PMS改善日記

*

彼氏を育てる彼女&ダメにする彼女。デキる彼女は嫉妬心をあおって育てる!

      2018/10/31

仲の良い恋人同士
恋人が、お互いに歩み寄るために必要なものは何だと思いますか?

お互い支え合うカップルもいれば、一方だけが尽くすようなカップルもいます。

ひどい話ですが、彼氏に献身的なのに、大切に思われる彼女と、ぞんざいに扱われる彼女がいるものです。

この違いは、なぜ生まれてしまうのでしょうか?

実は、デキる女性にはある共通点があります。それは何だと思いますか?

今回は、彼氏を育てて、より深い信頼関係を築いていく、方法を紹介していきます!

 

嫉妬させると、恋人を成長させる!?

彼氏を成長させる

実は上手に嫉妬を煽ると、恋人を成長させることができます。

 

……「嫉妬を煽るなんて、ちょっと怖い!」 そう思うかもしれませんね?

実は嫉妬の煽りかたには、やる気にさせる嫉妬と、反感を買う嫉妬があります。

デキる彼女は、このやる気にさせる嫉妬の煽りかたが、非常に上手いんです!

 

一般的に、女性は外見に、男性は権威に嫉妬する。だからこの話題はNG!と言われます。

煽り方を間違えると、関係に亀裂が入ってしまうかもしれませんが、方法を知っていれば安全に使うことができます。

ここでは良い嫉妬の煽りかたと、悪い嫉妬の煽り方を紹介します。

 

彼氏を育てるうえに信頼も勝ち取る! 良い嫉妬の煽りかた!

ビジネスマンの闘志

 

男性の行動原理となるもの。それはプライドです!

このプライドに火をつけるためには、対抗心を喚起させることが必要です。

 

そのためには、その彼氏の得意分野と、競合する魅力を持っている人を、対抗馬に立てると効果的です。

対抗馬だからこそ、努力すれば超えられるくらいのレベルの人、でなければいけません。

つまり、ライバルになりそうな人を褒めます!

すると、彼氏はそのライバルに対抗心を燃やします。

「超えてやる!!」と。

 

プライドを燃料として、向上心を燃え上がらせるので、彼氏が成長します。

そして、そのライバルを超えたときに、それが自信となって、堂々と彼女と向き合うことができるようになります。

だからより一層、彼女のことを信頼するようになるので、絆が深まります。

 

このように、デキる彼女はライバルの選定が非常に上手く、嫉妬を煽って彼氏を育ててしまうのです。

 

これには注意!間違った嫉妬の煽りかた

間違った嫉妬の煽り方

ライバルにならない人を褒めてしまうと、向上心が駆り立てられないため、意味がありません。

むしろ反感を買うことになるので、逆効果になります。

 

たとえば彼がスポーツマンであり、音楽に関心がない場合に、バンドをやっている男友達について、「この人、すごいよね!」など褒めても向上心が湧いてきません。

逆に、自分には音楽ができないことをコンプレックスに思ってしまって、歪んでしまうかもしれません。

 

そして同業者でも、勝負にならないような人を褒める場合には、注意が必要です!

たとえば、彼がスプリンターであり、ウサイン・ボルト選手を尊敬しているのであれば、「ボルトすごいよね!」と言っても良いでしょう。

しかし、身近にいる男友達などで、彼とは勝負にならないような人を挙げて、「この人すごいよね!」と言ってしまうと、コンプレックスで歪んでしまうかもしれません。

 

もしあなた自身が彼のことを信じていて、彼が努力したら超えられる、と本気で思っているのであれば、

 

「でも、あなたなら超えられるはず」

 

と言ってあげましょう。

この言葉が出るか出ないかで、彼との関係が大きく変わっていくかもしれません。

 

献身的なのに、彼氏をダメにする彼女とは?

彼氏をダメにする彼女

彼氏のために頑張っているのに、一方通行、そんな女性いますよね?

その理由のひとつは、尽くしすぎ!ということが挙げられます。

 

たとえば、手料理を振舞ってあげれば、彼氏は喜んで食べてくれるでしょう。

しかし、毎日作っていると、ご飯を作ってもらうことが当たり前になってしまい、感謝の気持ちがなくなっていきます。

 

または、あまりに尽くされ過ぎると、それを負担に感じてしまって、逃げてしまうというケースもたくさんあります。

ですので、マンネリを防ぐために、ランダムのタイミングで、世話を焼いてあげることがベストでしょう!

