PMS改善日記

*

肌に優しいクレンジングって?敏感肌さんもツルスベ美肌になれる!

      2018/01/10

アイメイクをクレンジングで落とす女性

美肌を目指すのに、最も重要だといわれる、クレンジング。

みなさんは、どんなクレンジングを使っていますか?

メイクや肌質にあったクレンジングで、正しくメイクを落とせていますでしょうか?

美肌のために、大切だといわれるクレンジングですが、選び方や使い方を間違えると、肌への負担となってしまいます。

そこで、ここでは、美肌のために悩みを持つ女性のために、肌に優しいクレンジングについて、まとめました。

 

クレンジングが肌によくない理由。肌に優しいクレンジングとは?

顔にクレンジング剤を塗る女性

メイクをしっかり落として、毎日スッキリしたい!

そんな時は、オイルクレンジングで、簡単するん♪

クレンジングCMなどで、よく聞きますよね。

それなのに、お肌に良くないなんて…いったいなぜ?

その原因は、クレンジングオイルに、含まれる成分にあったんです。

「界面活性剤」という言葉は聞いたことありますよね?

食器用洗剤やシャンプーなどに含まれる成分です。

肌への刺激が強いために、敏感肌の方は、特に避けた方が良いとされてきました。

そんな界面活性剤が、オイルクレンジングには、大量に含まれています。

界面活性剤は、洗浄力が強く、肌に必要なうるおいまで、落としてしまいます。

そして、皮脂不足に。

肌が乾燥して、毛穴の広がりやニキビなどの肌トラブルを引き起こします。

これが、クレンジングが肌によくないといわれる最大の原因でしょう。

界面活性剤は、水と油を混ぜ合わせるための、乳化剤の役割をします。

ほとんどの化粧品には、油分が含まれますので、クレンジングには、界面活性剤が、必要になるのです。

 

界面活性剤の少ないクレンジングを使えばいいの?

界面活性剤が肌に良くないなら、洗浄力の弱いクレンジングを選べばよいのでは?と思われるでしょう。

しかし、それでは逆に、落としきれなかったメイクが、肌に残り毛穴汚れに。

または、しっかり落とそうとこすり過ぎて、肌を傷つけてしまう原因になりかねません。

大事なのは、肌の状態やメイクの濃さに合わせたクレンジング選び、そして、クレンジングを正しい方法で行うことです。

オイルクレンジングを使用する場合は、こすり過ぎないように注意し、メイクになじませ、クレンジングを乳化させるようにしてくださいね。

 

クレンジングに必要な成分とNGな成分

実際のところ、肌によくない原因のひとつである界面活性剤は、クレンジングに、必要な成分です。

クレンジングは、大きく分けて、3つの成分から構成されています。

油性成分、水溶性成分、そして、界面活性剤です。

化粧品に含まれる油分を落とすためには、水と油を混ぜ合わせることが必要に。

その役割を果たすのが、界面活性剤です。

一般的に、刺激が強いとされる界面活性剤ですが、クレンジングのために使用されるものの多くは、低刺激といわれています。

ここで注意したいのが、石油系合成界面活性剤。

石油性界面活性剤は、強い洗浄力を持ち、メイクだけでなく、肌の角質細胞など、必要なものまで洗い流してしまうのです。

肌のバリア機能の低下、乾燥、肌荒れの原因になります。

合成活性剤には、さまざまな種類がありますが、以下の合成活性剤を使用した、クレンジングは避けましょう。

クレンジングで避けたい合成界面活性剤
  • ラウリル硫酸ナトリウム
  • ラウレス硫酸
  • スルホン酸ナトリウム
  • ラウリル硫酸TEAなど
“硫酸”、“スルホン酸”、“TEA”と付くものは、洗浄力が強いとされています。

また、ミネラルオイルを主成分とするオイルクレンジングも、おすすめできません。

ミネラルオイルは、石油を精製して作り、低刺激とされていますが、クレンジングとして使用することで、皮脂も落としてしまいます。

また、低刺激の界面活性剤といえども、敏感肌の人が刺激を感じやすいのも事実。

敏感肌の方は、できるだけ濃いメイクを避け、界面活性剤の少ないクレンジングを選ぶ方が、よいでしょう。

クリームタイプやミルクタイプのクレンジングが、比較的、界面活性剤の配合量が、少ないですよ。

 

敏感肌でも安心の、肌に優しいクレンジングの選び方。ポイントは4つ!

