PMS改善日記

*

ふくらはぎパンパン…。マッサージ、サプリで、むくみスッキリ!

   

ツライ足のむくみ

 

「仕事終わりにはいつも、ふくらはぎがパンパンになる……。」

立ち仕事やデスクワークのように、座りっぱなし、立ちっぱなしなど、いつも同じ姿勢でいる方は特に、こんなお悩みを持っているのではないでしょうか?

ふくらはぎがパンパンになるのは、主にむくみが原因です。

 

食生活や運動不足などの様々な理由が原因で、むくみやすい体質になります。

「忙しい毎日で、運動をしたり食生活に気を遣ったりする余裕がない……。」

そんな方向けの、むくみ解消法があります。

ここでは、そんなツライふくらはぎのパンパンを解消、防止する方法をまとめました。

 

ふくらはぎがパンパンになる理由

成人の体の約6割は水分

 

そもそも、むくみとは、一体どうして起こるのかご存知ですか?

私たちの体の約6割は水分が占めています。

 

この水分がうまく体内を循環できずに滞ったり、余分に溜め込んだりしている状態が、むくみです。

重力の影響によって下半身ほど水分が溜まりやすい傾向があります。

とくに、ふくらはぎは血液を送り出している心臓から遠いため、もっともむくみやすいパーツと言われているので、パンパンになりやすいんですね。

 

ふくらはぎにはポンプの役目がある

下半身に溜まった水分を心臓に送り返すためのポンプの役目を担っているのが、ふくらはぎの筋肉です。

ふくらはぎの筋肉は、伸び縮みすることでポンプとしての機能を果たしますが、この機能が弱まると、足に水分が溜まってむくみを引き起こします。

 

つまり、筋肉量が少ない人はむくみやすい体質でもあるのです。

むくみの悩みが女性に多いのは、男性よりも筋肉量が少ないためポンプ機能も弱く、下半身に水分が溜まりやすいためと考えられます。

 

ふくらはぎがパンパンなのは、生活習慣が原因?

ハイヒールの女性

 

ふくらはぎのむくみを引き起こす原因のひとつとして、生活習慣によるものが挙げられます。

「いつもふくらはぎがパンパンに張って辛い」という人は、以下の項目に思い当たる習慣がないか、チェックしてみましょう。

  • 同じ姿勢を長時間続けている
  • 運動不足による筋力の衰え
  • 塩分の摂り過ぎ
  • ビタミンやミネラルの不足
  • アルコールの摂り過ぎ
  • エアコンの効いた部屋で長時間過ごす

いかがでしょうか?

このような習慣を続けていると、知らず知らずのうちに、むくみを招いてしまっているのです。

毎日のちょっとした生活習慣を見直すだけでも、むくみの改善につながり、パンパンになるふくらはぎを解消できるかもしれません。

 

 

職場環境が、ふくらはぎのパンパンを引き起こす?

デスクワーク

 

デスクワークや立ち仕事など、仕事中ずっと同じ体勢で過ごしている人は多いのではないでしょうか?

また、会社の中は冷房が効きすぎているなど、女性にとっては体温調整が難しい職場も少なくないかもしれません。

長時間に渡って姿勢を変えずにいると、ふくらはぎのポンプ機能が弱まって循環が悪くなり、パンパンの状態にむくんできます

作業に集中していても、1時間おきに立ったり足を曲げたりするなど、少し体勢を変えてみるだけでもかなり改善されるので、意識してみましょう。

 

さらにエアコンの効いた部屋で長時間過ごすことも、冷えによって自律神経の働きが鈍り、代謝が滞ってむくみの原因になってしまいます。

定期的に外の空気を吸う、トイレに行く、などの対策を心がけることも大切ですが、現実的に難しい日もあるでしょう。

日頃から代謝を良くするなど、むくみにくい体づくりをすることが改善への近道ですよ。

 

ふくらはぎのパンパン予防には、サプリメント

サプリメントの写真

 

ふくらはぎがパンパンにむくむのを防ぐ方法のひとつとして、サプリメントが有効です。

不要なものを体内から排出したり、体の代謝を促してめぐりをサポートしてくれるサプリメントなら、飲むだけなので誰でも手軽に利用できますよね。

体の中からむくみを予防できる、3つのサプリメントをご紹介しましょう。

 

