PMS改善日記

*

PMSの吹き出物で悩んでいるなら読んでみて。原因と対策まとめ

   

PMS(月経前症候群・生理前症候群)に悩む皆さん、こんにちは。

同じくPMSに悩む田中みかです。

みなさんはPMSの症状でニキビや吹き出物はできますか?

私はここ最近、ニキビや吹き出物の症状は落ち着いていて、できても本当に小さな白ニキビくらいだったのですが、転職して忙しすぎて疲れているのか、肌のザラつきが目立ち、顎に大きな治りにくい憎きストレスニキビができてしまいました。

あと、湿疹が度々出ているので、ステロイド系の塗り薬を使っているのですが、その影響で周辺の皮膚の免疫力が下がったようで、そこにもニキビが出来てなかなか治らない状態です。

ニキビや吹き出物があるというだけで、気分が沈んでしまう繊細な乙女心。

しかも年齢的に肌のターンオーバー期間も伸びてきているし、治りが悪い。

ニキビや吹き出物がある自分の顔を見るだけで、がっかりしてしまうことも多いものなので、少しでも気分を上げるためにはニキビや吹き出物はなるべくできないようにしたいものです。

今回はPMSのときにできる吹き出物について原因や対策についてまとめたいと思います。

PMSでできるニキビ・吹き出物

いきなり余談から入りますが、ニキビと吹き出物という言葉を上でも度々使っています。

これには私個人的な複雑な心情が隠れているわけですが、ニキビと吹き出物は本来同じできものです。

ニキビは、尋常性挫創(じんじょうせいざそう)という皮膚の病気で、毛穴に皮脂が溜まってできます。

白ニキビ・面皰(コメド)

pms_吹き出物1

出来始めは古い角質が各線となり、毛穴をふさぎ、「面皰(めんぽう)」が出来ます。

面皰はコメドとも言われていて、肌のざらつきの原因になったりします。

この状態だとまだ赤くはなっていないので、見た目ではそこまで気にならないかもしれません。

いわゆる白ニキビというやつですね。

赤ニキビ(紅色丘疹・嚢胞)

pms_吹き出物2

この面皰が悪化して炎症を起こすと私たちが普段悩まされている赤いニキビ・吹き出物になります。

炎症だけでなく、膿がたまることもあり、手が当たったりして痛みを伴うこともあります。

黄ニキビ(硬結・嚢腫)

pms_吹き出物3

さらにこのニキビが悪化してしまうと、皮膚の内側で膿がたまり、凹凸のあるニキビ跡ができてしまうことがあるようです。

(お笑い芸人のブラックマヨネーズ吉田みたいな肌ってことですね。)

で、ニキビと吹き出物は同じものなのですが、一般的に10代の頃まではニキビ、20代以降になると吹き出物と言われることが多いようですね。

最近では大人ニキビなんて言われ方もするので、吹き出物という言葉もあまり聞かれなくなった気がしますが、、、。

(30代女性のことをオトナ女子などというようになった影響でしょうか。)

PMS前のニキビ・吹き出物の原因

pms_吹き出物4

10代のころにできるいわゆる思春期ニキビは性ホルモンの分泌が活発になり、皮脂の分泌が過剰になってできやすくなります。

10代の頃はあぶらとり紙を持っている子がすごく多かったような気がします。

社会人になってからはあぶらとり紙を持っている人って割と珍しい気がしますが、どうでしょうか?

PMS前にできるニキビや吹き出物の原因はいろいろな原因が隠れています。

  • ホルモンバランスの乱れ
  • 便秘
  • バリア機能の低下
  • 乾燥肌
  • 不規則な生活

また、肌にあったスキンケアが出来ていないこともPMS前のニキビや吹き出物の原因になります。

ホルモンバランスの乱れ

PMSの原因でもあるホルモンバランスの乱れはニキビや吹き出物にも直結しています。

私の場合ですが、排卵日が近づくと肌が油っぽくなる傾向があります。

そのせいもあって、排卵日付近は化粧崩れが激しいです。

一般的にPMSの時期になるとニキビが増えると言われますが、それはプロゲステロンの影響のようです。

プロゲステロンは男性ホルモンに似た作用を持っていて、皮脂の分泌を過剰にするとのことなので、生理前になるとPMSの症状としてニキビや吹き出物が出来やすくなります。

ホルモンバランスは生理の前もそうですが、ストレスや不規則な生活によっても乱れてしまうので、生理前に絶対ニキビが出来やすくなるということではないので、普段から気をつけておく必要があります。

便秘

便秘はPMSの症状のうちの一つです。

しかし、便秘が起こる原因はPMSだけではありません。

便秘は食生活が乱れてしまったり、ストレスがあったりしても起こります。

最近でいうと、私は帰宅時間が遅くなって、夜ご飯が食べられなくなったため、頻繁に便秘を起こすようになってしまいました。

きちんと3食食べられないことがこれほど便秘に直接的な影響を与えるとはびっくりしました。

便秘になると、古い便がずっと腸の中に留まった状態になり、そこから不要なものまで体内に吸収されてしまいます。

本来は体外に出て行くはずだったものが、吸収されてしまい、肌にもニキビや吹き出物といった形で悪影響を与えるようです。

便秘になるとお尻も切れやすくなるし、気分もすっきりしないので、便秘を起こさないような生活を心がけることが大切です。

バリア機能の低下

PMSの時期になると普段使っている化粧水が合わなくなるなどの経験がありませんか?

