PMS改善日記

*

しっとりシャンプーで髪を保湿!まとまりのある髪で乾燥対策

   


 
しっとりまとまる髪で、うらやましいな……。

テレビのCMを見て、そう思ったことはありませんか?

そんな人は、きっと、とくに髪のパサつきがひどくて、なかなかしっとりまとまる髪にならずに、悩んでいることでしょう。

しかし、しっとりまとまる髪の人は、昔からずっときれいな髪をしていたわけではありません。

しっかりパサつく対策ができていたから、今があるわけです。

では、しっとりまとまる髪の条件って?

ここでは、自分の髪がどんな状態なのかを知り、しっとりまとまる髪になる方法をまとめてみました。

 

しっとりした髪とまとまる髪とは?

しっとりした髪というのは、どういう状態かわかりますか?

しっとりした髪というのは、水分を多く含んだ潤いのある髪のことをいいます。

まとまる髪というのは、髪の毛のひとつひとつが束になって、バラバラになっていない髪のことをいいます。

それぞれ、別の意味で使いますが、しっとりした髪になれば、自然とまとまる髪に近づけられるので、覚えておきましょう。

 

ツヤがある髪はしっとりした髪に見える

ツヤのある髪とは、光にあたると反射する状態。

さらにきれいになると「天使の輪」を作れます。

髪がパサつくと、ツヤがでません。

ツヤがない髪は、手グシをしたら途中で引っかかってしまい、髪が傷んでいることも多くあります。

しっとりまとまる髪を目指すには、髪の傷みも気にしましょう。

 

毛束が整っている髪はしっとりまとまった髪に見える

毛束がまとまっている髪というのは、髪の毛のひとつひとつが、広がっていない状態です。

要するに、毛束がきれいにそろっている状態なので、髪をクシでといても引っかかりません。

しっとりまとまる髪を目指している人は、毛束をまとめることが難しく、悩みの種でもあります。

このような髪になるのは、毎日のケアができているかが重要です。

 

枝毛や広がる髪の毛を作らないようにしよう

しっとりまとまる髪にしたくても、どうしてもできない人は、枝毛や広がっている髪の毛があります。

髪が傷むと枝毛ができますが、この枝毛ができると修復させるのは、簡単ではありません。

枝毛を作ってしまうと、広がる髪の毛が増えていき、髪の毛も乾燥してしまいます。

しっとりまとまる髪を目指すなら、枝毛を作らないことが重要なポイントです。

 

髪がしっとりまとまらない原因4つ!


 
上記で、「枝毛を作らないことが重要!」と紹介しました。

でも、枝毛がなくなったとしても、髪は、しっとりとはまとまりません。

これには原因があり、意外に誰でもしてしまう失敗です。

髪をしっとりまとまるように見せようと、毎日していたことが、悪い原因になっています。

どのようなことをして、原因を作っていたのか、具体的に4つ紹介しましょう。

 

カラーリングのやりすぎはしっとりまとまらない

髪の色を落ち着かせようと、必死にカラーリングをしている人もいるでしょう。

でも、これが、大間違い!

ほどよい感覚でカラーリングをしている人は、問題ありません。

しかし、頻繁に、色が抜けたからと染めていると、髪の毛の潤いがなくなってしまいます。

カラーリングは、髪の毛の中までカラー剤が入っていくので、髪の色が抜けるのと一緒に、潤いの養分も流れ出ていくでしょう。

それが積み重なっていくと、枝毛ができてしっとりどころか、パサついた髪が多くなって悪循環です。

 

アイロンの使いすぎでしっとりまとまらない

今、若い女性を中心に、しっとりまとまった髪を作ろうと、ストレートアイロンがはやっています。

アイロンを使えば、一発で髪がまとまるので、楽ですよね?

髪の毛は、たんぱく質でできているのは知っていますか?

炒り卵を思い出してもらうと、わかりやすいでしょうが、炒めすぎるとチリチリになってしまいます。

髪の毛のたんぱく質も同じで、しっとりどころかパサつく原因に……。

どうしてもアイロンを使うときは、回数を減らすか、ヘアオイルを塗ってから使いましょう。

 

正しいヘアケアじゃないとしっとりまとまらない

しっとりまとまる髪をしている人は、正しいヘアケアができているから、きれいな髪のままです。

しかしそれができていないと、すぐにパサつく髪になってしまいます。

例えば、髪が長いことを理由に、お風呂上りに髪を乾かすのが面倒で、そのまま寝てしまう人はいませんか?

それがパサつく原因になっていますよ!

キューティクルという髪の毛のバリアが、こすれて、髪の毛の痛みになってしまいます。

面倒でも、髪をいたわることが、しっとりまとまる髪にします。

 

体調不良が続くとしっとりまとまらない

体調不良の人や病気を持っている人は、どうしても髪の毛まで栄養がまわってきません。

そのために、パサつきという症状になって、しっとりまとまらない原因になってしまいます。

これから紹介する対策もしっかりできているのに、しっとりまとまる髪にならない人は、病気の疑いがあるかもしれません。

自覚があるのなら、先に体調を整えてください。

 

シャンプー・トリートメント・コンディショナー。それぞれの役割とは?