するるのおめぐ実

明日葉・赤ブドウ葉・トウモロコシのひげ成分を含む

 

するるのおめぐ実」は、口コミサイトでも評価が高く、人気のむくみ解消サプリメントです。

むくみを予防するには、バランスのとれた正しい食生活が欠かせません。

でも、野菜や果物、海藻類などの食材を毎日摂りつづけるのは、なかなか大変ですよね。

 

「するるのおめぐ実」は現代女性に不足しているポリフェノールやカリウム、ビタミンなどに着目し、これらの栄養素を一粒に凝縮して、美容と健康をサポートしてくれます。

 

産地や鮮度にこだわった、明日葉や赤ぶどう葉、とうもろこしのひげなど、天然の厳選素材から作られています。

 

体の中からめぐりを良くしていくことができるので、ふくらはぎのパンパンに毎日悩まされていた人も、すっきりキレイなボディを目指すことができますよ。

 

今ならお得なコース「すらっと定期便」で、初回70%オフの980円でお試しすることができます。

 

いつでもお休み・解約ができますし、体に合わなかった場合は30日間の返金保証もついているので、安心して始めることができます。

 

するるのおめぐ実

定価 3,240円
定期購入キャンペーン価格 【1ヶ月目】980円

【2ヶ月目以降】2,754円

内容量 62粒(1ヶ月分)
返金保証 30日間返金保証付き
メーカー ファンファレ

 

 

 

脚きゅっと!

赤ぶどうエキスたっぷり配合の機能性表示食品のむくみ解消サプリメント

 

むくみ軽減サプリの中でも、日本初の機能性表示食品として販売されているのが、この「脚きゅっと!」です。

むくみ軽減効果の臨床試験済みなので、きちんと結果が出るサプリとして信用できそうですね。

立ちっぱなしやデスクワークの仕事で普段ふくらはぎが、パンパンになってしまうという人も、「脚きゅっと!」なら、朝飲むだけで夕方まで理想の脚をキープしてくれます。

 

ポリフェノールの濃度が高く、メディカルハーブとしても名高い赤ブドウ葉のエキスにこだわり、高配合しているのが特徴です。

必要なものだけを高配合したシンプルな成分で、安心・安全性の面にもこだわって作られています。

お得な定期コースなら、初めての方限定で75%オフの980円からスタートできます。

継続の縛りもないので、気になる人は試してみてはいかがでしょうか。

 

脚きゅっと!

定価 3,988円
定期購入キャンペーン価格 【1ヶ月目】980円

【2ヶ月目以降】3,160円

内容量 93粒(1ヶ月分)
返金保証 なし
メーカー リフレ

 

 

スララーナ

ヒハツ・赤ブドウイチョウ葉・トマト色素配合

 

スララーナ」は、エステや運動など、外側からのケアではなかなか改善されないむくみのパンパン症状を、体の内側から解消サポートしてくれるサプリメントです。

スララーナは、3つの成分によって、むくみに多方面からアプローチするところが特徴的です。

 

むくみをすっきりさせるヒハツという植物や、血管のめぐりをサラサラにする赤ブドウ、イチョウ葉エキス配合、脂肪燃焼をサポートするトマト色素など、天然素材由来の成分がぎゅっと凝縮されています。

 

また、配合成分のバランスにもこだわって、それぞれの成分の力がきちんと発揮されるように考えられています。

 

ラクトクコースという初回限定キャンペーンで購入すると、初回はなんと80%オフになるうえ、夜用の着圧ソックスのプレゼント付きで、大変お得です。

 

4ヶ月の継続利用が条件になるコースですが、サプリメントは一定期間続けて飲むことで効果が実感しやすくなります。

 

「スララーナ」が気になる人は、お得な定期コースを検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

スララーナ

定価 5,000円
定期購入キャンペーン価格 【1ヶ月目】980円

【2ヶ月目以降】3,980円

※4ヶ月以上の継続利用が条件

内容量 62粒(1ヶ月分)
返金保証 なし
メーカー メディアハーツ

 

