PMS改善日記

*

「月経困難症」ってどんな症状? 原因や改善方法は?

      2018/08/09

のぼせている女性

 

生理痛の、つらい症状に悩んでいませんか?

もし、その症状で、日常生活に困難を感じているなら、「月経困難症」かもしれません。

 

生理痛は、当たり前の症状ではないんです。

つらい痛みの原因には、重大な病気が潜んでいる可能性も。

「ただの生理痛」と思わず、痛みと向き合っていきましょう。

今回は、ツライ悩みの原因「月経困難症」について、まとめました。

 

月経困難症の治療方法や改善方法とは

月経困難症の改善方法

月経中、痛みや吐き気、頭痛やイライラといった精神的な症状で、日常性活に支障をきたす症状がある場合、月経困難症の可能性があります。

多くの女性が、月経中に、生理痛によって、何かしらの不快感が生じていると思います。

しかし、月経困難症の場合は、日常生活に支障をきたすほどの症状ですので、治療が必要です。

 

そんな、女性のツライ症状の治療法には、どんなものがあるのでしょうか?

 

月経困難症の原因には、大きく分けて、2種類あります。

ひとつは、子宮筋腫や子宮内膜のような病気が、原因となっている『器質性月経困難症』。

もうひとつは、ホルモンバランスの乱れなどが原因となり、他の病気を伴っていない『機能性月経困難症』です。

月経困難症の原因

器質性月経困難症の場合は、病気をともないますので、原因となる病気の治療が必要になります。

いすれにしても、不快な症状を軽減するための治療が、行われます。

 

鎮痛剤の処方

月経困難症の薬物療法とは、主に、鎮痛剤のこと。

非ステロイド抗炎症約と子宮収縮抑制剤です。

 

機能性月経困難症の場合、プロスタグランジンという物質が多く、子宮内膜で作られているといわれています。

このプロスタグランジンは、経血を体内に排出するための物質。

過剰に分泌されると、子宮の収縮が強くなるため、月経困難症の原因であり、痛みの原因となると考えられているのです。

 

そのため、処方される鎮痛薬には、プロスタグランジンの生成を抑制する、鎮痛剤が用いられることが多いようです。

これらの鎮痛剤は、痛みの原因となる物質に直接働きかけるので、即効性が高いのですが、持続性がないとも……。

 

また、強い痛みへの効果が弱いので、痛みが弱いうちに服用すると効果的です。

痛みを感じたら、早めに医師に相談すると良いですね。

 

低用量ピル・経口ホルモン剤の処方

鎮痛剤が効かない場合や月経過多をともなう場合は、ピルによるホルモン治療を使用することがあります。

経口ホルモン剤には2種の女性ホルモン(卵胞ホルモン・黄体ホルモン)を含む薬があり、EP配合剤と呼ばれます。

いわゆる、ピルです。

EP配合剤は、避妊や生理痛など、様々な目的で使用されます。

ピルは、避妊のイメージが強いかもしれないですが、

  • 避妊目的で作られた低用量ピル
  • 生理痛治療目的で作られたLEP

があります。

どちらも成分は似ていて、月経困難症の治療に用いられています。

欧米では、LEP剤が、月経困難症治療の第一選択薬になっているんですよ。

 

ピルには、女性ホルモンが配合されていて、服用することで、妊娠に近いホルモンバランスに。

月経困難症の原因となる、排卵を抑えます。

月経痛の症状が、持続的に軽減されるだけでなく、月経量を減らしたり、内膜症の進行を抑制することも期待できます。

将来の不妊対策としても、一役あるというわけです。

 

ちなみに、避妊目的のピルの処方は、自費診療ですが、月経困難症など、病気治療に対する処方は、保険適用になりますよ。

ただし、ピルは、避妊薬でもあるので、妊娠希望の場合、ピルを使えないので、医師に相談してみましょう。

 

漢方薬の処方

症状や体質などに応じた、漢方治療を用いることもあります。

漢方医学の視点では、月経困難症は、「血(けつ)」の異常が、原因と考えられています。

血液の滞りによる血行不良(お血)や、血液が不足している(血虚)などといった、血の異常を解消する漢方薬を用いて、月経困難症を改善していきます。

 

何らかの病気が原因の、器質性月経困難症の場合は、病気の治療と併用することもあります。

漢方治療の場合、血の異常に対する治療となるので、痛みをとるだけでなく、血によってもたらされた、さまざまな不快や不調も改善されることが期待されます。

月経困難症や月経痛には、以下の漢方薬が使用されています。

■月経困難症や月経痛に使用される漢方薬■
  • 桃核承気湯(とうかくじょうきとう)
  • 桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)
  • 当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)
  • 温経湯(うんけいとう)
  • 加味逍遥散(かみしょうようさん)
漢方は、症状以外にも、体質や体格など、個人に合った薬を選びます。

