PMS改善日記

*

女の子の作り方。産み分けで成功する方法や注意点は?

      2018/06/20

女の子の赤ちゃん
 
女の子の作り方や、男の子の作り方、男女の産み分け方を知りたい方は、子どもを授かりたい方の中でも多くいらっしゃると思います。

女の子や男の子の産み分けで、成功する方法はあるのでしょうか?

ここでは、女の子の作り方について、くわしくまとめてみました。

 

女の子の作り方。排卵日で女の子を産み分ける方法

男女の産み分けの画像
 
ではまず、排卵日による女の子の作り方から解説していきましょう。

まず女性側に必要な、排卵日による産み分けの基本が以下のとおりです。
 

排卵日をできるだけ正確に知ること

女の子の作り方で1番重要となる要素が「排卵日」です。

その排卵日がいつなのか、簡単に予測できる方法が、毎日基礎体温を記録し、グラフ化しておくことです。

排卵検査薬や、スマホの排卵日チェックアプリなどで、排卵日をほぼ特定できるようにしておくと、なおよいでしょう。
 

おりものをチェックする

排卵日が近づいてくるにつれて、おりものが増えるというのは、女性なら、だいたい感じていると思います。

実は、このおりものにも、産み分けのコツが。

女の子の作り方としては、排卵日2〜3日前の、おりものがサラサラしている時期に、性行為を行ってみるのがポイントです。

逆に、粘度の高いおりものが出ているときは、男の子が産まれやすくなるとされています。
 

排卵日にあわせY精子・X精子の量を調節する

X精子とY精子
 
産まれてくる赤ちゃんの性別を決めるのは、X染色体とY染色体であり、女の子になるのがX染色体で、男の子になるのがY染色体です。

そして、X染色体を含む精子をそのまま「X精子」、Y染色体の場合は「Y精子」と呼びます。

ちなみに、卵子にはX染色体しかなく、Y染色体は含まれていません。

これらの精子の特徴として、男の子になる「Y精子」は動きが早く、数もX精子の2倍と多いですが、寿命は約1日しかありません。

逆に女の子になる「X精子」は、数もY精子の半分程度で動きもゆっくりですが、寿命は2〜3日と少し長めです。

なので、女の子の作り方としては、「Y精子」を含む確率を減らしてから、性行為を行うがコツです。

具体的な方法として、男性側が3日に1回射精を行い、精子の量を増やさないことがベスト。

これは「Y精子」の比率を、少しでも減らすためです。

よく「精子が薄い場合女の子が産まれやすい」といわれるのはこのためですね。

さらにX精子・Y精子の寿命や、おりものの状態を考慮すると、排卵日の2〜3日前に性行為を行うことで、女の子が産まれる確率が上がります。

余談にはなりますが、性行為の方法にもコツがあり、女の子を産まれやすくするためのポイントがあります。

一般的に、あっさりとしたライトな性行為の場合だと女の子が産まれやすく、女性側がオーガズムを感じる濃厚な性行為である場合は、男の子が産まれやすいとされています。

この方法での的中率は、約70%とされているので、試してみる価値はありそうですね。

 

女の子の作り方。パーコール法で女の子を産み分ける方法

女の子の作り方の一つとして、パーコール法というものがあります。

はじめに男性の精子を「パーコール液」に入れて遠心分離機にかけ、精子をX精子とY精子に分けます。

その抽出したX染色体の精子のみを、注射器で子宮内に入れるという人工授精方法であり、不妊治療の一種にもなっています。

確かにこの方法だと、X染色体しか子宮に入らないわけですので、理論的には女の子のみを作れるということになりますね。

しかし、的中率は高いものの確実ではないようです。

これはなんらかの原因で、性行為障害があるカップルにも有効な方法です。

ですが、このパーコール法、安全性が確立されていないとのことで、ひと昔前までは「日本産婦人科学会」により禁止されていました。

他にも、自然妊娠より、妊娠確率が下がるというデメリットもあるとのこと。

何がなんでも産み分けをしたいという人以外は、別の産み分け方法をとる方がよい場合もあります。

ちなみに、パーコール法の費用の相場は、だいたい2万円~5万円。

産み分けの的中率をあげるためには、遠心分離機の層が「12層」のものを扱っている産婦人科で、治療を受けるといいようです。

 

女の子の作り方。中国式産み分けカレンダーで女の子を産み分ける方法

中国式とブラジル式産み分けカレンダー
 
産み分けの方法には、「中国式産み分けカレンダー」によるものもあります。

これは、13世紀頃の中国の学者が、中国王朝の宮中にて、産まれた赤ちゃんの男女比率をグラフ化したもの。

受胎月と受胎時の妊婦さんの数え年で、産まれてくる赤ちゃんが男の子か女の子かわかるという、驚きのカレンダーです。

産み分け占いともいわれていますが、なぜかアジア圏だけでも、約90%とかなりの的中率があるようです。

同じく「ブラジル式カレンダー」という表もあり、これによっても、産まれてくる赤ちゃんの性別を占うことができます。

方法は中国式と同じですが、ブラジル式の場合は数え年ではなく、妊娠時の年齢そのままで見ればOKです。

しかし、的中率は約85%といわれており、中国式に比べると若干下がるようです。

すでに上にお子さんがいらっしゃる方は、中国式およびブラジル式カレンダーが、それぞれ当たっているかどうか、確認してみるとよいですね。

 