美しい女性の横顔

敏感肌だからといっても、メイクを全くしないわけには、いきませんよね。

メイク休養日を作って、お肌を休ませることも大事ですが、全くメイクをしないでいると、逆に肌が乾燥してしまうこともあります。

そこで、敏感肌でも、安心しての、お肌に優しいクレンジングの選びのポイントをご紹介します。

 

メイクの濃さに合わせた形状のクレンジングを選ぶ

メイクもクレンジングも肌への負担となることは、間違いありません。

毎日のメイク汚れは、しっかり落とす必要があります。

しかし、界面活性剤の含有量の多い、オイルクレンジングは、薄めメイクの方には、刺激が強過ぎ。

逆に、肌負担を気にしすぎて、洗浄力の弱いクレンジングでは、汚れが残る可能性もあります。

そこで、毎日のメイクの濃さに合わせた、洗浄力のクレンジングを選びましょう。

以下に、濃いメイクから薄いメイク用に、クレンジングの種類を並べましたので、参考にしてみてください。

濃いメイク→薄いメイク

オイル→リキッド→ジェル→クリーム→ミルク

肌への負担を考えると、ナチュラルメイクで、クリームかミルクタイプの、クレンジングがおすすめです。

 

ポイントメイクには、専用のクレンジングを使用する

アイメイクや口紅などのポイントメイクは、落ちにくくなっています。

しっかりとアイメイクをしたときは、ポイントメイク専用クレンジングを、使用しましょう。

ポイントメイク専用クレンジングは、洗浄力が強め。

顔全体への使用は、避けましょう。

また、こすらず落とすことで、肌への負担が軽減されます。

 

クレンジングの成分をチェックする

クレンジングの商品を選ぶときには、必ず成分表を確認しましょう。

刺激の強い界面活性剤やミネラルオイルなど、肌への負担が強い成分が多いものは、避ける必要があります。

敏感肌の人は、防腐剤や香料にも注意。

また、界面活性剤不使用のクレンジングもあります。

その場合、クレンジング剤からの、肌への負担は少ないのですが、落とす手間がかかります。

一度で落ち切らず、何度もふき取っていては、こすり過ぎによる刺激が、負担になりかねません。

メイクの濃さと比較しながら、できるだけ肌に優しいクレンジングを選びたいですね。

 

保湿成分で選ぶ

クレンジングの後、慌てて、化粧水を付けていませんか?

クレンジングの後に、肌がつっぱると感じる方は、乾燥しているかも。

乾燥肌が気になる方は、保湿成分の配合量の多い物を選んでみては、いかがでしょうか。

一般的なクレンジングに、よく使用される保湿成分は、アミノ酸とヒアルロン酸。

高い保湿効果があるので、これらが配合されたクレンジングは、乾燥防止効果が期待できます。

他にも、ホホバ種子エキス、セラミド、フラーレン、EGE、フコイダンなども、保湿効果が高い成分です。

クレンジングは、汚れとともに、必要なうるおいも奪いがち。

クレンジングにとって、保湿効果は、かなり重要です。

 

クレンジングのなかで、肌に優しいタイプはどれ?

クレンジングには、さまざまな種類があって、メイクの濃さに合わせた使い分けが必要なことは、分かっていただけたと思います。

それでは、数あるクレンジング種類から、どれが肌に良いのでしょうか。

オイル、クリーム、リキッド、ジェル、ミルク、シート、6つのタイプの特徴を比べてみましょう。

 

オイルタイプ

最もメイクがよく落ちるので、濃いメイクには最適。

しかし、洗浄力が高い分、肌への負担も大きい。

界面活性剤の量も、全タイプの中で一番多く、乾燥などの肌トラブルの原因に。

敏感肌の人は、できるだけ避けたいですね。

 

クリームタイプ

メイク落ちも良く、界面活性剤の量も少なめのクリームタイプは、肌への負担少なめ。

洗い流しと、ふき取りの2タイプがあります。

どんな肌タイプにも使えて、マッサージもできる優れもの。

乾燥に強いのもメリットです。

ただし、クリームが落ちにくく、少々面倒な点も。

ふき取りの場合は、こすり過ぎにも注意が必要です。

 

