PMS改善日記

*

PMSの時期に落ち込む、ネガティブになる。生理前の落ち込みについて

      2017/06/21

こんにちは、田中みかです。

あなたは、PMS(月経前症候群)の時期になると、落ち込むことや、ネガティブになることはありませんか?

実は、PMSの時期になると、イライラもさることながら、落ち込みがひどい!という方は、珍しくありません。

わたしも、最近は、割とマシになっていますが、PMSの時期は、物事の大小関係なく、悲観的になります。

そして、自己嫌悪、将来や現状に対する不安、不満が、次から次へと浮かんで、落ち込みまくります。

「PMSの症状が出ている時期は、落ち込みやすい時期なんだ」と、今は、客観的に受け止められているので、ネガティブな思考回路に、ストップをかけることができます。

しかし、PMSを自覚する前は、いろいろなことを思い出したり、考えたりして、これでもかというくらい落ち込んでいて、本当に苦しかったです。

今回は、PMSの時期に起こる落ち込みについて、詳しくまとめてみました。
 

平常時とPMSのメンタルの違い

 
PMS_落ち込み_2
 

平常時 ←→ PMS時
基本姿勢 前向き ←→ 後向き
細かい事 気にしない ←→ 気になる
自分の事 好き ←→ 嫌い
過去の事 思い出さない ←→ 思い出す

 

 
PMSのときは、基本的にネガティブです。

ポジティブに考えろ、といわれても、思考が、自然と後ろ向きになります。

そのため、いつもなら笑って流せる他人からの冗談に、傷ついて落ち込んだり、苛立ったりします。

また、将来のことについて、普段は、「なんとかなる、大丈夫」と思っていても、PMSのときは、急に不安になってきて、「もう人生詰んだ」というくらいに感じることがあります。

前向きに考えようとしても、上手くいかなかったときのことばかり想像して、不安で不安で仕方なくなります。

冷静なときに思い返すと、不思議なくらいです。

あとは、妙に、自分の嫌なところばかりに目が行って、落ち込んだり、過去の失敗や、他人にいわれて傷ついたことを思い出して、落ち込むこともあります。

周りからみたら、「今更そんなこと……」というような感じなので、辛い気持ちは伝わりづらく、それが余計に、落ち込みの原因になります。
 

PMSの時期に落ち込みやすい原因

pms_落ち込み_3

 

セロトニンの分泌低下

PMSの時期は、幸せホルモンといわれている「セロトニン」の分泌量が低下します。

そのため、落ち込みやすく、物事を前向きに考えられなくなります。

セロトニンの分泌量が低下すると、次のような症状が起こります。
 

セロトニンの分泌量が低下すると引き起こされる症状
  • イライラしやすくなる
  • 落ち込みやすくなる
 

PMSの時期に、精神的な落ち込みがひどくなる症状を、PMDD(月経前不快気分障害)といいます。

PMSの時期、身体的な症状よりも、精神的な不調が目立つ人は、PMDDを疑ってみてください。

 
関連記事 PMDD(月経前不快気分障害)
 

集中力低下による失敗が増える

PMSの時期は、集中力散漫になり、いつもはしない失敗をやらかすこともあります。

それも、落ち込みの原因になりますが、「失敗は誰でもするものだ」と割り切るか、PMSのときのために、失敗しないような対策を立てておくのをおすすめします。
 

PMSの落ち込み対策

 
PMS_落ち込み_1
 

思いきって引きこもる

人に会って、気が紛れることもあるかもしれませんが、他人の些細な発言が気になって、さらに落ち込むなんてことも、珍しくありません。

一人でいれば、余計な刺激を受けないので、一度、落ち込みを立て直せれば、あとは、なんとかなったりします。

まあ、立て直すまでが大変なのですが。

ただ、妙に寂しくなったり、「人に会いたいー」とか、そういうときは、無理して引きこもらなくて大丈夫です。

人と距離を置いた方がいいのか、誰かと一緒に過ごした方がよいかどうかは、個人差が大きいので、自分に合う方を選んでください。
 

寝る

PMSのときは、ネガティブな思考回路におちいっていることが多いので、起きていると、どんどん深みにはまっていきます。

自分でいろいろと考えて、勝手に落ち込みだすので、思考をストップするために、寝てしまいます。
 

自分にごほうび、自分を甘やかす、無理はしない

PMSのときは、体にも何かしら、不調が表れていて、余計につらく感じます。

そのため、普段頑張っている自分に対するごほうびのつもりで、思いきり甘やかしてみましょう。

好きなことを思う存分したり、好物を食べたり、ワクワクしていると、気持ちが前向きになります。
 

セロトニンを増やす食事を摂る

落ち込む状態の、根本の原因であるセロトニンを増やすために、トリプトファンを多く含む食事を摂るようにします。

トリプトファンを多く含むのは、良質なタンパク質で、鶏肉や豆腐、チーズ、ヨーグルトなどがオススメです。

 
関連記事 落ち込み対策に最適なセロトニン・トリプトファンについて
 

サプリメント・ピル

トリプトファンのサプリメントや、ホルモンバランスを調整するサプリメントなどを摂取して、落ち込みやすい状態を打破しましょう。

ホルモンバランスの変化がなければ、PMSの症状も、落ち込む状態も起こらないということで、ピルの服用も有効です。

 
関連記事 ピルを使ってPMSを改善する
 

病院へ

あまりにもつらいようなら、メンタルクリニックなど、心療内科にかかるのもオススメです。

一人で悩むと、余計に落ち込みやすいので、人に相談してみてください。

ただ、病院に行くのが嫌だとか、先生があわないだとか、そういうことがあれば、無理していく必要はありません。

あくまで、自分のやりやすい方法で、解決しましょう。

 
関連記事 PMSやPMDDの治療法・病院選び
 

また、PMSの時期は、ネガティブになる傾向が大きいので、決断には向きません。

できれば、大事なことの判断は、この時期にしないことをおすすめします。

少しだけ待って、冷静な時に決断しましょう。
 

PMSの落ち込みまとめ

  • PMSで落ち込みやすくなるのは、セロトニン減少によるもの
  • セロトニンを増やすために、トリプトファンを摂取
  • 可能な限り、自分への刺激を与えない
  • サプリメントやピルなどを使用し、PMSそのものを改善する

 - PMSと生理痛 by 田中みか