女の子の作り方。ピンクゼリーで女の子を産み分ける方法

ピンクゼリーとグリーンゼリー
 
産み分けゼリーとは、性行為をする前に、女性の膣内の挿入する潤滑ゼリーのことです。

精子が持つ性染色体の特性を利用することで、どちらかの受精確率を上げるというものですね。

男の子がほしい場合は、膣内をアルカリ性の状態にできる「グリーンゼリー」を使います。

そして、女の子がほしい場合は、膣内を酸性の状態にできる「ピンクゼリー」を使うことで、希望の性別が産まれる確率を上げることができるのです。

ピンクゼリーのパッケージ

使い方は、商品によって多少違いがありますが、一般的には以下のとおりです。

 

ピンクゼリーの使い方
  1. ゼリーをぬるま湯(38〜40度前後)で溶かす
  2. 1回分のゼリーを注射器のようなシリンジにとる
  3. 膣内にゼリーを深く挿入する
  4. 注入してから5分後くらいに性行為を行う
 
ピンクゼリーの使い方

異物を膣内に入れるので、デメリットを心配する人もいると思います。

ただ、産み分けゼリーの成分は、自然由来のものがほとんど。

基本的には、赤ちゃんや女性の体に、大きなリスクはないとされています。

それでも不安な人は、婦人科で医師にすすめられたものを使うとよいでしょう。

産み分けゼリーによる成功確率は、70〜80%ほどといわれていますよ。

意外と高い確率ですね!

 

女の子の作り方を実践して成功した人の口コミ

基礎体温計
 
ここでは、実際に産み分けを行なって成功した人の意見をまとめてみました。

女の子の作り方を詳しく知りたい方は、ぜひ、参考にしてみてくださいね。

「知人にピンクゼリーを使い、女の子を授かった人がいます。

それが本当にピンクゼリーによるものなのかは定かではありませんが、確かに、ゼリーによる産み分け確率は上がると思います」

「よくいわれているのは、やはりゼリーを使うことですね。排卵日2日前に、挿入も浅めにし、女性があまり感じすぎない行為を。あと、禁欲や食事改善の必要はないそうですよ」

「私は生理がずれないタイプで、排卵日の特定も簡単にできたためか、2人目に希望の女の子を授かれました!やはり排卵日がわかるのは大切なポイントです」

「人工授精をして、99%女の子といわれた友人がいましたが、実際は男の子が産まれたので、産み分けで確実な方法はないと思いました。でもやらないよりはやる方がいいでしょうね」

全体的な意見として、排卵日による産み分けか、ゼリーでの産み分け方法が人気が高いように思います。

 

コンピューター関係の仕事をしている男性に娘が多いのは本当?

これに関しては、正しいといえる答えはないかと思います。

ただ、コンピューター関係の仕事をしている男性は、仕事人間である確率も高いですよね。

あまり休みが取れなかったり、残業が多すぎたりする男性だと、女性とお付き合いするも大変です。

これは、あくまでも一つの考えですが、男の子の多い家庭のお父さんは、床上手といわれているそうです。

男の子が産まれやすい膣内環境にするためには、女性がオーガズムを感じる必要があることが理由とされているからでしょう。

忙しくて、濃厚な性行為をする余裕もない男性であれば、女の子を授かれる確率も、若干落ちるということなのでしょうか。

また運動不足だったり、栄養不足の男性は、精子の量が減るという話も……。

もともとの精子が少ないことで、男の子を授かれるY精子の含有量が減少しているのでは?という説もあります。

コンピュータ関係の仕事をする男性は、あまり外に出て運動する機会がない人もいるでしょう。

このあたりも「女の子ばかり産まれる」というイメージを持たれやすいのではないでしょうか。

ですが、コンピュータ関係の仕事に就く男性にも、いろんな人がいますし、一概にこうだと言いきれる答えはないと思います。

 

まとめ

さて、ここまで、女の子の作り方や産み分けのポイントをお伝えしてきましたが、いかがでしたか?

たくさんの産み分け方法があるものの、100%確実といえる方法が、一つもないというのは驚きでしたね。

もし授かったのが、希望の性別とは逆の赤ちゃんだったとしても、大切な我が子には変わりありません。

そのことをよく理解し、産み分けにチャレンジしてみてくださいね。

 
関連記事 女の子の産み分けならピンクゼリー。でも日本製以外もあるって本当!?
 

ライター紹介

PMS改善日記 編集部

PMS改善日記ロゴ160

「つまんないこと、バイバーイ。たのしいこと、ウェルカム!」
「PMS改善日記」は、PMSや生理痛をはじめとしたツラい悩みにお別れして、もっとステキで楽しい毎日を送りたいあなたを応援するwebマガジンです。

当編集部では、あなたの悩みの解決するお助けアイテムの紹介や、女子力を磨くライフスタイルの提案といった記事をまとめていきます!

Facebookページに「いいね!」の応援、よろしくお願いします!
https://www.facebook.com/pmsdiary/


 - 妊活・妊娠