PMS改善日記

*

PMSでめまいを感じる原因・めまいからくる吐き気の対処法

      2018/02/19

女性のめまい

 

こんにちは、田中みかです。

突然ですが、あなたは、PMS(月経前症候群)で、めまいや吐き気を感じることはありませんか?

実は、わたしも、1回だけ原因不明のめまいと立ちくらみ、吐き気に悩まされたことがありました。

そのときも生理前だったので、今思えば、PMSのめまいだったのかもしれません。

初めてめまいを体感して、すごく辛かったのを覚えています。

生理前にPMSの症状として、めまいを感じる人は、けっこういるそうです。

今回は、PMSで、めまいや立ちくらみが起こる原因と、その対策についてまとめてみました。

PMSでめまいが起こる原因

 

PMSめまい_人

PMSで、めまいや立ちくらみを感じる原因は、以下のどちらかの可能性が高いそうです。

めまいや立ちくらみを感じる原因
  • むくみ
  • 低血糖
めまいや立ちくらみを感じたのが、生理前でなければ、他の病気の可能性もあります。

むくみも低血糖も、生理前に多く分泌されるホルモンである、プロゲステロンの影響で起こります。

むくみでめまいが起こる理由

むくみを感じる場所というと、顔だったり、手足だったり、わかりやすい部分にばかり、目が行きがちですが、むくみは全身に起こります。

PMSめまい_原因(耳)

めまいと関係があるのは「耳」のむくみです。

耳の内耳という部分に、平衡感覚を司る三半規管があります。

耳がむくむことで、三半規管に影響を及ぼし、平衡感覚が狂うため、めまいが起こるそうです。

黄体ホルモンのプロゲステロンは、妊娠に備えて、体に水分を溜め込みやすくするため、むくみやすくなり、それにともなって、めまいが起きている可能性があります。

低血糖でめまいが起こる理由

低血糖でめまいというと、ピンと来ないかもしれませんが、お腹がすいているときに、ふらっとめまいがしたり、立ちくらみがしたりするのが、低血糖のめまいです。

PMSめまい_原因(低血糖)

PMSの症状が出る時期は、特に、低血糖が起こりやすいといわれています。

それは、黄体ホルモンのプロゲステロンが、血糖値を下げる役割を持つ、インシュリン(インスリン)の効果を弱める性質があるからです。

このとき、脳は、なかなか下がらない血糖値を、下げよう、下げようと頑張って、過剰にインシュリン(インスリン)を分泌します。

そうして、過剰分泌されたインシュリン(インスリン)によって、今度は、血糖値が下がり過ぎてしまい、めまいなどの症状を引き起こします。

関連記事 PMSと低血糖、空腹時に手が震えたりめまいがしたら要注意

その他

生理前以外にも、めまいが続くという場合には、別の可能性も考える必要があります。

メニエール病

むくみが原因となって、めまいを感じる病気の一つです。「ふわふわ」と。宙に浮いているような感覚になるといわれます。

エレベーターの中とか、ジェットコースターで落ちるときみたいな感覚かもしれません。

ただ、メニエール病の場合は、両耳がむくんだ状態になると、めまいを感じるそうですが、片耳だけの場合は、めまいはなく、難聴の症状だけが見られるそうです。

妊娠初期

妊娠初期は、血液量が変化することで、めまいなどの不調を感じることがあるそうです。

そのほかには、ぼーっとしたり、微熱っぽい状態が続くということがあります。

自律神経失調症

ストレスや、不規則な生活が原因になって、自律神経のバランスが乱れ、めまいや冷や汗、動悸、だるさなどの症状が表れるそうです。

自己判断で放置するのではなく、思い当たる節があれば、早めに病院に行きましょう。

PMSのめまいの症状を改善するには

むくみが原因の場合は、むくまないようにするのが、一番の対策です。

むくみ対策

具体的には、以下のような対策方法があります。

むくみ対策
  • 体を冷やさない
  • 塩分・アルコールを摂り過ぎない
  • 適度に運動する(ストレッチなど)
  • 適度に水分を摂る(摂り過ぎても摂らな過ぎてもいけない)
どうしてもむくんでしまうという方は、漢方などでむくみをとるお薬もあるそうなので、病院に行って相談した方がよさそうです。

低血糖対策

低血糖状態に陥らないようにするには、血糖値の高低が緩やかになるよう、食事に工夫をする必要があります。

低血糖対策
  • こまめに食事を摂る(適度に間食、ただしケーキ、クッキー、チョコなどは避ける)
  • 炭酸飲料など、糖分の高いものは避ける

これらの対策をしていても、血糖値が下がってしまうことはあるので、緊急用に、飴などを持っておくと安心です。

めまいからくる吐き気の対処法

わたしも経験しましたが、めまいが続くと、吐き気もしてきて、すごくつらかったです。

吐き気がするなら、本来は横になって、安静にするのが一番です。わたしも、ずっと寝続けて、回復するのを待ちました。

しかし、いつもそれができるわけではないので、仕事中、外出中でも、できる改善策を探してみました。

外でもできる吐き気対策

手軽さ重視で、対策を探したら、以下のものが見つかりました。

外でもできる吐き気対策
  • 吐き気止めを使う
  • 炭酸水を飲む
  • ミント系タブレットを食べる
  • 梅干しを食べる

吐き気止め

酔い止め薬

吐き気止めは、ドラッグストアで簡単に手にはいるし、症状に合わせて、色々な薬があります。

最近は、水無しで飲めるタイプもあるので、常備しておくと安心ですね。

炭酸水

最近は、炭酸水がコンビニにも増えたので、手軽さはトップクラスだと思います。

ちょっと炭酸を抜いておくと良いらしいです。

ミント系タブレット

ミントには、吐き気を抑える効果があります。

FRISKやミンティアなども、コンビニで買えるし、口臭対策にもなるので、ストックしておくと安心ですね。

梅干し

梅干しが、吐き気に効くというのは、漢方由来の考え方で、そこそこ、信憑性は高そうです。

梅の燻製が、薬として、中国から持ち帰られたらしいです。

普通の漬物は持ち歩けませんが、干し梅など、パウチタイプのお菓子でも、代用できそうです。

まとめ

  • 「PMSのめまい」は、むくみや低血糖から起こっている可能性が高く、めまいを改善するには、むくみ対策や、低血糖状態にならないような工夫が必要。
  • めまいからくる吐き気については、炭酸水、ミント系タブレット、梅干しなどの、コンビニ菓子で対策可能。
関連記事 生理後なのにpms?頭痛やめまいが生理後にも続いたら


 - PMSと生理痛 by 田中みか