいので、美容師さんにお任せしたほうが無難です。

どちらかというと、ルーズに見せる髪型なので、かわいい系に見せたい人には、おすすめですね。

 

美容院でヘアセットや着付けをお願いする方法

振袖の豪華な帯の画像
 
着物を着るときはどうしても、美容師さんにお願いすることになるでしょう。

しかし普段は、髪のセットなんてお願いする機会が、あまりないですよね?「どうやったらいいんだろうと…」と思っている人のために、その方法を紹介します。

あまり難しいことはないので、安心してくださいね。

 

せめて1週間前までに電話で相談

着物を着る機会というのは、ある程度決まっていますよね?

例えば、結婚式やお葬式などの冠婚葬祭や、成人式などのイベントなど。

ということは、他のお客様と時間がかぶることが、よくあるんです!

つまり、着物を着ようと思っているなら、あらかじめ電話でもいいので、相談しておくとスムーズになります。

もちろんあなただけでなく、美容師さんからしても、スケジュールが組めるので、安心して着付けやヘアセットができて、ありがたいわけです。

予定の前日だと融通がきかないので、せめて1週間前くらいまでには、美容室に電話をしておきましょう。

 

着付けなら小物などをチェック

着物用のバッグの画像
 
美容室で着付けをしてもらう前に、さきに着付けに必要な、小物をチェックしておくと、慌てることがありません。

じつは着付けには、たくさんの小物が使われているんですよ。

そこで、ここでは、着付けに必要な小物を紹介しておくので、確認しておいてくださいね。

 

着付けに必要な小物
  • 肌襦袢や裾除け(ワンピースのように、セットになっているものもあり)
  • 長襦袢(着物と肌襦袢の、あいだに着る着物)
  • 腰ひも3本(市販のものだと、ピンクや白のものが多い)
  • 衿芯(長襦袢の衿の部分に入れて、きれいに見せる道具)
  • 伊達締め(腰ひもとは別に、体にくくりつける幅が広いひも)
  • コーリンベルト(衿を崩れさせないベルト)
  • 帯枕(帯を支えるために必要な道具)
  • 帯板(帯の形を整える道具)
  • 帯揚げ(着物を華やかに見せるのに必要)
  • 帯締め(帯を固定する上に、アクセントになる)
  • 草履とバッグ(忘れがちなので、必ずチェック)
  • 足袋(伸び縮みするタイプがおすすめ)
 

美容室によっては、先に着物を持ち込むとよい

ご紹介した小物を見たらわかるように、意外に多いですよね?

もし忘れ物をしてしまうと、自分で買い足しに行くのも大変です。

ということもあって、あらかじめ小物を、チェックしてくれる美容室も、なかにはあります。

もちろん自分で揃えるのが、不安ということであれば、電話で相談している段階で、先にチェックしてもらえるか、聞いてみましょう。

美容師さんからしても、着付けをしていて、小物が足りないのは、作業ができずに困りますよね。

つまり美容師さんからしても、ありがたいことなので、先に持っていくのがおすすめ。

電話をせずに持っていくと、迷惑になることもあるので、必ずあらかじめ電話で伝えておいてくださいね。

 

前日までに髪型を決めて美容室に報告

桜の木と着物の女性
 
ほとんどの人が着付けだけでなく、同じ美容室で、ヘアセットをお願いすることになるでしょう。

それなら、着物の小物を持っていくついでに、髪型も相談しておくと、当日がスムーズに終わりますよ。

その場で髪型を決めることもできますが、今ならスマホで、髪型を見ることができます。

小物を持っていく前に、先に髪型を決めておくと、忙しい美容師さんも、喜んでくれるでしょう。

 

予約時間よりも少し早めに行くとスムーズ

そして当日の話になりますが、予約している時間よりも、早く行くことがおすすめです。

というのも、美容室というのは、予定通りにコトが進むということは、ほとんどありません。

それは、お客様の髪の状態などをみて、施術を変えているからです。

もちろんヘアセットの場合は、髪型が変わることはないので、安心してくださいね。早めに到着すると、状況しだいでは、早めにヘアセットや着付けを、してくれることがあります。

それだけでなく、忘れ物があった場合も、対処がしやすいですよね。

でも、あまり早く行くのは、逆に美容師さんの迷惑になることもあるので、10分前くらいを目安に行きましょう。

 

ライター紹介

PMS改善日記 編集部

PMS改善日記ロゴ160

「つまんないこと、バイバーイ。たのしいこと、ウェルカム!」
「PMS改善日記」は、PMSや生理痛をはじめとしたツラい悩みにお別れして、もっとステキで楽しい毎日を送りたいあなたを応援するwebマガジンです。

当編集部では、あなたの悩みの解決するお助けアイテムの紹介や、女子力を磨くライフスタイルの提案といった記事をまとめていきます!

Facebookページに「いいね!」の応援、よろしくお願いします!
https://www.facebook.com/pmsdiary/


 - ヘアケア