PMS改善日記

*

縮毛矯正で前髪を可愛くしたい!アイロンやコテで簡単アレンジのコツ

      2018/03/01


 
くせ毛で長年悩んでいる人は、1度は縮毛矯正をかけたことがありますよね?

とくに前髪は目につきやすいところ。失敗するわけにはいきません。

前髪を縮毛矯正で可愛くしてもらうには、どうすればいいのでしょうか?

ここでは、その方法やコツを詳しく紹介するので、覚えておいてくださいね。

 

縮毛矯正って何?

まっすぐな髪
 
縮毛矯正は、くせ毛の人のためのメニュー。

髪の毛は本来まっすぐなのに、まとまりにくい髪のことをくせ毛といいます。

これは、自分でなおそうとしても、うまくいきません。

そんなときに、縮毛矯正をかけるとまっすぐになって、可愛くする方法もありますよ。

 

縮毛矯正とストレートパーマはなにが違うの?

縮毛矯正とストレートパーマ
 
くせ毛をまっすぐにするメニューは、縮毛矯正のほかにストレートパーマがありますよね。

縮毛矯正とストレートパーマは、たしかに髪の毛をまっすぐにするメニューで、同じように見えるかもしれません。

しかし、美容師さんに聞いてもらえばわかりますが、中身は全然違います。

ストレートパーマは、薬の強さが弱く、アイロンなどの熱を必要としません。

それにひきかえ、縮毛矯正は、薬が強いうえに熱を使うことで、さらにまっすぐにできます。

髪の毛の傷み具合やクセの強さをみて、美容師さんは、ストレートパーマと縮毛矯正を、使いわけているというわけですね。

 

縮毛矯正はアイロンが必要?

ヘアアイロン
 
縮毛矯正をかけたことがある人は、わかるかもしれませんが、必ずといっていいほど、アイロンを使っていませんか?

あれには、理由があるんです。

熱を使えばキューティクルがひらくので、しっかり薬が浸透するうえに、まっすぐになるからです。

逆にいうと、熱がつたわればアイロンじゃなくても、まっすぐにできるんです。

ふんわりとまっすぐにしたいことを美容師さんに伝えたら、アイロンを使わない人もいるでしょう。

要するに、前髪の縮毛矯正であろうと、どのような髪型にしたいかが重要ということです。

 

縮毛矯正のメリット・デメリット

縮毛矯正のメリットとデメリット
 
くせ毛の人にとって縮毛矯正は、どんな悩みも解決できる救世主と思っていませんか?

しかし縮毛矯正でも、メリット・デメリットだってあります。

おしゃれに気を使っている人は、そのデメリットに気付いているかもしれません。

では、いったいどんなことが、デメリットなのでしょうか?

ここでは、縮毛矯正のメリット・デメリットをまとめました。

 

縮毛矯正のメリット

縮れた髪
 
縮毛矯正のメリットは、なんといっても、どんなくせ毛でも、まっすぐにできることでしょう。

だからこそ、くせ毛に悩んでいる人は、1度でもサラサラになりたいと思うので、縮毛矯正をかけます。

まっすぐにする力が強いので、髪の毛が太い剛毛であっても、まっすぐにするのは可能なわけです。

 

縮毛矯正のデメリット

たしかに、どんな髪もまっすぐにするのが、縮毛矯正のメリットです。

でも、髪の毛がのびてくると、どうしても境目が目立ってしまうのが、大きなデメリット。

時間がたてば、もう一度かけなおしに行かないと、気がすまない人も多いでしょう。

縮毛矯正のデメリットは、まだあります。

縮毛矯正をかけてもらったら、ペッタンコになった経験もありませんか?

失敗してしまうと、変な形のまま仕上がってしまいます。

それくらい強いかかり具合なので、調整が難しいことも欠点。

ペッタンコになりたくないなら、しっかり美容師さんに相談しましょうね。

縮毛矯正は、熱さえあればしっかりかかるので、対策方法ならたくさんありますよ。

 

縮毛矯正を前髪にかけるときのコツ!


 
見た目の印象を大きく変えることができる前髪。

その前髪がくせ毛なら、やっぱり気になりますよね?

そんなときこそ、縮毛矯正がちょうどいいかもしれません。

なぜ縮毛矯正がちょうどいいのか?

それは、髪には、熱を使えばまっすぐになる性質があって、前髪のかかり具合を調整するのに、ちょうどいいからです。

縮毛矯正を前髪にかけるコツを知っていれば、担当する美容師さんにも、うまく伝えられますよ。

 

あらかじめ髪型を決めておく

なりたい髪型の写真
 
前髪だけ縮毛矯正をするなら備することもないだろう…。

そう思う人が多いかもしれませんが、しっかりヘアカタログなど、なりたい髪型の写真を準備しておきましょう。

それはなぜか?ツンツンになるまっすぐなのか、自然なまっすぐなのか…。これだけでも大きく違いますよね?

