PMS改善日記

*

年下彼氏ってどう?女性が年上の「年の差恋愛」がブーム!

   

年下彼氏との年の差恋愛
 
「姉さん女房を探すなら、金のわらじを履いてでも探せ」

これは有名な格言です。

聞いたことがある人、初めて耳にする人、これは昔から語り継がれている言葉なんです。

意味合いとしては、

「素敵な年上女性は、容易に切れない金の素材でできたわらじを履いてでも探しなさい。重たくて歩き疲れるけれど、それほどの価値があります。」

といった感じです。

皆さま、いかがお過ごしですか?

恋の辛口ご意見番、元女将です。

最近は年下クン達からアプローチされて浮かれてます。

それと同時に、あぁ、私も年を取ったんだ、、としみじみ思う今日この頃です。

今回は、それまでは年上男性に憧れたり、恋をしたりで、年下男性との恋愛なんて視野に入れたことの無い女性陣に、年下クンとの年の差恋愛の醍醐味をご紹介します。

年上男性との不倫に溺れてる暇があるなら、断然年下クンとの恋愛をお勧めしますよ。

浮気も不倫も、時間が無駄ですからね。利用されるくらいなら、せめて利用して下さいね。

話を戻します!

若い時は若い時なりの恋愛があるように、大人の女性には、それなりの恋愛が待っているんですよ。

 

年上女性を好きになる年下クンは将来大成する可能性大!!

将来出世する年下男性
 
先日、20代前半で起業した男性とお話をしました。

彼の初めての彼女は、当時彼が19歳に対してお相手は42歳!

その差はなんと23歳という驚きの年の差です。

動物学的にはかなり相性が良いようです。

10代の元気な年頃の男性と、女性の性欲のピークとも云われる40代の組み合わせは、お互いの需要と供給がピッタリはまっていたんですね。

勿論、肉体的なことだけでなく、精神的にも相性が良かったようです。

早く大人に成りたがっていた彼にとって、大人を一周して自然体でいることの大切さに気付いた余裕のある彼女は、色々なことを教えてくれた女神だったそうです。

若くしてそんな大恋愛をした彼は、24歳で起業をし、今はバリバリ働き、海外を飛び回るベンチャー企業の社長さんです。

そしてそこらへんの年上男性顔負けの、立派なイイ男に大成しておりました!

彼はマザコンでもなんでもなく、精神的に自立していて凛と生きている女性がタイプだそうで、たまたま好きになる女性がほとんど年上だっただけ、と言っておりました。

イイ男はイイ女を好きになる、まさにこういうことなんですね。

そして精神的に落ち着くのが早く、賢い男性は当たり前に仕事がデキます。

よって大成します。

たまたま彼だけでは?と思い、何人か年上好きな年下クンとお話をすると、起業をしていたり、外資系エリートだったり、投資家だったりで驚きました。

もう一つ共通していることは、野心家で瞳の輝きと目力が凄いです。

あの瞳は色んな意味で危ないですね。はい。

 

年を取れば年下クンからモテるのね!ラッキー!は大間違い

年下男性と年上男性
悲しいかな、誰もが年下クンから需要があるわけではありません。

まず恋愛のリングに立っていない方は論外です。

そういった方は、この記事すら目に留まら無いので居ないものとしますが、雄として反応しないなら、年上年下関係無く来ないから!と言いたいのです。

若い時は、若さだけで充分補えます。

基本的に、男性も社会も甘々です。

ただ、その許されてしまう人生のボーナスタイムに甘えきって努力を怠ると、見るも無残な浦島太郎状態なんですよ。

女性が30を超えてくると、世間様の甘々フォーカスが取れて、クリアに見られてきます。

見られる目が厳しくなってくるんですよね。

それは仕方の無いことですから、素直に受け止めましょう。

恥ずかしさ、悔しさ、辛さといった感情は、人を成長させる大切な要素。

ですから、それを乗り越えて勝ち取ったその精神力は、なかなか手に入らない自分だけの宝物です。

その宝物が、やがて実を伴ったプライド(誇り)となり、本当の優しさや、心地の良い距離感を作れる感覚、良識と教養を生み出します。

そんな大人の女性の、色気と、顔つきと立ち振る舞う姿は凛としています。

イイ男は、それを見つけ出すのが本当に上手なんです。

千里眼を持っているんですね。

自分のために一生懸命努力している女性は、間違いなく愛されます。

社会のため、男性のため、ではなく、自分のために努力しているのがポイントですよ。

そんな健気な女性を、本能的に放っておけず、チャンスがあれば、金のわらじを履いてでもゲットしたい!と思うんです。

 

Hしたいの?付き合いたいの?結局どーなの?