そのため、専門医による処方を受けましょう。

また、月経痛や月経困難症の場合、子宮筋腫や子宮内膜症などの病気が原因の場合もあるので、西洋治療としての、病院での検査や診察も行いましょう。

 

IUS

出産経験がある、40歳以上の方向けの方法です。

子宮内に小さな器具を装着し、黄体ホルモンを放出します。

装着することで、子宮内膜が厚くなるのを抑制し、プロスタグランジンの生産を減少させます。

 

本来は、避妊目的で作られた器具ですが、最近では、月経困難症や月経過多の治療にも利用できるようになりました。

器具が細くなって、出産未経験の方でも装着する人もいるようですが、子宮口の拡張が必要になることもあります。

出産経験のない場合は、ピルや漢方などの薬物治療が優先されます。

 

月経困難症ってそもそも何?月経困難症の原因

副作用を起こしている女性

 

ここまで、月経困難症の治療方法について説明しましたが、そもそも月経困難症とは?

生理痛とは違うの?原因は何?と疑問になった方もいるでしょう。

 

先に少し触れましたが、月経困難症は、月経に伴う不調が、日常生活に支障をきたしていて、治療が必要な症状です。

症状は、月経にともなう、腹痛、腰痛、頭痛、吐き気やお腹の張り、イライラや不安感などです。

生理痛のようですが、症状が重く、強く現れ、日常生活が困難になります。

 

月経困難症の判断は、医師によって判断されます。

ただ生理痛の症状が重たいだけでは、月経困難症とはいえません。

どれくらいの痛みや症状があって、日常生活にどの程度支障が出ているかで、判断されるのです。

 

複数の症状が、一度にくると、それだけ支障が出てきますよね。

例えば、起きているのも辛い、集中できない状態であれば、通勤、通学、家事が難しいと感じるでしょう。

また、イライラや不安感などの精神的症状が強ければ、周囲とのトラブルにも。

腹痛、下痢、嘔吐が強く出れば、食事もままならないですし、外出も難しくなりますね。

これらの症状が気になりだしたら、症状や程度、日数などを記録しておくと、医師の判断にも役立ちますよ。

 

器質性月経困難症とは?

器質性月経困難症とは、婦人科系の病気が原因によるものです。

子宮に起こる婦人科系の病気とは、子宮内膜症や子宮筋腫、子宮腺筋症、子宮奇形など。

30代以降の女性にみられることが多く、月経4~5日目や月経が終わった後にまで、鈍い痛みが続くことが多いといわれています。

月経困難症の原因となる病気を治療することで、症状も改善されることが多いとされています。

 

機能性月経困難症とは?

機能性月経困難症とは、子宮や卵巣に原因となる病気が見つからない場合を指します。

プロスタグランジンが、子宮内で多く作られてしまうことが、原因のひとつだと言われています。

しかし、プロスタグランジンが過剰に分泌される原因は、はっきりしていません。

また、子宮頚管の幅や自律神経の乱れなども、原因となっている可能性があります。

10代後半から20代前半の女性に多く、月経の初日から2日目に、特に症状が強くなるといわれています。

妊娠、出産によって、症状が改善することもあるようです。

 

PMS(月経前症候群)とPMDD(月経前不快気分障害)

PMSという言葉は、もうご存知ですよね。

月経困難症は、月経中の症状に対するものでした。

しかし、多くの女性が、月経前から、イライラや体の不調を感じています。

このような、月経前の不快な症状をPMS(月経前症候群)と呼びます。

さらに、精神的症状が強い場合を、PMDD(月経前不快気分症)と呼びます。

関連記事 PMSで精神的な症状が強く出る人はPMDD(月経前不快気分障害)の可能性もあり!?
月経は、基本的に28日周期。

その期間内には、月経、卵胞期、排卵、黄体期があります。

PMSは黄体期、月経1週間前くらいに起こります。

月経1週間前くらいに、イライラや不安感、お腹の張り、頭痛やむくみを感じて、生理がくるなと感じる方も多いはず。

これらの黄体期の症状が、PMS(月経前症候群)です。

PMDD(月経前不安気分症)の場合は、精神的な症状が強く現れます。

激しいうつ状態、絶望感、イライラや不安や、突然に涙が出る、激しい怒りが続く。

他にも、疲れや倦怠感、過食、過眠、不眠、体重増加などが、主な症状としてあげられます。

 

PMS・PMDDと月経困難症の関係

月経困難症は、PMSの後に、継続することが多いといわれています。

月経前に、イライラや不安感を感じていると、月経による腹痛や疲労感が、高まるのです。

PMSは、精神的なストレスが起因することも多く、機能性月経困難症と併発する可能性があるということです。

PMSも、ホルモン療法やピルで、ホルモンバランスを整えることやストレスの緩和で、改善していきます。

月経前でも、月経中でも、不調を感じたら、医師に相談に行きましょう。

放置したことで、症状が重症化する可能性もありますよ。

 

PMSの改善は、サプリでできる

PMSのようなホルモンバランスの乱れは、サプリで改善できます。

詳しくは、こちらの記事を参考にしてください。
関連記事

PMSサプリで、生理前のツラい症状や、イライラを緩和!

