PMS改善日記

*

PMSの対処法がホルモン検査でわかる?ホルモンについて知ろう

      2017/06/27

こんにちは、田中みかです。

突然ですが、あなたは、PMS(月経前症候群)の対処法が、ホルモンバランスの検査によってわかることを知っていますか?

PMSとは、生理のおよそ3日から10日ほど前から起こる、心やカラダのさまざまな不調で、ホルモンバランスの乱れが主な原因といわれます。

PMSに関連するものとして、エストロゲン、プロゲステロンという言葉が、よく出てきます。これらは、両方とも、女性ホルモンの1種です。

ホルモン検査とは、不妊治療や生理不順の原因を見つけたり、更年期かどうか調べたりするのに用いられるようです。

ホルモンという言葉を聞くと、PMSの治療のために、ホルモン剤であるピルを使うとか、そんなイメージがあると思います。

でも、ホルモン検査によって、自分のホルモンの状態や、PMSの対処法がわかるということは、わたしも、最近知りました。

ホルモン検査は、別段珍しい検査ではないようですが、一般的な認知度は、まだまだ低いようです。

そこで、今回は、ホルモンについてや検査方法、検査が出来る病院など、いろいろまとめてみました。
 

PMSとホルモン

 
PMS_ホルモン検査_1
 
「ホルモンバランスが乱れているから、PMSの症状が出る」とはいっても、具体的にホルモンの量がどうなっているのか、確かめる術は、一般人にはありません。

PMSにも下記のようなタイプがあります。
 

PMSのタイプ
  • 高エストロゲン・低プロゲステロンタイプのPMS(生理が重く、イライラ、不安などの症状が出る。ビタミンEの摂取が有効)
  • 高エストロゲン・高プロゲステロンタイプのPMS(むくみの症状や体重の増加、乳房の張りの症状が出る。ビタミンCの摂取有効)
  • 低エストロゲン・高プロゲステロンタイプのPMS(精神的な症状が強い、カリウムなどのミネラルの摂取が有効)
 

ホルモンバランスの乱れ方によって、PMSの症状にも違いがあり、PMS緩和の方法も、また違ってきます。

自己判断では、誤った対処法で、PMSの症状悪化を招く可能性もあります。

生活習慣を整えたり、食事を変えたり、PMS対策をしているのに、あまり効果が得られないという方も、少なくないと思います。

ホルモン検査をすることで、PMS対策の参考になることがあるかもしれません。
 

ホルモンの種類

 
PMS_ホルモン検査
 

エストロゲン(卵胞ホルモン)

エストロゲンは、女性らしさを体現するのに不可欠なホルモンです。

生理周期でいえば、生理が終わって、排卵日までの間に分泌されるホルモンです。

エストロゲンが優位に分泌されているときは、一般的に、体や肌、精神状態ともに、調子がよい時期になります。

過剰分泌されていても、また調子が悪くなるので、何ともいえませんが。

エストロゲン(pg/ml)
卵胞期 13~70
排卵期 70~240
黄体期 70~160
閉経期 10以下

 

プロゲステロン(黄体ホルモン)

プロゲステロンは、PMSの時期に、優位に分泌されるホルモンで、体温を上昇させたり、むくみの症状が出たりする原因のホルモンです。

妊娠に備えて、体を整えるホルモンといわれています。

プロゲステロンが過剰に分泌されている場合も、PMSの症状悪化を招きます。

プロゲステロン(ng/ml)
卵胞期 1以下
排卵期 1以下
黄体期 5~30
閉経期 1以下

 

卵胞刺激ホルモン(FSH)

卵胞刺激ホルモンは、脳下垂体から分泌される性腺刺激ホルモンの1種で、卵胞を排卵にできるように育てるホルモンです。

FSH(MIU/ml)
卵胞期 5.2~14.4
排卵期 5.6~14.8
黄体期 2.0~8.4
閉経期 26.2~113.3

 