これを防ぐ意味でも前髪だけであろうと、写真を持っていくことは大切です。

 

縮毛矯正の得意な美容師さんを探しておく

上手な美容師
 
先ほど紹介したように、縮毛矯正は強い薬剤を使うだけあって、調整が難しいメニューです。

美容師さんだって得意、不得意があるので、縮毛矯正はとくに失敗する可能性だってあります。

縮毛矯正が得意な美容師さんなら、その失敗する確率が少ないので、あらかじめ調べておくことも重要です。

 

ストレートパーマも視野に

弱いストレートパーマ
 
髪をまっすぐにするメニューは、縮毛矯正だけではありません。

縮毛矯正よりも弱いストレートパーマなら、ツンツンにならずに、フンワリする前髪にできるかもしれません。

くせ毛の度合いによって、縮毛矯正にしなくてもいい場合もあるので、それも考えたうえで、予約をしましょうね。

 

縮毛矯正の前にしっかり相談しておく

美容院の店内
 
前髪だけなら、勝手に美容師さんが、キレイにかけてくれるだろう……。

そう思って、適当にカウンセリングを受けていませんか?

美容師さんだって人間。

前髪をどんなふうにしたいかわかるのにも、限度がありますよね。

自分の思う通り、前髪に縮毛矯正をかけるなら、しっかり相談することもコツですよ。

 

縮毛矯正で前髪がぺったんこ!失敗した時の対処法

カットモデルに憧れる女性
 
縮毛矯正は、しっかりとまっすぐになる強い薬を使います。

それが原因で、美容師さんも調整するのが難しいようで、失敗することもしばしば……。

もし、ペッタンコになってしまったときは、対処する方法もあるので、ショックを受けないでくださいね。

 

美容師さんに直してもらうのがベスト

美容院で失敗した女性
 
今の時代、縮毛矯正だって自分でできるように、市販で薬が売られていることがあります。

失敗されたからといって、その市販の縮毛矯正の薬を使うのは、やめておきましょう。

プロの美容師さんでさえ失敗しているわけです。

それを考えれば自分ですると、どうなるかわかりませんか?

市販で販売されているのは、誰でもまっすぐになるように、作られた薬が入っています。

まっすぐにするのが目的だからです。

まずは、これを頭に入れてくださいね。

失敗した髪にさらにその強い薬を使うと、髪がさらにペッタンコになるうえに、ボロボロに痛む可能性が高くなります。

かけなおすときは、絶対に美容師さんに相談してくださいね。

 

毛先にアイロンなどでカールを作る

美容師さんに相談するのはちょっと……。

そう思う人もいるかもしれませんね。

そんな人は、アイロンやコテ、ホットカーラーなど熱の力で髪をまっすぐにして、毎日セットしましょう。

ペッタンコに見えるのは、ほとんどが、根元から縮毛矯正をかけていることが原因。

それを、セットでごまかすことも可能です。

 

とにかく根本がのびるのを待つ

顔をを鏡で見る女性
 
ペッタンコの原因である、根本の縮毛矯正をかけたところから髪がのびてくると、ペッタンコが解消されます。

時間がたてば、自然に戻っていくので、焦る必要はありません。

出かける予定があるなら、セットでごまかして、髪の毛がのびてくるのを待つのが、1番の対処法になります。

 

縮毛矯正で前髪を流す・カールするのは可能?アレンジ方法

縮毛矯正に失敗
 
縮毛矯正を前髪にかけると、ツンツンだからどうすることもできない……。

そんなふうになげくのは、まだ早いですよ!

縮毛矯正をかけたからといって、対策をたてることができないわけではありません。

前髪を流したりカールをつけたりしても、お風呂に入ればもとに戻るので、安心してアレンジしてくださいね。

おすすめのアレンジの方法を紹介します。

 

幅の狭いアイロンを使って前髪を流す

せっかく前髪に縮毛矯正をかけたのなら、それをいかして、前髪を流すのがいかがでしょうか?

気軽に前髪を流すなら「幅が狭いストレートアイロン」を使うのがおすすめ。

根本や中間は、せっかく縮毛矯正できれいになっているので、毛先だけ、ストレートアイロンを内側にまいてください。

ストレートアイロンで前髪を挟んだまま、手首をまっすぐひねると、きれいに内巻きになります。

すると、毛先だけ前髪に動きがでるので、きれいに流せますよ。

 

ホットカーラーでふんわりカールを作る


 
もし縮毛矯正が失敗して、ペッタンコになってしまったときは、ホットカーラーがおすすめです。

ふんわりするのは、根元が立ち上がっている状態のこと。

それを作るには、大きめのホットカーラーを使ってみましょう。

小さいホットカーラーだと、クリクリになって、きれいにセットできません。

前髪でホットカーラーを巻いてみて、ひと巻きできるくらいの大きさがベストです。

ホットカーラーを熱くして、その状態で、根元の上くらいにホットカーラーがくるようにひと巻き。

冷めたら形がつくので、その前にホットカーラーを外して、形を作ってみましょう。

 