 

むくみにくい体質をつくる漢方

漢方のイメージ写真

 

さまざまな体質改善に効果的とされる漢方は、むくみ対策としても有効な手段です。

体質から整えていくことで、単にむくみの症状を抑えるだけでなく、本来の健康な状態の体へと導いてくれるのが、漢方のいいところです。

根本からむくみにくい体質を目指したい方に、おすすめの漢方薬3選をご紹介しましょう。

 

五苓散(ごれいさん)

一般的に、むくみに効く漢方と言えば、この「五苓散(ごれいさん)」が一般的です。

水分はたくさん摂っているにも関わらず、トイレの回数が少ないという人はいませんか?

その場合、体内のめぐりが悪くなっていることで水分バランスも崩れ、水分過多になっている可能性があります。

「五苓散」は高い利尿作用があり、体に溜まっている不要な水分を外へ排出する体の働きをサポートしてくれます。

また、二日酔いや体調不良によるむくみにも効果的で、頭痛やだるさといった症状の改善に役立ちます。

 

 

防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)

ダイエットをしているのになかなか痩せられないという人は、溜め込んだ水分によってむくんでいる状態、いわゆる「水太り」が考えられます。

少し動いただけでも汗が出たり、夕方になると脚がパンパンにむくんでパンプスがきつくなったりするのも、水分を溜め込みすぎている人に多い悩みです。

そんな、むくみがあって太り気味な人におすすめの漢方が「防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)」です。

 

水分代謝に働きかけてむくみを改善し、同時に肥満にも効果があるとされています。

 

今までダイエットの効果が出にくかった人も、「防已黄耆湯」を飲みながら運動などに取り組めば、水分代謝が良くなりパンパンも解消し、体重が減りやすくなるかもしれませんよ。

 

 

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

痩せ気味で体力のない人に多い、いわゆる虚弱体質によるむくみに効果的なのが、この「当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)」です。

産婦人科の三大漢方薬の一つとも呼ばれ、血液のめぐりを良くして体を温める効果に優れています。

痩せているのに、ふくらはぎのむくみが気になる人は、顔色が悪かったり、冷え性が酷く汗をかきにくかったりと、血流の流れが不調になっている症状が出やすいと言われています。

 

「当帰芍薬散」には血を補う作用があるので、むくみだけでなく、貧血や生理不順などのさまざまな不調にも効果が期待できますよ。

 

 

自宅でできる、ふくらはぎのパンパン解消マッサージ

ふくらはぎのマッサージ

 

サプリメントや漢方でのむくみ対策に加えて、むくみを解消するマッサージも並行してとりいれてみましょう。

パンパンにむくんでしまったふくらはぎも、一日の終わりに適切なマッサージをすることで、次の日はすっきりとしているはずです。

ふくらはぎのむくみは、とくに老廃物や余分な水分が下半身に溜まった状態です。

リンパの流れを良くするマッサージで、老廃物や水分の排出を促してあげましょう。

 

 

ふくらはぎのリンパマッサージ

ボディクリームの写真

 

リンパの流れを促すためにも、マッサージは入浴後の温まった体に行なうのがもっとも効果的です。

リラックスした状態で、1日5分を目安に取り組んでみましょう。

また、肌を摩擦しないためにも、ボディクリームやマッサージオイルの使用をおすすめします。

ふくらはぎのリンパマッサージの手順は、以下のとおりです。

 

  1. 足首から膝にかけて、ふくらはぎを優しくなでるマッサージ(左右5回ずつ)

左右の手で、足首から膝に向かってふくらはぎの側面を包むようになで上げていき、膝のあたりまで来たら、膝の裏へ向かって流します。

  1. すねの骨の両脇を、親指で押すマッサージ(左右1回ずつ)

すねの骨の両脇に両手の親指を当て、足首から膝に向かって少しずつずらしながら押していきます。

  1. 膝裏のリンパ節を刺激するマッサージ(左右3回ずつ)

ふくらはぎを両手で包むようにして、足首からひざの裏までゆっくりとさすり上げたら、膝裏にあるリンパ節を軽く押して刺激します。

 