 

ここでは、いわゆる「重すぎる彼女」がやりがちな危険行為について、解説していきます!

 

頑張りどころの彼氏に同情・哀れみをかける

たとえばシーズン中に、スポーツ選手の彼氏が大怪我をしてしまい、戦線離脱を余儀なくされた。

こんな状況は、まさしく彼にとっては踏ん張りどころでしょう。

ここで前向きに頑張れれば、もしかしたら今シーズンに復帰できるかもしれないし、それが無理でも来シーズンからは、ベストなコンディションで迎えることができるかもしれません。

とにかく、すぐに解決できる問題ではないので、ポジティブ思考を保ち続けることと、高いモチベーションを維持し続けることが、大事になります。

 

いわゆる重たすぎる女性はもちろん、この時期に彼氏のことを助けます。

それはとても大事なことです。

しかし、あるタブーを犯してしまいがちです。

それは、彼に対して同情して哀れみの言葉をかけること。

彼氏のことを可哀そうがるのです。

 

これで彼のプライドはさらに傷つきます。

そのうえで援助されると、男性はみじめな思いをすることになるでしょう。

これが繰り返されることによって、「俺を馬鹿にするな!」と反感を買うようになっていってしまうのです。

 

男の行動原理はプライドです。

それは尊重しなくてはなりません。

 

彼の長所を理解しない適当な応援

適当な応援

彼氏をダメにする人は、彼の好きなことに無関心であることも多いです。

上記のスポーツ選手の彼女の例にとれば、

 

「怪我が治るといいね」

「治ったらラグビーやればいいじゃん」

 

など、競技に打ち込む彼のことについては、まったく他人事のように話してしまうでしょう。

彼にとって、プライドをかけて打ち込んでいるものに対して、無関心な態度をとられてしまうと、フラストレーションが溜まってきます。

 

無関心とは、好きでも嫌いでもない、どうでもいいと思っているということです。

もちろん彼氏の好きになったものを、彼女も好きになるということがベストです。

しかし、たとえば怪我で苦しんでいる彼を見て、「もう私嫌だよ、見てられない!」など、その競技に対しての嫌悪の気持ちを彼に言うのであれば、まだ無関心よりは100倍くらいマシです。

これは彼がその競技に打ち込んでいる姿を、今まで見てきたとも言えるからです。

彼にとっても、自分を見てくれる人がいることは、励みになるでしょう。

その彼女の言葉を受け止めたうえで、彼女のためを思って引退するか、それとも奮起して頑張るかは、彼次第です。

しかしこれなら、少なくとも歪んだ結末だけは避けることができるでしょう。

関連記事 脈あり男性を食事に誘うと何がわかる?男性のタイプを食事で見抜く方法

 

彼氏を育てる彼女とは?

喧嘩するカップル

尽くす彼女に横暴になることは男のほうの問題でしょうか?

それも確かに正しいです!

恋人以外の第3者に対する振舞いを見れば、一目瞭然ですが、他人に横暴な人は、いずれ彼女に対しても横暴な態度をとるようになります。

初めていくレストランなどで、ウエイターやウエイトレスのかたが、粗相をしたときの彼氏の態度が、近い将来のあなたに向けられる態度である、ともよくいわれています。

 

恋愛初期は、どうしても相手に気に入られたいと思ってしまうので、彼女に本性を見せません。

だから彼氏には、会話ではなく、観察して惚れろ、と言われています。

しかし、すべてが彼氏のせい、というわけでもないようです。

なかには彼氏の、そんなダメなところまで変えてしまうような、すごい女性もいます!

彼氏を育てるデキる女性に共通する、特徴はどんなものなのでしょうか?

 

デキる女性はやさしく期待をかける!

旅行中のカップル

期待をかけられるとそれに応えようとして、通常時よりも意欲が刺激されて頑張る、という“ピグマリオン効果”という理論があります。

デキる彼女は、このピグマリオン効果を引き出すことが上手いのです!

コツは「頑張れ!」と激励するのではなく、「あなたは頑張っているね」と現状を褒めてあげるところにあります。

 

頑張っている人に「頑張れ!」と言っても、良い効果は得られません・・・。

「頑張ってるよ!うるせーな!」ってなってしまうかもしれません・・・。あとなんだか他人事のような気がします。

 

そうではなく、「あなたはいつも頑張ってるね!自信を持てば今度こそ上手くいくはずだよ!」と現状を褒めてあげたうえで、後押しをします。

なかには、勝負ごとの前に、手作りのお守りを渡す強者もいるようです。

 

期待をかけられることによって、それに応えようとして彼氏は成長していきます。

成長して自信がつけば、より彼女のことを信頼していくようになり、日が経つにつれてどんどん良い関係になっていきます。

正しい期待のかけかたは、彼の現状を称賛したうえで、次の目標を示すことです!