リキッドタイプ

クレンジングリキットは、界面活性剤を水に溶かしたようなもの。

オイル成分を避けたいなら、使ってみても良いですが…肌への負担は、大きめ。

油分を落とす力は大きくても、メイクが落ちにくいことから、肌だけ乾燥してしまいがち。

敏感肌の方や、肌荒れ中の人は避けましょう。

 

ジェルタイプ

クレンジング成分を、ジェル状にしたものが、クレンジングジェル。

ジェル内の成分は、商品によって異なります。

一番よくみられるのは、リキッドタイプを固めたもの。

リキッドタイプは、界面活性剤が多いのですが、ジェル状にした分、肌への負担が軽減されます。

そのため、オイル成分が、使えない肌質の方には、リキッドより、ジェルタイプがおすすめです。

また、最近では、肌に優しいクレンジングジェルといわれる商品も見かけます。

こちらは、界面活性剤の含有量を少なくし、洗浄力を抑えているといえます。

そのため、薄めのメイクで、オイル成分を使えない方は、洗浄力低めの低刺激なものを、選ぶと良いでしょう。

 

ミルクタイプ

乳液状のクレンジング。

クリームタイプ同様くらい、肌に優しいクレンジングです。

肌への負担は少ないですが、その分、洗浄力も低いので、メイク落ちもイマイチ。

濃いメイクには、不向きです。

メイクが落ちないからと、ゴシゴシこすっては、逆効果になりますよ。

洗いあがりが、しっとりするので、乾燥肌になりにくいのは、嬉しいですね。

クリームは面倒という方で、ナチュラルメイクの人に、おすすめです。

 

シートタイプ

最も手軽なクレンジング。

夜遅くなって、メイクを落とすのが面倒という方に人気です。

しかし、「拭くだけ」というメリットしかありません。

メイク落ちも悪く、こすった摩擦で肌が傷つくことも。

なにより、少量のクレンジングで、メイクを落とすためには、強力な界面活性剤が必要になります。

界面活性剤以外にも、アルコール成分のシートクレンジングもありますが、そちらも刺激大です。

肌荒れ部分に使用したら、しみて、痛いと感じるかもしれません。

全タイプの中で、一番避けたいクレンジングです。

どうしてもという場合以外は、避けましょう。

 

肌に優しいクレンジングの市販プチプラコスメの選び方

アイシャドウをなかなか落とせない女性

肌に優しくて、プチプラな、女性に優しいコスメのクレンジングは、いったいどれなのでしょうか?

ここでは、「カウブランド 無添加 メイク落としミルク」「ちふれ クレンジングオイル」「キュレル クレンジングジェル」「コラージュ クレンジングミルク」それぞれの成分や特徴を比較してみました。

これら4つのクレンジングは、どれも市販で購入可能なプチプラコスメです。

それぞれの特徴を比較して知ることができたら、すぐにお店にチェックにいけますね。

 

カウブランド 無添加 メイク落としミルク

デリケートなお肌のために作られた、ミルクタイプのクレンジング。

肌へ負担を軽減するための、無添加、低刺激処方。

アレルギーの原因となる、着色料・香料・防腐剤・品質安定剤にくわえ、鉱物油・アルコールも全てカットされています。

また、皮膚アレルギーテスト済なのはもちろん、刺激の少ない原料を厳選しています。

ただし、すべての方にアレルギーや皮膚刺激が起こらないというわけではありません。

洗浄成分は、肌への刺激の少ない、植物性アミノ酸系成分。

さらに、天然由来のセラミドが、含まれています。

天然由来のセラミドは、保湿力の高い成分。余分な負担をかけず、肌を乾燥から守ってくれます。

濡れた手や顔でも使えるのも、うれしいですね。

 

カウブランド 無添加 メイク落としミルクの成分

水、BG、トリイソステアリン酸PEG-20グリセリル、トリエチルヘキサノイン、セラミドNG、ステアリン酸 PEG-5グリセリル、(カプリル酸/カプリン酸)PEG-6グリセリズ、カルボマーNa、ヒドロキシエチルセルロース

 

