PMS改善日記

*

水パーマでゆるふわに!おしゃれでキレイに長もちさせるお手入れのコツ

      2018/05/30

パーマの女性

 

水パーマというパーマをご存じでしょうか?

水でパーマなんてかかるの? と思うかもしれませんが、もちろん水だけでパーマをかけているわけではありません。

ですが、

  • おしゃれに
  • きれいに

かけることができる、今人気のパーマなんです!

「水パーマってどんなパーマなのか、気になる!!」 という人のために、今回は水パーマについてご紹介していきます。

 

水パーマとは

パーマをかける女性

 

髪が傷むことをあまりしたくない……。

自然な髪が流行っている今の時代、パーマを嫌っている人が多いのも事実です。

しかし、水パーマというのは、パーマをあてる仕組みをうまく使って、髪のダメージを少なくしつつ、今風の自然な髪型にできる方法。

 

洋服にかけるスチーマー、ありますよね?

水パーマは、それに似た専用のスチーマーを使い、髪に水蒸気を与えながらかけるパーマです。

 

スチーマー

※イメージ(画像は洋服にかけるスチーマーです)

 

通常、パーマをかけるときは、2回パーマ剤を使うのが常識。

1回目で浸透しやすくして、2回目で形をしっかりつけます。

水パーマは、その1回目の薬剤の代わりに、水(スチーム)を使うパーマです。

 

水パーマの効果とは?

普通のパーマではなく、水パーマにすることで、どんな効果があるのでしょうか?

専用のスチーマーで蒸気をかけることで、パーマがしっかりかかり、ちょうどいいおしゃれな髪型になっちゃうんです!

1回分パーマ剤を使っていないので、髪のダメージが少なくて、手触りも抜群です。

しかしこれには、ある重大な欠点があるのですが……それは後ほどご紹介しますね。

 

水パーマのメリット・デメリット

水パーマは先ほど紹介したように、傷みが少なくあてられる魅力的なパーマです。

メリットがたくさんある水パーマですが、もちろんデメリットも存在しています。

どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

 

水パーマのメリット

1:髪の傷みが少ない

縮れた髪

 

水パーマの方法としては、先ほど紹介したように、パーマ剤を使う量をおさえるために、水(水蒸気)を使います。

ということは、髪を傷めることが少ないということ。

普通のパーマをあてた人は、特に、手触りの違いに気付くでしょう。

パーマをあてた直後に、手触りが違うということは、髪の傷みがおさえられているということです。

髪の傷みを気にしている人には、水パーマは相性がいいでしょう。

 

2:ゆるめのパーマでおしゃれに!

ゆるめのパーマの女性

 

一昔前は、ソバージュといって、ロングヘアなのに、チリチリに近いパーマをあてるのが流行っていました。

しかし、今の流行りは真逆で、なるべく自然な髪型を好む人が多くなっています。

ということは、パーマをかけているのか、それともクセ毛なのか? というくらいのパーマがおしゃれということなんです。

水パーマは傷みが少ない分、くせ毛風なパーマが得意!

とくにロングヘアの人は、それがうまく出せるのでおすすめですよ。

もちろんパーマのかけ方によっては、強くあてることも可能ですが、傷みが気になるので、おすすめはできません。

 

水パーマのデメリット

デメリット

1:パーマがとれやすい

水パーマは水を使ってパーマをかけるので、直毛の人ほど維持するのが難しいのがデメリットです。

パーマが長続きする違いは、1回目のパーマ剤の強さによって変わります。

しかし水パーマはその大切なタイミングで、薬ではなく水を使うので、とれやすいのは当たり前と思っていいでしょう。

しかしその分、傷みが少なくなるわけですから、どっちがいいかはご自身の好みですね。

迷うという方は、担当の美容師さんに相談してみてくださいね。

 

2:強くパーマをあてられない

1回目のパーマ剤の強さで、あたり具合の違いが出るのは、美容師さんなら誰でも知っている常識。

しかし水パーマは、あえて水で傷みを少なくして、パーマをあてているわけですから、パーマの強さなんて加減ができません。

もちろんお客様の注文なら、強くあてることはできますが、そのときは水に薬を混ぜて、パーマをかけることになるでしょう。

想像してみると分かりますが、そんなパーマは、結局傷みが出てしまいますよね。

水パーマをするときは、強くあたると思わずに「パーマがあたっているかな?」くらいの心構えで、美容師さんにお願いしましょう。

 

水パーマとそれ以外のパーマ。それぞれの特徴と違い

パーマのロッド

 

水パーマは、他のパーマと違って、傷みの原因であるパーマ剤を、なるべく使わないのが特徴です。

それだけでも違いが出ていますが、水パーマにしようか迷っている人は、他のパーマとの違いを比較したいですよね?

