PMS改善日記

*

その動悸、PMSかも? 生理前に動悸、息切れが起こる原因と対処法

      2017/06/21

こんにちは、田中みかです。

突然ですが、あなたは、生理前やPMS(生理前症候群)の時期になると、動悸が起こりやすくなったりしませんか?

実は、生理前になると、動悸が起こりやすいという方はかなりいて、わたしも、そのうちの一人なのです。

この、動悸が起こるという症状も、実は、PMSの症状の1つといわれています。

PMSとは、生理のおよそ2週間前から起こる女性特有の症状で、イライラ、だるい、頭痛、腹痛、胸の張りなど、さまざまなココロとカラダの不調があります。

PMSのときに限ったことではありませんが、何か失敗をしたり、焦ったりすると、心臓がドキドキして体が熱くなり、冷や汗をかいたりすることがあります。

動悸を感じているときは、落ち着かずに、そわそわしてしまいますよね。

仕事中であれば、なんとなく集中できなくなって、意味のないことを繰り返すことも珍しくないです。

動悸について知れば、その症状から早く脱する方法や、予防策が見つかるかもしれません。

そこで、今回は、PMSで動悸が起こる原因と対処法、対策についてまとめてみました。
 

動悸ってなに?

 
pms_動悸_1
 
そもそも、動悸とは、どういう状態なのかというと、心臓がどきどきしているのを、自分自身が感じる状態を指します。

普段から、心臓は、ずっと脈を打っているはずなのに、意識することは少ないですよね?

この心臓の動きが、妙に意識されてしまって、不快感や不安感を覚えることを、「動悸がする」と表現します。
 

動悸が起こっている時の体の状態

 
PMS_動悸_体の状態
 
動悸が起こっているときは、交感神経が刺激されて、興奮状態になっています。

動悸が起こっているときの体の状態は、筋肉が収縮し、脈が速くなり、血圧上昇、呼吸が浅くなるなどの症状が表れます。

よく、動悸と息切れは、セットで挙げられますが、それは、どちらも、交感神経の作用によるものだからです。
 

動悸が起こる原因は?

 
PMS_動悸_原因
 

動悸が起こるのは、次のような状況にあるときです。
 

動悸が起こる状況
  • 体をたくさん動かしたとき
  • 緊張したとき
  • 不安に感じたとき
  • 感情的になるなど、興奮状態にあるとき
  • カフェインやアルコールを摂取したとき
 

体をたくさん動かせば、エネルギーを使うため、酸素を体に送り込もうとします。

そのため、呼吸は浅くなるし、動悸も激しくなります。

緊張したときや、不安に感じたときなどは、PMSでも起こりやすい症状です。

カフェインや、アルコールを摂取したときは、交感神経が刺激されます。

特に、アルコールに弱い方だと、動悸が顕著に表れることも、珍しくありません。

これ以外に、更年期障害など、自律神経そのものが乱れているために起こる場合もあります。

また、心筋症や乳腺症など、動悸が起こる病気もあります。

PMSが起こる時期を過ぎても、動悸が治まらない、動悸が激しすぎて、日常生活に支障が出るなどの場合は、病気の可能性を考えて、病院を受診しましょう。

その場合は、心臓や血管に関する疾患の可能性があるため、心臓内科や、循環器内科などに行くとよいでしょう。
 

PMSで起こる動悸の原因

 
PMS_動悸_PMS動悸の原因
 
PMSで動悸が起こるのは、下記のように、いくつかの原因が考えられます。
 

PMSで動悸が起こる原因
  • 自律神経が乱れて、動悸が起こりやすくなっている
  • 鉄分が不足している
  • セロトニンの分泌量低下によって、不安感やイライラなどを感じやすくなっている

 

自律神経の乱れ

PMSの、そもそもの原因として考えられているものの一つに、自律神経の乱れがあります。

PMSの時期には、更年期障害と似た症状が表れることも、PMSと更年期障害が、一まとめにして語られる理由の一つです。

自律神経の切り替えがうまくいかず、交感神経がたかぶりやすくなると、動悸や息切れといった症状が起こります。
 

鉄分不足

鉄分不足による、鉄欠乏性貧血などの症状は、PMSの原因となるといわれており、動悸を引き起こしやすくなる原因の一つです。

鉄分は、体に酸素を送るために必要な栄養素といわれます。

貧血状態だと、酸素を一度にたくさん運ぶことができないため、心臓が激しく動き、体に酸素を届けようと頑張ります。

これが、動悸につながるのです。
 

セロトニン分泌量の低下

PMSの時期は、セロトニンの分泌量が低下します。

セロトニンは、ハッピーホルモンともいわれており、精神の安定に欠かせないホルモンです。

この、セロトニンの分泌量が低下することで、不安や緊張を感じやすくなり、動悸が起こりやすくなります。
 

動悸が起こったときの対処法

動悸が起こったときは、とにかく、安静が一番です。

可能であれば、横になって、静かなところで過ごしましょう。

緊張状態から解放されれば、自然と動悸は収まるため、リラックスすることを心掛けてください。

動悸が続くと、目眩などを引き起こすこともあるので、とにかく、無理は禁物です。

あまりにも不安感が強い場合は、抗不安剤など、薬で治療をすることもできます。
 

PMSで起こる動悸を防ぐには

 
pms_動悸_PMS・動悸改善
 
PMSで起こる動悸を防ぐには、PMSの改善が急務です。

PMSの原因と考えられる、鉄分不足の改善を意識した食生活に変えたり、サプリメントなどを活用してみましょう。

そのほか、生活習慣を見直し、生活リズムを改善することなども効果的です。

ホルモンバランスを一定にするピルを服用することで、動悸をはじめとしたPMS症状から解放されることもあります。

最近では、「PMSレス注射」といって、ビタミンとトリプトファンが配合された、PMS症状を改善してくれる注射があるようです。

PMSレス注射には、即効性が期待でき、3日~4日程度の持続は見込めるとのことです。

費用は、3,000円程度なので、一度試してみるのもよいかもしれませんね。

 
関連記事 幸せホルモン「セロトニン」のもとになる『トリプトファン』を摂取できる食品
 

PMSと動悸について~まとめ~

  • PMSで動悸が起こるのは自律神経の乱れ、鉄分不足、セロトニンの分泌量低下などが考えられる
  • 動悸が起こった場合は安静にし、リラックスするように努める
  • PMS改善のために鉄分不足を解消する、ピルなどの服用、PMS注射などのトリプトファンを取り入れた治療法などが有効
 

関連記事 PMSの改善にもつながる?自律神経を整える生活
 


 - PMSと生理痛 by 田中みか