 

むくみ解消のツボ

ふくらはぎをマッサージする写真

 

リンパマッサージと合わせて、むくみに効くツボを押すと、さらに効果的です。

ふくらはぎにある4つのツボと、手にあるツボをご紹介します。

 

ふくらはぎのツボ

ふくらはぎの筋肉は、第二の心臓とも呼ばれるほど重要な役割があります。

むくみと関係の深いツボも、ふくらはぎに集中しています。

以下のツボを押すことで、老廃物の排出機能を高め、ふくらはぎのパンパンを解消しましょう。

 

  • 委中(いちゅう)

委中(いちゅう)は、膝裏のちょうど中央にあるツボです。

 

  • 承筋(しょうきん)

承筋(しょうきん)は、ふくらはぎの一番盛りあがった位置にあるツボです。

 

  • 承間(しょうかん)

承間(しょうかん)は、承筋と承山の中間あたりにあるツボです。

 

  • 承山(しょうざん)

承山(しょうざん)は、膝裏からくるぶしまでの長さを、ちょうど2等分した中間点にあるツボです。

 

 

手のツボ

ふくらはぎのむくみだけでなく体全体のむくみに効果的な、手のツボをご紹介します。

誰でもわかりやすいツボなので、仕事の合間など、ちょっとした休憩時にも押しやすいですよ。

 

  • 労宮(ろうきゅう)

手のひらのちょうど中央に位置するツボです。

 

労宮の場所

 

労宮は、心臓の働きを高めるツボとされており、むくみの解消に役立ちます。

 

 

むくみの原因となる病気

病院で相談している女性

 

ふくらはぎのむくみの中には、病気が原因になっているケースもあります。

何の前触れもなく突然パンパンにむくんだり、長期間むくみがとれなかったりするときは、血管や内臓などの病気のサインかもしれません。

 

ただのむくみと軽視せずに、不調を感じたら早めに病院を受診しましょう。

ふくらはぎのむくみの原因として考えられる病気は、以下のとおりです。

 

下肢静脈瘤

「下肢静脈瘤」とは、静脈にある血液の逆流を防ぐための静脈弁が壊れて、逆流した血液が足に溜まってしまう、女性に多い病気です。

症状が酷くなると、血管がコブのようにボコボコと膨らんで凹凸ができたり、むくみや重だるさ、ピリピリとした痛みなどの症状を伴います。

長時間の立ち仕事をしている人や、妊娠・出産経験のある女性が発症しやすいと言われています。

 

甲状腺機能低下症

甲状腺ホルモンの分泌量が減少して、さまざまな機能低下が発生する「甲状腺機能低下症」も、女性に多い病気のひとつです。

甲状腺機能が低下すると代謝も下がるため、むくみに加えて、身体のだるさや脱力感、身体の冷えなどを発症する人が多いようです。

症状が軽症で放置してしまったり、他の病気と間違われたりすることもあります。

 

心臓の障害

心臓の働きが低下すると、ポンプの役割を正常に果たせないため血行が悪くなり、むくみを引き起こします。

このような、心不全や心筋梗塞、心筋炎などの心疾患が原因となって発生したむくみのことを「心性浮腫」と言います。

 

腎臓の障害

長期間に渡ってむくみが改善されない場合、腎臓に関わる病気である可能性があります。

腎臓は体内の水分量を調節したり、老廃物を尿として排出する働きがある臓器ですが、この機能がうまく働かなくなる病気が「腎不全」です。

腎不全によって老廃物が体内に溜まって起きるむくみを「腎性浮腫」と言い、下半身だけでなく、全身にむくみの症状が出る場合もあります。

 

肝臓の障害

肝臓は人体に有害な物質を分解したり、たんぱく質の合成をしたりと重要な働きがある臓器です。

肝臓の機能が悪くなると、血中に水分を保持する「アルブミン」というたんぱく質がうまく作れず、むくみを引き起こします。

肝臓病によるむくみの症状を「肝性浮腫」と言い、熱っぽさや気だるさなどの症状を伴うことが多いようです。

 

 

あわせて読みたい関連記事

 


 - ヘルスケア