ちふれ クレンジングオイル

濃いメイクでも、しっかり落とせる、オイルタイプのクレンジング。

マスカラなどにも、素早くなじんで、落としてくれます。顔や手が濡れていても、使用できます。

無添加のプチプラ化粧品として、有名なちふれ。

クレンジングも、無香料、無着色、ノンアルコールです。成分は、いたってシンプル。

オイルタイプなので、少々、合成活性剤の配合量は多めなので、乾燥肌向きではないですが、コスパは、かなり良いです。

 

ちふれ クレンジングオイルの成分

ミネラルオイル、イソステアリン酸PEG−8グリセリル、トリ(カプリル/カプリン酸)グリセリル、グリセリン、フェノキシエタノール、メチルパラベン、トコフェロール、水

 

キュレル クレンジングジェル

乾燥性敏感肌を考えた、ジェルタイプのクレンジング。

敏感肌の方なら、一度は手に取るコスメ、キュレル。

肌の必須成分、セラミドを守りつつ、すっきりとメイクを落としてくれます。

ジェルタイプなので、肌への摩擦を軽減。

肌なじみの良い、やわらかなジェルで、強くこすることなく、使用できます。

消炎剤(有効成分)配合で、肌荒れも防止。

弱酸性、無香料、無着色、アルコールフリー(エチルアルコール無添加)というのも、特徴ですね。

アレルギーテスト済みで、乾燥性敏感肌の方の協力によるパッチテストも行っています。

ただし、すべての方に、アレルギーや皮膚刺激が起こらないというわけではありません。

 

キュレル クレンジングジェルの成分

グリチルリチン酸2K、ソルビトール液、トリ(カプリル・カプリン酸)グリセリル、グリセリン、POEオクチルドデシルエーテル、精製水、流動イソパラフィン、シクロジメチコン、イソノナン酸イソノニル、BG、イソプロパノール、ジステアリルジモニウムクロリド、パラベン

 

コラージュ クレンジングミルク

敏感肌を考えた、ミルクタイプのクレンジング。

敏感肌用コスメとして、おなじみ、コラージュのクレンジングです。

肌のうるおいを残しつつ、メイクをきちんと、落としてくれます。ツッパリ感が気になる、乾燥肌の方にもおすすめ。

主成分は、植物性(アミノ酸系)保湿成分トリメチルグリシン(ベタイン)です。

もちろん、低刺激性、無香料、無色素、パッチテスト済ですよ。

ただし、すべての方に刺激がないわけではありません。

 

コラージュ クレンジングミルクの成分

水、エチルヘキサン酸セチル、BG、シクロペンタシロキサン、ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン、オレフィンオリゴマー、ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル、PEG-60水添ヒマシ油、(アクリル酸/アクリル酸アルキル(C10-30))コポリマー、メチルパラベン、水酸化K、カルボマー、ベタイン、EDTA-2Na

 

肌に優しいクレンジング方法の正しい手順

どんなに肌に優しいといわれる、クレンジングを選んでも、間違った使い方をしては、意味がありません。

そこで、肌に優しいクレンジング方法の手順をご紹介します。

  1. アイメイクは先に落とします。
  2. たっぷりの量のクレンジングを手に取って、指の腹で、少し温める。
  3. こすらないように肌になじませる。
  4. ぬるま湯で、しっかりすすぐ。

ポイントは、たっぷりのクレンジング剤で、短時間で落とすこと。

少量で、時間をかけていると、摩擦で肌を傷めてしまいます。

また、メイクの落とし残しは、老化のもとです。

肌の負担を少しでも軽減するためには、肌の厚いTゾーンから、クレンジングをのせ、頬へ。

最後に、皮膚の薄い、目元、口元になじませると良いでしょう。

肌に優しいクレンジと方法で、すべすべ美肌を目指しましょうね。

ライター紹介

PMS改善日記 編集部

PMS改善日記ロゴ160

「つまんないこと、バイバーイ。たのしいこと、ウェルカム!」
「PMS改善日記」は、PMSや生理痛をはじめとしたツラい悩みにお別れして、もっとステキで楽しい毎日を送りたいあなたを応援するwebマガジンです。

当編集部では、あなたの悩みの解決するお助けアイテムの紹介や、女子力を磨くライフスタイルの提案といった記事をまとめていきます!

Facebookページに「いいね!」の応援、よろしくお願いします!
https://www.facebook.com/pmsdiary/


 - スキンケア