しっとりまとまる髪にするには、必ずシャンプーやトリートメントが必要です。

しかし使い方を間違うと、逆効果になることもあります。

とくに、トリートメントとコンディショナーの違いが、わからない人も多くいるようですよ。

そこで、シャンプー・トリートメント・コンディショナーの役割の違いを、下記の表にまとめました!

違いをしっかり知って、正しい使い方で、しっとりまとまる髪になってくださいね。

種類 役割
シャンプー シャンプーの役割を勘違い人が多くいますが、シャンプーは頭皮の汚れを落とすためのものです。
フンワリさせたい人は別ですが、しっとりまとまる髪を目指すなら、髪の毛までシャンプーを付ける必要はありません。髪の毛の必要な脂分までとれてしまうので、パサつく原因になってしまいます。
スプレーやワックスなど整髪料をつけていないときは、髪の毛にシャンプーをつけないようにしましょう。
トリートメント トリートメントの役割も勘違いしている人も数多くしますが、髪の毛の中に潤いをいれながら、コーティングができるものが本当の役割です。
髪にいいものと勘違いをして、頭皮にまでトリートメントをつけている人がいますが、毛穴までコーディングされてしまい、これがよくありません!
また、しっとりまとまる髪を目指すなら、トリートメントを使うようにしましょう。髪の毛の中までトリートメントが入るので、ツヤがでてしっとりまとまる髪に近づけます。
コンディショナー コンディショナーとトリートメントとの違いがわからず、間違えてしまう人も多いでしょう。
コンディショナーは、車でいうワックスのような存在です。要するに髪の毛のコーティングをするのが役割で、トリートメントのように中まで潤いが入りません。
トリートメントと組み合わせて使うのもいいですが、匂いが混ざってしまうので、どちらかひとつだけ使いましょう。

 

髪をしっとり保湿できるシャンプーの成分や効果

髪をしっとりさせるには、シャンプーをうまく使うことがポイントです。

汚れをおとすものがシャンプーと紹介しましたが、しっとりするシャンプーを選べば、さらに潤いがでます。

保湿成分が入っているシャンプーを選ぶことがポイントなので、具体的にご紹介します。

 

シリコン「ジメチコン」などが入っているシャンプーはダメ

安いシャンプーを選べば、大体入っているシリコンの成分である「ジメチコン」。

確かに、コーディングしてくれる成分には、間違いありません。

しかし、頭皮までしっかりコーディングされる恐れがあるので、あまりおすすめできません。

シリコンにも種類があります。

すべて当てはまるわけではありませんが、シリコンを避けるのは無難でしょう。

 

植物性のオイル「ホホバオイル」などが入っているシャンプー

しっとりさせるシャンプーで、一番信用できるのは、植物性の成分が入っていることです。

その中でもよく見かける「ホホバオイル」の入ったシャンプー。

シャンプーによって、「ホホバ油」とも書かれているので、注意が必要です。

自然の油なので、頭皮についてもしっかりおちて、毛穴のつまりにはなりません。

 

アミノ酸系「ココイルグルタミン酸TEA」のシャンプー

シャンプーというのは、汚れを落とすためのものです。

ということは、洗浄成分も見ておかないといけません。

おすすめの洗浄成分が「ココイルグルタミン酸TEA」。

この成分をおすすめする理由は、洗浄成分なのに、髪の修復してくれる効果があるからです。

アミノ酸系シャンプーによく見られる成分なので、チェックしてみてください♪

 

「ラウリル硫酸Na」などが入っているシャンプーは注意

安い市販のシャンプーで、前のほうに書かれていることが多い成分が「ラウリル硫酸Na」です。

この成分は、先ほどと同じ洗浄成分ですが、名前のとおり硫酸が入っているので、洗浄力がすごく高くなってしまいます。

しっとりするどころか、パサつく原因になってしまうので、もしこれが入っているなら、避けるのが無難です。

 

しっとりするシャンプーのおすすめはこれ!

しっとりシャンプーの代表「うるおって(uruotte) 天然アミノ酸シャンプー」「きのねシャンプー」「haru 黒髪スカルプ・プロ シャンプー」「BOTANIST ボタニカルシャンプー モイスト」。

これらは、先ほど紹介した成分などが入っている、しっとりまとまるシャンプーです。

使えば使うほどしっとりまとまるように、徐々に髪質が変わっていくので、即効性は期待しないでくださいね。

即効性があるシャンプーは、たいていの場合シリコンが入っているので気をつけましょう。

ここでは、4つのシャンプーそれぞれの特徴や効果を比較してみました!