温かいお茶を飲むカップル
 
これは著者もわからなくなるところがありますね、正直。

けれど、途中で気付いたことがあります。

それはとても基本中の基本なことです。

年下だろうと、男は男です。

最初は憧れと性欲が入り混じって、好きと錯覚しているということです。

恋愛経験が少ない男性にありがちな感覚ですね。

「抱きたい」と「付き合いたい」は別物です。

下半身と上半身は別なので、私たちは見分けなければいけないですし、導かなければいけません。

Hが好きな淫乱さんであればどっちでも関係ないのですが、ほとんどの女性は自分の身と心を守るために、頭をフル回転させます。

著者は心が通い合っていなければ気持ちよくなれないタイプなので、しっかり見極めます。

もうね、ただHするだけって消耗するだけなんですよ、女性はね。

見極める方法としては、真面目な話をさせることです。

上半身のスイッチを入れさせて、目の前の女性はお色気ビデオに出てくる女性でなく、生身の女性なんだぞー、付き合う覚悟がそれなりに固まって口説いてるのかい?ん?

といったボディブローを会話に織り込ませます。

人間は発した言葉通りに忠実に行動に移すようにできています。

相手の女性に紳士的な発言を並べたり、人生の目標を語ったりしているうちに、

「俺、この人の前でしっかりして、信用してもらなくては。でないと口だけのいい加減な奴だど思われてしまう!」

と思わせることができ、そう思えることのできる者同士なら満点です。

Hをする前に、しっかり告白してきます。

逆に真面目な話を逸らして、下ネタを話したり、ふざけるだけだったら即刻帰りましょう。

時間の無駄なので、お家に帰って半身浴して肌をツルツルにケアするほうがよっぽど生産性がありますよ。
 

真面目な発言をさせて見きわめる

注意点として、真面目な話をさせるのはこちら側の役目です。

会話のテーマはこちらがリードします。取材みたいですが。

タブーな内容は結婚観だったり、将来子供は何人欲しい、収入といった内容です。

結婚に焦っている女性と思われたら誰もが逃げたくなりますよ。

振る話題としていいのは、兄弟いるの?家族と仲良い?本読む?映画見る?といった当たり障りないところから始め、情報を収集しつつ、真面目な発言をするように持っていきましょう。

そして真面目な発言をしたら、

「○○君てしっかりしていて、頼りがいがあるね。仕事もデキるんだろうなぁ。尊敬する。」

とでも言って、少し強引に真面目なキャラに仕立てあげましょう。

プラス年上女性から褒められるし、ひとりの男性として意識してくれてる!頑張ろう!

と思ってくれますよ。

年下クンがどんな気持ちで自分に近づいたか、この方法はだいぶ使えます。

口だけの調子良い年下クンは、行動をしっかり見ておきましょう。

初デートで堂々とホテルに誘ってきたら、帰ってください。

ほらね、年下だろうが、男は皆さん一緒なので、焦らせば化けの皮が剥がれます。ふふ。

 

焦れったい年下クンもいるんです!

手をつなぐ年の差カップル
 
「デートに誘いたい、でも俺みたいな年下、相手にしてくれないんだろうなぁ、、ウジウジ、、」

居ますよ。こんな子。

ストレートにデートに誘ってくる子もいれば、いつも近くに寄ってきて、パタパタ尻尾を振ってニコニコしながら話かけ、遠まわしにアピールをしてくる子も。

だいたい、この2パターンに分かれます。

前者は脈ありそのものですが、厄介なのは後者ですよね。

ただ懐いているだけなのか、女性として意識してる脈ありなのか、どっちなんだ!

という経験をした方いませんか?