 

理想はgive-and-give!

giverとtaker

もし、上記のスポーツマンの彼女が、デキる女性ならば、まずは彼のことを励まして、プライドを修復します。

そして彼が立ち直ってから、支えようとします。これなら、彼が自信を取り戻した状態であるため、彼女の献身に応えようと頑張ることができます。

彼女に感謝もできます。

お互いが出せるものを出し合って、最高の結果を手に入れることが“give-and-give”です!

 

ちなみによく物事は“give-and-take”だ!と言われていますが、これでは釣り合いがとれず、すぐに関係が破綻してしまいます。

恋人関係であれば、重たすぎる女性がその典型。

一方的に尽くす彼女が“giver”であり、一方的に受け取る、または取っていく彼氏が“taker”です。

 

“give-and-take”ではなく、“give-and-give”な関係をつくるためには、まず相手の良いところを、言葉に出して伝えることが大切です。

これで相手は、「自分のことを認めてくれた」と認識します。

彼のために頑張るのはその後の話です。

承認欲求が満たされることで、彼は自発的に、自分の弱点を認めるようになります。

 

大物のスポーツ選手や芸能人の妻で、夫の生活を徹底的に管理している強者もいますよね?

しかし夫はそれを束縛とは、微塵にも思っていないようです。

それは自分の弱点を認めていて、奥さんがそれを支えてくれている、と本当に思っているからです。

だから献身的な彼女を見て、自分のために頑張っていると思えるため、感謝できます。

そして自分の好きなことで成功することが、彼女への恩返しと本気で思える状況になれば、彼は成長していきます。

 

一番大事なものは彼に対する理解!

楽しそうなカップル

彼氏を上手く育てて、長期的に良い関係をつくっていくために必要なもの。

それは何と言っても彼に対する理解です。

 

男性は特にプライド最優先の生き物なので、自分を認めてくれて、期待をかけてくれる人のために頑張ります。

そしてプライド最優先だからこそ、相手に尽くされることよりも、自分の実力で、相手に何かしてあげられたときに喜びを感じます。

彼に尽くすことも悪いとは言いませんが、行動欲を駆り立てることが大事なのです。

 

そういう意味で、適度に嫉妬を煽ると良いということです。

ライバルにして欲しい人を挙げて褒めることで、対抗心で成長させることができるのです。

彼氏が自分のことを過小評価していて、現状維持に甘んじているのであれば、このようなスパイスを加えてみてはいかがでしょうか?

もちろん「あなたはもっとすごい男になれると思うけどな、」と期待の言葉も忘れずに!

 

関連記事 男性脳と女性脳の違い?賢い女性はみんな知っている男性の思考9選

ライター紹介

馬場先 亮太(ばばさき りょうた)

馬場先 亮太(ばばさき りょうた)

国立東京海洋大学卒業後、同大学院修士課程修了。
現在は公共機関で海の生態系を守るために、魚をつくり育てる栽培漁業の仕事をする傍ら、ライターとしても活動中。
また、極真会館の名門・桑島道場で極真空手の修行に励み、奮闘中。

好きな言葉は「求めている幸せは特別な瞬間ではなく、日常のなかにある」

大学院修了後、警察官になる。その現場で人間の負の部分と向き合い続けることとなる。
やがて疲弊していき、思いつめてしまい、退職。その後も潰瘍性大腸炎などの難病に悩まされ、再就職もままならない状態に。
短期のアルバイトで生計を立て、その日暮らしをしているそんななかで、メンタリストDaiGoさんの書籍に出遭い、心にかかっていた霧が晴れる。

護身術として心理学を身につけ、もう人を疑う必要がないことを悟る。同時に自分が良い生き方をする方法も知る。
また、栄養学や生理学、睡眠の科学など、自分の好きな分野である科学の文献を読み漁り、自力で難病を克服。
プロのスポーツ選手ではないが、競技者として極真空手にも打ち込む。切り口は、運動学や栄養学、心理学などあくまで科学分野から格闘技を追求。

現在は仕事も趣味も好きなものに囲まれて過ごしている。

過去や未来に捕らわれず、目の前にあるやるべきことを本気で楽しみながら取り組めば、その延長上に幸福があることを信じて今も躍進中。


 - 恋愛