 

うるおって(uruotte) 天然アミノ酸シャンプー

このシャンプーの特徴は、アミノ酸系のシャンプーだからこその低刺激が、特徴になっています。

先ほど紹介した、「ココイルグルタミン酸TEA」がしっかり入っているので安心ですよ。

その上、「ホホバオイル」まで入っているので、しっとりまとまるように作られているようです。

しかし、ここまでしっとり作られているからこそ、脂症の人には向いていないので、選ばないでください。

本当にしっとりさせるためのシャンプーです。

育毛のための、オタネニンジンエキスも入っているようですが、しっとりさせる効果はありません。

あくまでシャンプーなので、あまり期待しないほうがいいでしょう。

 

きのねシャンプー

このシャンプーのコンセプトは、オーガニック。

そのため、ハーブなどの成分がたくさん含まれています。

もちろんアミノ酸系の洗浄成分である、「ココイルグルタミン酸TEA」が主体になっているようで、パサつくことはないでしょう。

「ふんわりタイプ」と「しっとりタイプ」の2種類あるようですが、しっとりタイプを選んでください。

自然由来の保湿成分がたくさん入っているので、かなりしっとりするのが特徴のシャンプーです。

ペッタンコになりたくない人には、おすすめしませんが、きれいにまとまるでしょう。

 

haru 黒髪スカルプ・プロ シャンプー

こちらのシャンプーも、アミノ酸系の成分である「ココイルグルタミン酸TEA」が入っているので、パサつく心配はありません。

しっとりまとまるように作られているようですが、スカルプシャンプーとして販売しています。

成分を見てもしっとりするものよりも、育毛成分のほうが多く書かれている印象です。

だから、さきほど紹介したシャンプーよりは、しっとりしません。

髪がペッタンコになりたくないけど、まとまる髪を求めている人に、おすすめのシャンプーです。

 

BOTANIST ボタニカルシャンプー モイスト

このシャンプーは、「ココイルグルタミン酸TEA」が入っていません。

しかし、それ以外のアミノ酸系の成分が入っているので、気にすることはありません。

特徴的なのが、炎症を沈めてくれる「グリチルリチン酸2K」が入っていることです。

しっとりもしたいけど、頭皮のことをいたわろうと思う人は、こちらのシャンプーを使うことをおすすめします。

頭皮のことをいたわるシャンプーなので、ほどほどしっとりします。

ペッタンコにならないけど、それなりにまとまる髪を求めて、頭皮のことを考える人には、こちらのシャンプーを使いましょう。

 

困った髪質の対策方法は?


 
硬くてまとまらないゴワゴワ髪タイプ。乾燥パサパサくせっ毛タイプ。

どちらも、お悩み髪質タイプの代表格です。

では、それそれの対策方法は、どうすればよいのでしょうか?

シャンプーやトリートメントも大切ですが、日ごろのヘアケアをしたほうが、はやく効果を出すにはおすすめです。

髪のタイプによって、ヘアケアの方法が違うのでそれぞれ具体的に紹介します。

毎日続けることで、しっとりしてくるので、忘れず続けましょう。

 

硬くてまとまらないゴワゴワ髪タイプの対策

髪が固い人は、髪が広がってしまうとなかなか元に戻すのは難しいと、よく耳にします。

必ずしてほしいことは、寝る前に対策をしてしまうことです。

対策として何をするかというと、寝る前に洗い落とさないトリートメントや、オイルをつけましょう。

そうすることで、浸透する時間が長くなってしっとりなります。

もしできることなら、ニット帽などをかぶって寝ると、さらに浸透するのでおすすめです。

しっかり乾かして対策をしないと、寝癖で逆効果になってしまうので、注意してください。

 

乾燥パサパサくせっ毛タイプの対策

パサつくクセ毛の人は、まず潤いが足りていません。

乾燥をなくすために同じくオイルをつけましょう。

くせ毛をまとめるために、先ほど紹介したストレートアイロンを、あえて使います。

アイロンの温度を低くすることがおすすめです。

必ずアイロンの前にオイルか、洗い流さないタイプのトリートメントを使いましょう。

適温のアイロンを使うことで、バリアであるキューティクルを開いて、オイルやトリートメントを浸透させるために使います。

これでしっとりする上に、くせ毛を簡単にまっすぐおさまります。

アイロンが苦手な人は、ドライヤーでも浸透させることができるので、おすすめです。

 

ライター紹介

PMS改善日記 編集部

PMS改善日記ロゴ160

「つまんないこと、バイバーイ。たのしいこと、ウェルカム!」
「PMS改善日記」は、PMSや生理痛をはじめとしたツラい悩みにお別れして、もっとステキで楽しい毎日を送りたいあなたを応援するwebマガジンです。

当編集部では、あなたの悩みの解決するお助けアイテムの紹介や、女子力を磨くライフスタイルの提案といった記事をまとめていきます!

Facebookページに「いいね!」の応援、よろしくお願いします!
https://www.facebook.com/pmsdiary/


 - ヘアケア