それは肌が普段より敏感な状態になっている証拠です。

肌のバリア機能が低下すると肌の常在菌が繁殖しやすくなり、ニキビや吹き出物の原因菌も増殖します。

肌のバリア機能の低下は生理前に限った話ではなく、上で書いたようにステロイドの薬などを使用した場合も機能低下につながります。

肌が敏感だなと感じるときは低刺激性の基礎化粧品に替えるなど工夫が大切です。

乾燥肌

バリア機能の低下と共通して、生理前になると肌が乾燥するという人も多いようです。

元々乾燥肌の人の場合は、そもそも皮膚のバリア機能が低下している可能性もあるので、乾燥肌向けの基礎化粧品や敏感肌用のものを使うのがおすすめです。

乾燥肌をほうっておくと、ニキビや吹き出物だけでなく、しわなどの原因にもなるので、早めの対策が必要です。

不規則な生活

不規則な生活はPMSの症状悪化や自律神経の乱れに繋がります。

結果としてニキビが出来やすくなるので、なるべく規則的な生活を送るように心がけましょう。

ニキビや吹き出物ができたら

ニキビや吹き出物が出来た時、病院に行くのは大げさすぎると思っていませんか?

小さなものが2、3つできたくらいであれば確かに大げさかもしれませんが、顔全体にニキビが急激に増えた!なんて場合は皮膚科受診をおすすめします。

ニキビや吹き出物の治療薬

病院で処方してもらえるニキビや吹き出物の治療薬にもいろいろあります。

  • アダパレン
  • 過酸化ベンゾイル
  • 抗菌薬

などです。

ニキビや吹き出物の治療薬は肌の表面に直接つける塗り薬が主体ですが、抗菌薬については飲み薬と塗り薬の両方が処方されることがあります。

いずれも作用は毛穴の詰まりを取り除く、菌の増殖を抑える、炎症を抑えるなどです。

また、面皰の発生を抑えるためにアダパレンや過酸化ベンゾイルが用いられることもあります。

ニキビや吹き出物があるときのメイク

pms_吹き出物5

(画像は虎の門病院皮膚科 林伸和先生監修の「ニキビができてしまったら」※フリーペーパー)

ニキビや吹き出物があるときはメイクで隠したいような気もするし、悪化するのがわかっているのでメイクをサボりたい気持ちにもなります。

しかし、仕事にノーメイクで行くのは社会人としてどうなのかと悩んで結局ニキビや吹き出物を隠すようにメイクして会社に行くことがしばしば。

結論から言うと、ニキビや吹き出物があるときでもメイクを絶対にしてはいけないということではないようです。

ただメイクをすると毛穴を塞いでしまうことに違いないため、ニキビ悪化の原因になります。

そのため、帰宅したらすぐにメイクを落とすことが大切なのだそうです。

また、化粧品はニキビの原因になりにくいノンコメドジェニック化粧品を選ぶと安心です。

(まあ、ノンコメドジェニックの化粧品でもニキビができることはあるので、絶対できないとは言えませんが)

ニキビや吹き出物を目立たなくするメイクテクニック

ニキビがあるときに普段通りに化粧をしようとすると、ニキビを隠したくてついつい厚塗りしてしまうことがありますが、それはニキビ悪化の原因になるので、避けるのがおすすめです。

コントロールカラー

ニキビを隠したいときはコントロールカラーを使って、ニキビや吹き出物で炎症した肌を目立たなく見せると厚塗りを避けることが出来ます。

赤ニキビには

赤ニキビの色を目立たなくしたい場合はグリーン系の化粧下地、フェイスパウダーを使用すると目立ちにくくなります。

色素沈着には

ニキビ跡などの色素沈着が気になる場合はイエロー系の化粧下地やフェイスパウダーを使うと褐色が目だたくなる特徴があります。

あくまで目立たなくなるというだけで、完全に隠れるわけではないので、そこは頭に入れておいてください。

コンシーラーなどで毛穴を塞いでしまうとニキビを悪化させ、治りが悪くなるリスクがあがってしまうので、注意です。

ポイントメイクで視線を逸らす

目元や口元に注目を集めて、ニキビや吹き出物を目立ちにくくするというテクニックです。

ニキビができてしまったときはいつもより濃い目のアイメイクに挑戦したり、口元に気を使ってみたりするとよいそう。

自分でも肌にばかり気を取られていると気分が沈みがちになりますが、アイメイクを丁寧にすることで自分自身の気も反らせるのではないかと思います。

ニキビや吹き出物を悪化させないために

pms_吹き出物6

PMSの時にはどうしてもニキビが出来やすくなりますが、できてしまったら悪化させずに速やかに治すよう生活を見直してみてください。

もちろん、基本のスキンケアを徹底して、すぐにメイクを落とす、洗顔をするなども大切です。

また、日焼けをすると皮膚が刺激に弱くなるので、紫外線対策にも気を配りましょう。

その他、ニキビができてしまったときは以下の点に気をつけるとよいそうです。

髪の毛が触れないようにする

ニキビや吹き出物に髪が触れると刺激になり悪化してしまうことがあるよう。

なるべく髪がふれないように自宅などでは髪の毛をまとめるなどをおすすめします。

睡眠をしっかり取る

睡眠不足は美肌の大敵です。

睡眠不足はニキビや吹き出物を悪化させる原因にもなるので、しっかり睡眠を取りましょう。

ストレスをためない

ストレスや疲れがたまるとニキビが出来やすくなります。

一日の中でリラックスする時間を設けて、日々のストレスや疲れをきちんと取り除くのが大切です。

まとめ

  • PMSの時期にニキビができるのはホルモンバランスの変化や便秘、肌のバリア機能の低下など
  • ニキビや吹き出物が出来てなかなか治らないなら皮膚科受診
  • ニキビや吹き出物があってもメイクはしてもOK、ただメイクの仕方に注意

 - PMSと生理痛 by 田中みか