ここでは、水パーマとそれ以外のパーマの特徴などを比較してみました。

 

水パーマ以外のパーマの特徴

水パーマ以外の今までどおりのパーマは、とにかくどんな髪にでも、パーマが間違いなくあたるように作られています。

要するに、ふつうのパーマでは、水パーマと比べて、かなり強いパーマ剤の薬が使われているのです。

逆にいうと、直毛の人であろうと、剛毛の人であろうと、きれいにパーマがあてられます。

もちろん、先ほどから紹介しているように、ふつうのパーマは、パーマ剤2回を使うので、髪の傷みが出やすくなるでしょう。

 

水パーマの特徴

それにひきかえ、水パーマは、1回目のパーマ剤を使わずに、なるべく水を使うように作られています。

ということは、髪の傷みがおさえられるのが、水パーマの大きな特徴。

しかし、水パーマでは、

  • かけられる人が限られること
  • 美容師さんの技術の差が大きく出てしまうこと

などが、悪い意味での特徴なのです。

水パーマをするときは、必ず施術をする前に、美容師さんに相談するようにしましょう。

 

水パーマが向いているのはどんな人?

どんな髪質がいい?

 

水パーマは、本来と違う方法でパーマをあてるのが特徴的です。

特徴的なパーマということは、もちろん、水パーマが向いていない人もいるということなので、その点には注意しましょう。

ここでは、水パーマにはどのような人が向いているか、まとめてみました。

 

髪が細くて柔らかい人

パーマをかけた女性

 

あなたは、自分の髪質を確認したことはありますか?

もし自分ではわからない……という人は、美容師さんにきいてみるといいでしょう。

 

髪の毛が細くて柔らかい人は、水パーマに向いている人です。

髪は細い人はバリアが少ないので、パーマのダメージを受けやすい特徴があります。

しかし水パーマは、傷みを少なくあてられるので、気にすることはありません!

むしろ髪が細いと、パーマ剤や水が浸透しやすいので、きれいに水パーマをあてられて、満足のいく髪型になるでしょう。

 

髪のダメージが少ない人

水パーマの特長は、髪の傷みを、おさえられるところでしたよね?

すでに髪がボロボロの人が、それでも、なんとかパーマをしたい場合は、傷みが少ない水パーマを選びたいと思うでしょう。

むしろ、そんなケースの人の方が多いかもしれません。

水パーマは、そのような人でもあてられるのは間違いありませんが、いくつかの注意が必要です。

 

髪の傷み

 

水パーマをあてる前に、すでに髪がボロボロだと、むしろ、すぐに水パーマがとれてしまう可能性が高くなります。

その理由は、ボロボロの髪だと、キューティクルというバリアがはがれているので、形をつけるパーマ剤が、流れ出てしまうことになるからです。

 

しかも、傷みが少ないのが特徴の水パーマですから、パーマ剤も弱いものを使用しています。

水パーマは、なるべく髪の傷みが少ない人のほうが、もちがよくて、きれいにあたります。

ですから、水パーマをあてる前に、しっかりヘアケアをしている人のほうが、水パーマには向いているといえます。

 

パーマが好きでない人

パーマをあてると、どうしても、おばちゃん感が出てしまう人はいませんか?

それはおそらく、思った以上にパーマが強くあたっているせいかもしれません。

そんな人こそ、水パーマがおすすめです。

水パーマは、弱くパーマがあたるように作られているので、強くかかりすぎるのを防いでくれます。

そもそもパーマが好きでないという人でも、傷みが少ないのでおすすめです。

 

パーマの傷みを気にする人

本来のパーマは無理やりパーマ剤を使って、浸透をよくさせているので、傷みが出るのは当たり前。

それが気になって、パーマを敬遠していた人は、水パーマがおすすめです。

水パーマは、パーマ剤をなるべく使わないように作られているもの。

だから、水パーマをかけても傷みが少なく、手触りも、あてる前と同じと思っていいでしょう。

 

水パーマで失敗しないための3つのポイント!

パーマをかけた女性

 

水パーマは、独特なパーマなだけに、失敗しやすいといわれています。

よくある失敗が、あてたばかりなのに、パーマが出ていないという失敗。

これ以外にも、水パーマの失敗を防ぐために、今からご紹介する方法を試してみてください。

 

美容師さんにヘアカタログを使ってしっかり相談する

美容師さんとヘアカタログを見て相談する女性

  • 自分がどれくらいパーマをあてたいのか?
  • 水パーマでそれが可能なのか?
  • 予算について
  • どのくらい長持ちするのか?

など気になることは、事前に美容師さんに聞いておきましょう。

水パーマは、必ず担当の美容師さんにあててもらいますよね?

水パーマをあてる前に、これらを聞いておくことで、失敗を防ぐことができます。

美容師さんが、希望の髪型をイメージしやすいように、ヘアカタログやスマホの画像などを持っていくと、失敗を防げるでしょう。

 

あわせて読みたい関連記事

 

しっかりセットの方法をきいておく

当たりが弱い水パーマですから、担当の美容師さんに、セットの方法を、しっかりきいておくことも重要です。

パーマというのは、セットをすること前提であてるもの。

それを頭に入れておいてください。

セットをしていると、パーマのあて忘れも防げるので、セットの方法をきいて実際にやってみましょう。

 

水パーマの後にしっかりヘアケアをする

水パーマをあてたあとで失敗する大きな原因は、なんでしょうか?

