PMS改善日記

*

これってPMS?排卵前・後の不調~排卵日前後の不調の正体

      2017/07/20

af3592785ed74b1c0bd15114700a9279_s

こんにちは、田中みかです。

あなたは、排卵前や、排卵日に不調を感じることはありませんか?

実は、わたしも、排卵前なのに、PMS(月経前症候群)のような不調を感じることがあるんです。

これは、PMSなのでしょうか?

原因がわからない不調は、とても恐いし、不安になりますよね。

今回は、そんな不安を解消するべく、PMSと排卵日前後の不調について、まとめてみました。
 

PMSの症状が表れる期間

もう繰り返しいわれていることなので、復習のようなものですが、PMSの起こる時期は、生理前の1週間から2週間前にかけてが多いといわれています。

これは、20日~28日周期で、生理が来る人が多いために、そういわれるのですが、その人の生理周期によっても変わるため、一概に、いつからと断定できないものです。
 

そもそも排卵とは

PMS_排卵前_子宮
 
さも当たり前のように、排卵という言葉を使っていましたが、ぼんやりとしたイメージしか浮かばなかったので、排卵についてもまとめてみたいと思います。

子宮は、下記のような組織からできています。
 

子宮を構成する組織
  • 子宮内膜
  • 卵管
  • 卵巣(卵胞を育てる場所)
 

卵胞は、卵子を育てる袋状の細胞のことをいいます。

排卵は、卵巣で育てられた卵胞が、卵子を放出することをいうそうです。
 

排卵日はいつ

PMS_排卵前_排卵日
 
PMSの症状が出始める2週間前というのは、ちょうど排卵日に当たることが多く、排卵前と後で、ホルモンバランスが変化し、PMSの症状が起こります。

人によって、排卵があったことが明確にわかる場合もありますが、多くの場合は、排卵があっても、無自覚であることがほとんどです。

排卵がない状態で生理が起こる「無排卵月経」という症状もあり、妊娠を希望するまで、無排卵であることを知らなかったという人も、めずらしくありません。
 

排卵前と排卵後に起こる変化

排卵前と排卵後では、体にどのような変化が起こるのでしょうか?
 

おりものの変化

排卵前と排卵後に起こる体調の変化で、わかりやすいのは、おりものの変化です。

おりものの量は、生理中がもっとも少なく、生理が終わると、徐々に、量が増えていきます。

最初のうちは、おりものの粘度が、ほどほどにある状態です。

排卵前になると、徐々に、さらさらとした粘度の低い状態に変化し、おりものの量は、一番多くなります。

排卵後は、再び、おりものの粘度が強くなってきますが、少し量が減り、生理直前なると、再び量が増えます。

おりものの量や質に、変化があらわれるのは、排卵している目安になります。

そのため、煩わしいおりものではありますが、ホルモンが働いている証拠ともいえます。

おりものの色は、白濁だったり、透明だったりと、ホルモンバランスによって変化しますが、個人差が大きいです。

排卵日付近や生理後は、血が混じった茶褐色のおりものが出ることがあります。
 

ホルモンバランスの変化

女性ホルモンは、約1カ月の周期で、変化を繰り返しています。

排卵前と後では、ホルモンバランスに、変化が生じます。

排卵日前後は、ちょうど、ホルモン量が変化する時期になるため、イライラや頭痛などの不調を感じやすくなるのです。
 

エストロゲン過剰

生理終了後から排卵期の間にかけて、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量が増加していきます。

このときは、女性によって、調子が良いといわれることが多いです。

しかし、どのホルモンでも同様ですが、多く分泌されすぎても、かえって体に不調をもたらします。

エストロゲンの過剰分泌は、子宮がんや乳がんなどの、がんの原因になるといわれていたり、ひどい生理痛を引き起こすといわれています。
 

排卵前・後に起こる症状

PMS_排卵前_排卵日の不調
 

排卵前

排卵痛

排卵が近付くごとに、チクチク、ズキズキとした痛みや、引っ張られるような痛みが数日間続き、左右の下腹付近や、子宮全体が痛みます。

痛みが現れる場所も、個人差があるようです。

生理痛とは違い、重だるさのようなものは感じませんが、生活に負担を感じる痛みではあります。

この記事を書いているとき、タイムリーに、下腹部が痛みだしたのですが、思わず顔がしかめ面になる程度には痛かったです。

排卵があっても、痛みを感じない人もいるので、排卵痛を感じたことがなくても、心配する必要はありません。

むしろ、痛みがないほうがよいですよね。
 

排卵出血

PMS_排卵前_排卵出血
 
排卵は、卵胞が、卵子を放出するために破けることで起こります。

そのときに、血が出るため、排卵出血、すなわち、中間出血が起こります。

2,3日程度で血液は出なくなり、通常のおりものに戻ります。

わたしも、一度だけ排卵出血を経験し、心配になって、婦人科に行きました。

おりもの検査や、エコー検査を行いましたが、結局、原因は分からず、排卵出血だろうという診断をされました。

それ以来、排卵出血は起こっておらず、排卵痛も軽くなってきています。

排卵出血が起こった時期は、命の母ホワイトを試したり、PMSに効くといわれているスパイスやハーブを試していました。

それが原因で、ホルモンバランスに影響があったのではないかと思っています。

そのせいか、このときだけ、生理が妙に遅れました。
 

頭痛

排卵前から排卵日にかけて、頭痛が起こることがあります。

わたしも、過去の記録を見返してみたのですが、排卵日付近に、頭痛を感じていたことがわかりました。
 

下腹部痛

排卵前に起こるなら、排卵痛、生理直前に起こるなら、PMSの症状だといえそうです。
 

排卵後

PMS症状

排卵後に、徐々に、PMSの症状があらわれ始めます。
 

対処法

ピル

排卵前のトラブルや、PMSの症状は、いずれも、ホルモンバランスの変化によって生じます。

ピルを服用することで、排卵を止めることができるので、排卵痛や、排卵出血の症状を改善することができ、生理前のPMS症状も緩和されます。

ピルには休薬期間があるので、その期間に、排卵が起こります。

ピルを服用したからといって、卵子が育たなくなるというわけではありません。

 
関連記事 ピルを使ってPMSを改善する低用量ピルについて
 

体を冷やさない

体を冷やしてしまうと、排卵痛や生理痛を悪化させる可能性があります。

排卵前~生理中は、体を冷やさないように心がけましょう。
 

まとめ

  • 排卵前には、排卵痛・排卵出血・頭痛などの不調が現れることがある
  • 排卵前なら排卵に伴う不調、排卵後ならPMS(それを判断するためには排卵日の把握が必要)
 


 - PMSと生理痛 by 田中みか