 

月経困難症は病気が原因かも?考えられる病気とは

月経困難症の原因の病気

 

器質性月経困難症の場合は、原因となる婦人科系の病気があります。

主な病気に、子宮内膜症、子宮筋腫、子宮腺筋症などが考えられます。

それでは、どのような病気なのでしょうか?

 

子宮内膜症とは?

子宮内膜症とは、子宮の内側にある内膜や組織が、子宮以外の卵巣や腹膜で、増殖、剝離を繰り返す病気です。

通常、子宮内膜は、月経として体外に排出されますが、子宮内膜症になると、腹腔内に残り、炎症や痛み、癒着の原因になります。

症状としては、ズキズキと耐えがたい痛みが続きます。

子宮内膜症の原因は、はっきりとはしていません。

20代~30代の女性に増加しており、生理のある女性なら、子宮内膜症になる可能性があるのです。

 

子宮筋腫とは?

子宮筋腫とは、子宮の筋肉に、硬いコブ状の腫瘍ができる病気です。

腫瘍といっても、悪性のことは稀で、ほとんどの場合は、良性です。

良性の腫瘍は、それ自体が生命を脅かすものではありません。

しかし、放置すると、巨大化することもあり、また、複数個できることが多いといわれています。

症状は、大きさや、腫瘍の場所によって異なります。

子宮の内側であれば、月経量の増加、月経外出血などの症状が強くなるといわれています。

逆に、外側の場合は、症状が出にくく、自覚症状がないために気づかない人もいるほど。

原因は、はっきりせず、40歳以上の女性の4人に1人に筋腫があるといわれています。

20~30代の女性に多くみられますが、若い人がかかると、不妊や流産しやすくなるといった問題があります。

 

子宮腺筋症とは?

子宮内膜症とは、子宮内膜の組織が、筋肉層である子宮筋層で、増殖と剝離を繰り返す病気です。

月経のたびに、子宮筋層にできた組織が、増殖し広がり、子宮筋層が厚くなっていきます。

炎症や腫れが広がるため、月経痛、月経過多、出血日が長く続くなどの症状を引き起こすのです。

子宮内膜症にも似ていますが、子宮以外に子宮内膜のような組織ができるのが、子宮内膜症。

子宮内膜の組織が、子宮筋層内に入り込むのが、子宮腺筋症です。

30代後半~40代の女性に多くみられます。

 

月経困難症は妊娠しやすさや不妊に関係がある?

赤ちゃんの小さな手と母親の手

 

月経困難症のような難しい名前を聞くと、不妊の原因になるのでは?と考える人もいるでしょう。

しかし、月経困難症でも妊娠、出産をしている女性はいます。

 

機能性月経困難症の場合、病気を併発していないこともあり、月経困難症が、不妊の原因と言い切ることはできません。

 

子宮内膜症の場合でも、妊娠や出産の経験をすることで、症状が改善することがあります。

ただし、不妊治療中の女性の約15%に、子宮内膜症があり、妊娠しにくい傾向があるといわれています。

 

子宮筋腫の場合、腫瘍によって、子宮の形が変形し、着床しにくくなり、妊娠の条件が悪くなるとこも。

不妊の方で、筋腫を取り除くことで、妊娠、出産をされている人がいるのも事実です。

ただ、子宮筋腫があるといっても、筋腫を持ったまま妊娠する人もいます。

 

確かに、月経困難症の人は、そうでない人に比べると、妊娠しにくい可能性があるかもしれません。

しかし、過剰に心配しすぎると、心身ともに負担となり、症状を悪化させたり、妊娠しにくい状況を作ることになりかねません。

月経困難症かも?と感じたら、早めに医師に相談し、治療を受けるようにしましょう。

妊娠には、ストレスを溜めないことや、自身の体調管理が重要ですよ。

ライター紹介

PMS改善日記 編集部

PMS改善日記ロゴ160

「つまんないこと、バイバーイ。たのしいこと、ウェルカム!」
「PMS改善日記」は、PMSや生理痛をはじめとしたツラい悩みにお別れして、もっとステキで楽しい毎日を送りたいあなたを応援するwebマガジンです。

当編集部では、あなたの悩みの解決するお助けアイテムの紹介や、女子力を磨くライフスタイルの提案といった記事をまとめていきます!

Facebookページに「いいね!」の応援、よろしくお願いします!
https://www.facebook.com/pmsdiary/


 - PMSと生理痛 by 田中みか