後者の脈ありは、いくつかあります。

まずは視線、男性はハンターなので、獲物をジーっと見てます。

次に理由もなく近寄ってきます。磁石みたく隙あれば傍に居ます。

そして飲みに誘ってきます←ここはやはり男性ですね。脈があれば男性は必ず誘ってきます。

彼らの誘い方は

「○○さんと飲みに行きたいなぁ」

とあくまでも願望を言ってくるだけで、こちらの反応を伺ってきます。「

男らしくないといえばそうかもしれませんが、彼らの精いっぱいのアピールなので、可愛いとしておきましょう。

こちらもその気なら、

「ではいつ行きますか?もしよかったら、連絡先交換しておきますか?」

と返してあげましょう。

いざ食事の日取りを決めれば、あとは上記のやり取りをして、彼の真意を見極めればいいのです。

 

年下クンから恋愛対象に入る女性とは

夕日を眺めるカップル
 
自立していて、凛としているのもそうですが、隙がなければダメです。

誘えるチャンスがあり、そして、年上アピールしない素直な女性ですね。

「若いからね~」
「私年上じゃん?」
「これだから年下はさぁ」

全てダメです。本当にあっけなく終わります。

一発で、近所の口うるさいオバちゃん枠です。

人は、不完全さに惹かれてしまう要素も持ち合わせています。

年上だけど一生懸命で、たまにおっちょこちょいで放っておけない、そんなギャップに弱いんです。

年下クンなら尚更、最初から年下というハンディを背負ってのスタートですからね。

頼りにされたり、尊敬されたりしたら、それだけで舞い上がり、恋愛対象として見てきます。
 

イイ女は「賢い」

イイ女は人の良さを見つけるのが得意であり、甘え上手であり、また褒め上手です。

裏腹な気持ちも無く褒めますので、そりゃモテます。

彼女たちは素直に発言しているだけですので、人にモテます。

決して媚びているわけではなく、言うなれば「賢い」のです。

喜怒哀楽がハッキリしているので、気持ちの良い人です。

雰囲気は洗練されていて、しっかりしているけれど、たまに可愛いところが垣間見えるなんて、私でも付き合いたいです。

 

さいごに

まず、年上女性を好きになる年下クンは、同世代に比べると大人びていて野心家な方が多いです。

「男として成長したいのであれば、年上女性から学べ!!」とDNAに刷り込まれているのか、皆さま意欲がある方ばかりです。

彼らと向き合うために恋愛対象として入れることはできたなら、次はしっかり頼って甘えて下さいね。

彼らはますますイイ男に成長します。

頼り方と甘え方によりますが、依存するのとは全くの別物ですので注意して下さいね。

また、彼らが依存してきたら、それはあなたの愛し方が誤っている可能性も大いにあるのでその恋は終わりにさせましょう。

潔さも、大人の恋愛の良いところです。

野心家でエネルギッシュな「年下のイイ男」が寄ってくるのは、あなたがしっかり洗練された「大人のイイ女」として成長した証。

だから、どうぞ誇りに思って下さい。

また、これから大人の階段を徐々に昇っていく方も、今のうちに自分磨きをしっかりしておくと、人生のボーナスタイムが一生続きますよ。

年の差恋愛万歳!!

 

ライター紹介

立野 凛(たつの りん)

立野 凛(著者)

20代前半で水商売をしてお金貯め、20代半ばで飲食店を立ち上げる。
同時に結婚をし、夫婦で商売を始めるが、30歳で離婚をし、経営権は元配偶者に譲る。
お水の現場で見てきた女同士の争いや派閥、また恋愛における男性心理についても身を以て体感する。
独立した飲食店の現場では、自ら女将として様々な世代、社会的立場の男女とカウンター業を通して接触し、更なる接客スキル、コミュニケーション能力を身に付ける。
夫婦で賄う商売の難しさにも直面し、男女における思考の違い、自身の人間性とも長く向き合う癖を体得する。
接客業を生業として見えてきた人間心理や、男女間の恋愛心理、また自身の実体験を元に見てきた数々の人間関係の難しさ、繊細さを題材とした記事を執筆中。
女性が「女の子」から「大人の女性」に移り変わるセンシティブな問題にも着目している。
また、自立のための仕事に対する考え方、生活の見直し、資産運用に伴う知識についても勉強中。
多くの女性が輝き、強さという美しさを一人でも手に入れる
「ワンランク上を目指す」女性陣のために独特の文章と少し辛口な内容が特徴的な記事を執筆する。
自身も様々な分野で毎日を奮闘しながら送っている。

Facebookページに「いいね!」の応援、よろしくお願いします!
https://www.facebook.com/pmsdiary/


 - 恋愛