黄体形成ホルモン(LH)

黄体形成ホルモンは、FSH同様、脳下垂体から分泌される性腺刺激ホルモンの1つで、排卵を促し、排卵後に卵胞の黄体化をさせる作用をもつホルモンです。

エストロゲンやプロゲステロンの分泌にも、影響を与えます。

LH(MIU/ml)
卵胞期 1.8~7.0
排卵期 5.6~34.9
黄体期 1.0~7.8
閉経期 6.7~38.0

 

アンチミューラリアンホルモン(AMH)

アンチミューラリアンホルモンは、発育中の卵胞から分泌されるホルモンで、AMHの数値が高いほど、卵巣の中に卵胞がたくさんあるとされています。

卵胞の数は、加齢によって変化していきます。
 

プロラクチン

プロラクチンは、出産後の授乳期に分泌されるホルモンで、母乳を出すように指令を出します。

授乳期間中に、新たな妊娠をしないように、排卵を抑制する作用も持っています。

排卵を抑制してしまうので、授乳期ではないのに、プロラクチンの数値が高いと、不妊の原因になったり、生理不順や流産を起こしたりします。

無排卵月経や、乳頭から体液の分泌がある場合、高プロラクチン血症の可能性があります。

プロラクチンの正常値は、15ng/ml以下だそうです。
 

ホルモン検査でわかること

エストロゲン

卵巣の機能状況、更年期、閉経しているかどうかを判断することができます。
 

プロゲステロン

黄体機能不全等、不妊の原因を調べることができます。
 

卵胞刺激ホルモンと黄体形成ホルモン

月経異常、不妊症、プレ更年期、更年期かどうかを調べることができます。

また、視床下部、脳下垂体や性腺機能が正常に働いているかどうかがわかります。

卵胞刺激ホルモンの数値は、卵巣年齢のチェック、黄体形成ホルモンの検査は、排卵日を予測するのにも使われるそうです。
 

プロラクチン

乳房の張り、乳頭から体液が出る、無月経、月経異常、不妊などの原因を確かめることができます。
 

アンチミューラリアンホルモン

卵巣年齢を調べるときに用いられ、不妊治療のために行ないます。
 

ホルモン検査の方法

 
PMS_ホルモン検査_3
 
女性のホルモンバランスは、1ヶ月のうちに変化が大きいので、いつでもどれでも、好きなホルモンについて調べられるというわけではありません。

ですが、検査するホルモンの種類に限らず、検査方法は以下の2通りです。

  • 血液検査
  • 尿検査

ホルモン検査そのものは、血液を採取して行います。

更年期や妊娠しているときの場合は、尿検査を行うこともあるようです。

妊娠時のときは、尿蛋白の数値や、エリトリオールというエストロゲンの一種であるホルモンの数値を調べて、胎児や胎盤の状態を確認するときに行うそうです。

思えば、妊娠検査薬も尿を使った検査なので、いわれてみれば納得です。
 

ホルモン検査が出来る医療機関

ホルモン検査は、婦人科でしてもらうことができます。

または、大学病院などでも可能です。

とはいえ、行く前に、「ホルモン検査がしたい」という旨を伝えて、検査が可能かどうか確認してみると安心です。

費用は、検査するホルモンの種類によって異なりますが、5000円程度で収まるとみてよいでしょう。

受診する医療機関によっては、検査が保険適用にならない場合もあるそうですので、その点も、事前に問い合わせると確実です。

診療時間は、さほどかからず、30分程度で結果がわかるそうなので、婦人科の検診に行くよりは、よっぽど気軽かもしれませんね。

 
関連記事 ホルモンを整えてくれるドライフィグ(乾燥イチジク)
関連記事 豆乳は、ホルモンバランスを整えるから、PMS改善にも効果あり!
関連記事 ホルモンバランスを整えるレシピを実践してみた(アボカド×卵×キムチ)
 


 - PMSと生理痛 by 田中みか