PMS改善日記

*

PMS(生理前症候群)の便秘解消と低血糖状態にならない対策!

      2018/11/09

十六穀米のような食物繊維を多く含むものは、お腹が空きやすい

生理前は、便秘・空腹になりやすい

すべての人に当てはまるかどうかは断言できませんが、生理前・PMSの症状が出る時期は、便秘になりやすく尚且つお腹がよく空きます。

いつもと同じ量の食事をとっていても、いつもなら十分保つはずなのに、妙に消化が早くなり、お腹がグーグー鳴り出すことも珍しくありません。

(妊娠に備えて体が栄養を取り込もうとしている証拠なのでしょうか。。)

 

食物繊維を取りすぎると、低血糖になりやすい?

便秘解消のために食物繊維を意識して摂ろうと、先日十六穀米に変えました。

見た目は同じ量のご飯だとしても、食物繊維が多い=糖質(エネルギー源)が少ないということになるので、お腹が余計に空く気がします。

お腹が空くだけならまだしも、手足に力が入らなくなり、低血糖の症状が出始めます。(体が妙に重く感じたり、手足が痙攣したり、、)

お弁当に入れるご飯の体積はどうしても同じになるので、PMSの症状が出ている間だけ弁当箱のサイズを大きめにするという工夫も必要かもしれません。

 

関連記事 便秘の解消、美肌、ダイエットに効果的。雑穀ごはん(十六穀米)にするだけで大違い!

 

PMS緩和には、低タンパク質・高炭水化物?

PMSの症状緩和には「低」たんぱく「高」炭水化物がいい

タンパク質を摂取するとお腹が空きにくい、と聞いたことがあります。

実際に玉子が入った料理や肉類を食べた日は、お腹があまり空きません。

ということはおかずを肉類中心にすればいいの?と思ったのですが、PMSの症状緩和には「低」たんぱく「高」炭水化物がいいとのこと!

よくPMSを悪化させるものとして、炭水化物は挙げられるので、てっきり「高」たんぱく「低」炭水化物の方が、PMSにいいのかと思っていました。

どうやら同じ炭水化物と言っても種類があるようで、米やパスタ、穀物の炭水化物は食べても問題ないようです。

(まあ今までも炭水化物はよくないんだなと思いつつ、普通にごはんもパスタも食べていたので、大した問題ではないのですが。)

PMSの症状が出てお腹が空きやすい時期は、タンパク質のおかずというよりは、
ジャガイモなどの穀物を使ったおかずを持っていくようにした方がよいのかもしれません。

※後日、タンパク質には良質なものとそうでないものとあることがわかり、良質なタンパク質は摂っても問題ないことがわかりました。(わかったことの詳細は下のページで。)
関連記事 「低」たんぱく「高」炭水化物の食事とPMS、炭水化物とタンパク質の摂取量の関係

PMSについてはだいぶ詳しくなったつもりでしたが、まだまだわからないことだらけだなと実感しました。

タンパク質の摂り過ぎがよくないということは、豆腐や豆乳などの植物性タンパク質も摂り過ぎないようにした方がいいのでしょうか。

タンパク質も動物性と植物性とでまた違いがありそうなので、
また調べてみようと思います。

 

 


 - PMSと生理痛 by 田中みか