それは、ヘアケアの方法を間違っていることです。

パーマというのは、あててすぐのときは、髪の毛にパーマ剤が残っています。

それがすぐ抜けてしまうと、パーマのもちが悪くなることを覚えておいてください。

水パーマも、ヘアケアの方法が間違っていると、すぐにパーマ剤が抜け出てしまいます。

 

水パーマのお手入れ方法

お風呂とアヒル

 

水パーマのもちをよくするためには、ヘアケアをしているかどうかが、すごく重要です。

水パーマに限らず、髪の毛をきれいにする方法でもあるので、実践できていると、きれいな髪を維持できますよ。

誰でもできる内容を考えたので、水パーマをあてた時は、とくに気をつけてやってみてくださいね。

 

シャンプーは刺激の少ないものを選ぶ

お手入れをする前に、準備をするものがあります。

それが、ヘアケアでは必ず使う「シャンプー」のことです。

シャンプーを選ぼうとすると、たくさんの種類があって、悩んでしまいますよね。

誰でも一度は、シャンプー選びに苦労したことがあると思います。

 

水パーマのときは、刺激の少ないシャンプーを選びましょう。

水パーマは刺激が少ない分、最初はとくに、パーマがとれやすくなっています。

それを防ぐために、刺激の弱いシャンプーがいいわけです。

とくにおすすめが「アミノ酸シャンプー」。

薄毛に悩んでいる人が使っても大丈夫なほど、刺激が少なく作られているので、水パーマにもいいですよ。

 

あわせて読みたい関連記事

 

保湿できるトリートメントを使おう

ヘアケア用品で間違いが多いトリートメント。

何を間違うのかというと、「トリートメントとコンディショナーやリンスの違いがわからない」ということ。

水パーマをしたときは、保湿の力の高いトリートメントを選ぶようにして下さいね。

コンディショナーやリンスは、髪の毛のバリアをする膜がつくだけで、髪の毛の中まで保湿をしてくれません。注意して選びましょう。

 

お風呂のあとはタオルでしっかり水気をふきとる

タオル

 

ヘアケアの方法は、トリートメントやシャンプー以外にも、たくさんできることがあります。

まず、お風呂で先ほどのシャンプーとトリートメントを使ってください。

その後がすごく重要です。

お風呂からあがったら、誰もがタオルを使って、髪の水気を拭きとりますよね。

でも、その拭き取り方にも注意してください。

ゴシゴシ強く押し付けて拭きとるのではなく、やさしく包み込むように、髪の毛を拭いてあげましょう。

 

キューティクルに気をつけよう

水にぬれている髪は、バリアであるキューティクルが開いた状態。

この状態でゴシゴシ洗ってしまうと、キューティクルがはがれ落ちてしまい、水パーマのもちが悪くなってしまいます。

タオルに限らず、ぬれた髪を扱うときは、気をつけましょうね。

 

ドライヤーで正しく乾かす

ドライヤー

 

タオルで水気を拭きとったあとには、ドライヤーを使います。

このときも、水パーマの状態をよくするために、ドライヤーの使い方を、普段と変えてください。

 

ドライヤーを使うときは、まず髪の毛の根本から乾かすように心がけましょう。

根元を乾かすコツは、指を軽くたてて、髪の毛を浮かすように乾かすと、簡単に乾かせますよ。

 

水パーマのNGな乾かし方とは……?

水パーマをあてていて、一番してはいけない乾かし方が、毛先を引っぱること。

引っぱって乾かすと、せっかくあてた水パーマがのびて、そのまま形がついてしまう可能性が高くなってしまいます。

 

毛先を乾かすときの正しい方法は、毛先を手のひらで持ち上げて、そこにドライヤーの風をあてること。

寝る前に髪を乾かすことも重要ですよ。

面倒なときでも、必ずドライヤーを使ってくださいね。

 

あわせて読みたい関連記事

 

アウトバス用のトリートメントやオイルでしっかりヘアケア

ハホニコ16油シャイニー

 

水パーマをきれいな状態で保つには、洗い流さないタイプである「アウトバスのトリートメント」を髪に使いましょう。

髪の毛を乾かす前につけると、キューティクルが開いているので、さらに中まで浸透して、効果抜群です。

その上、ドライヤーの熱で、髪の毛の中まで吸収されて、保湿力が増します。

香りは、自分の好みを選んでいいので、水パーマをあてる前に、きちんと準備しておくのもいいかもしれませんね。

 

こちらの記事でご紹介している「ハホニコトリートメント」もおすすめですので、ぜひチェックしてみてください!

あわせて読みたい関連記事

 

ライター紹介

PMS改善日記 編集部

PMS改善日記ロゴ160

「つまんないこと、バイバーイ。たのしいこと、ウェルカム!」
「PMS改善日記」は、PMSや生理痛をはじめとしたツラい悩みにお別れして、もっとステキで楽しい毎日を送りたいあなたを応援するwebマガジンです。

当編集部では、あなたの悩みの解決するお助けアイテムの紹介や、女子力を磨くライフスタイルの提案といった記事をまとめていきます!

Facebookページに「いいね!」の応援、よろしくお願いします!
https://www.facebook.com/pmsdiary/


 - ヘアケア