面倒ならコテを使ってアレンジ

ホットカーラーを持っていない人は、カールが作れるコテを使ってみるのもいいですね。

しかし、コテはすぐに形がついてしまうので、慣れるまで初心者の人は、苦戦するかもしれません。

使い方は、ホットカーラーと同じ。

根元にむかって巻くと、ふんわりカールが出ますよ。

毛先だけ巻くと、前髪を流せますが、調整が難しいので、最初のうちは、ストレートアイロンがおすすめです。

 

縮毛矯正のおすすめお手入れ方法

縮毛矯正のお手入れ方法
 
縮毛矯正をかけた直後は、きれいにサラサラになっているので、満足している人が多いでしょう。

しかし油断しないでください!

それは、髪がまっすぐになっただけで、きれいになったわけではありません。

お手入れができていないと、いつも以上にパサついて、状態が悪くなってしまいます。

今から紹介する方法を、すぐにでも実践してくださいね。

 

縮毛矯正のあとは24時間シャンプーをしない

縮毛矯正をかけて、家に帰って自分の髪の毛を匂ってみてください。

いつもと違う匂いがしませんか?

それは、縮毛矯正の薬の匂いで、すべて浸透しきっていないわけです。

浸透させようとしているのは、縮毛矯正のもちをよくさせる薬。

もしも、縮毛矯正をかけたあと、すぐにシャンプーをしてしまうと、その薬が流れてしまいます。

それを防ぐ意味でも、大体24時間は、シャンプーを控えましょう。

 

シャンプーするときはアミノ酸シャンプーがおすすめ

アミノ酸シャンプー
 
縮毛矯正は、熱で無理やりキューティクルをひらいて、髪をまっすぐにしています。

そのあとに、洗浄力の強い市販のシャンプーを使っていると、どうしても髪の毛に傷みが出てしまい、パサついてくるかもしれません。

それが気になるなら、洗浄力の弱いアミノ酸シャンプーを使いましょう。

髪の毛は弱酸性でできています。

髪の毛にもやさしいので、縮毛矯正のあとにはピッタリです。

 

しっかりトリートメントをしよう

傷みがでてしまいやすい、縮毛矯正のあとの髪。

それを防ぐ意味でも、トリートメントをして、うるおいを与えるのは大切です。

髪の傷みだけでなく、縮毛矯正を長持ちさせることもできます。

前髪といえども、髪がパサついてしまえば、ひろがってしまい、きれいにまとまりにくくなってしまいますよ。

 

前髪を乾かすことがすごく重要

キューティクルをいたわることが、すごく重要な縮毛矯正のお手入れ。

これを忘れずにすれば、髪を乾かす重要性は、わかりますよね?

髪の毛がぬれているときは、キューティクルがひらいている状態です。

ひらいたまま放置していると、その中に汚れなどが入ってしまううえに、キューティクルがはがれおちてしいます。

そのせいで、パサついてしまって、縮毛矯正をかけた意味がなくなってしまいますよ。

 

しっかり保湿をすると長持ちする

髪の毛はたんぱく質でできています。

縮毛矯正は、熱を使うメニューなのを覚えていますか?

たんぱく質に熱をくわえると、炒り卵のように、パサパサになってしまうかもしれません。

そのままにしておくと、先ほどと同じように、キューティクルがはがれる原因になります。

トリートメントなどでしっかりと保湿をすることで、パサつきを防いで、長持ちさせましょう。

 

3日は髪を結ばないように注意する

縮毛矯正は、浸透させやすいように、薬を髪の毛に残していることは、先ほど紹介しました。

髪の毛に、形をつけやすい薬がしばらく残っているので、3日間は髪の毛を結ばないようにしてくださいね。

結んでしまうとその形がついて、まっすぐした髪の毛がゆがんでしまいますよ。

 
いかがでしたか?

せっかく、縮毛矯正をかけたなら、良い状態をキープして、可愛いヘアスタイルになりましょうね!

 

ライター紹介

PMS改善日記 編集部

PMS改善日記ロゴ160

「つまんないこと、バイバーイ。たのしいこと、ウェルカム!」
「PMS改善日記」は、PMSや生理痛をはじめとしたツラい悩みにお別れして、もっとステキで楽しい毎日を送りたいあなたを応援するwebマガジンです。

当編集部では、あなたの悩みの解決するお助けアイテムの紹介や、女子力を磨くライフスタイルの提案といった記事をまとめていきます!

Facebookページに「いいね!」の応援、よろしくお願いします!
https://www.facebook.com/pmsdiary/


 - ヘアケア