PMS改善日記

*

ツボ・反射区でPMSを改善する~手・足・耳をマッサージ~

      2017/06/19

こんにちは、田中みかです。

突然ですが、あなたは、PMSを改善するのに、手・足・耳などのツボや反射区を刺激するのが、とても効果的だということを知っていますか?

PMS(月経前症候群)がなぜ起こるのか、大本をたどると、ホルモンバランスの乱れが原因だといわれています。

ホルモンバランスの乱れは、自律神経の乱れが関係しているので、自律神経の乱れを改善するツボを刺激することによって、改善が見られる場合もあるようです。

何かを食べる・飲むという方法では、症状が出てすぐにできないこともあります。

でも、ツボを押すことなら、大掛かりな道具や手間は必要なく、手や身近な道具を使って行うことができます。

自律神経の乱れだけでなく、PMSの各症状に効くツボもあり、中には即効性があるものもあります。

実は、わたしも、ツボを押すようになって、PMSの症状によっては、かなり効果を感じられるようになったんです!

今日は、PMSに効くツボや、ツボ刺激の仕方などについて、詳しくまとめてみました。

厳密にいうと、ツボと反射区※後述は違うものですが、今回は、ツボと反射区についてご紹介しますね。
 
関連記事 PMSに効果的なツボ
 

ツボのある場所

 
PMS_ツボ_ツボと反射区
 
ツボは全身に位置しており、いろいろな効果があります。

特に、以下の3か所については、マッサージすることで、全身に効果を得ることができます。
 

ツボのある場所
 

全身の末梢神経が集中している場所を、「反射区」といいます。

厳密にいうと、ツボと反射区は違うものだそうです。
 

手のツボを刺激する場合

 
PMS_ツボ_手のツボ
 

親指を使って、さする、もむ、両手をすり合わせるなどして、手のひら全体の体温を上げるようにマッサージしていきます。

痛みがあるところ、気持ちがいいところがあれば、少し念入りにマッサージをします。

ハンドクリームなどを使って、滑りをよくしながらやるのがコツです。

ハンドクリームは、手の保湿も兼ねてできるので、魅力的ですよね。
 

爪もみ

 
PMS_ツボ_爪もみ
 

爪もみは、以下のような症状に効果があるといわれています。
 

爪もみの効果がある症状
  • 肩こり
  • 腰痛
  • 生理痛
  • 眼精疲労
  • 不眠症
 

爪もみは、自律神経を整える効果があるともいわれています。

爪の付け根の角の部分を、親指と人差し指を使って、刺激していきます。

「10秒押さえて、離す」を繰り返すのがポイントです。

特に、小指は、頭痛、肩こり、生理痛、子宮筋腫などの女性器系の病気、更年期障害、眼精疲労、うつなどに、幅広く効果があります。

PMSで現れる症状にも効果がありますので、「調子がおかしくなってきたー」と思ったら、「小指の爪をもむ」習慣をつけたいですね。

爪の角をピンポイントで押すのが難しい場合は、ペン型のツボ押しや、電子針などもあります。

ペン型なら、オフィスなど、人目につく場所でも、こっそりツボを刺激できるので、「時代に合わせて、ツボ押しグッズも進化してるんだなぁ」なんて思いました。

指先をはさんで、複数の指を一辺に刺激できるタイプもあるので、指一本ずつなんてやってられない、という方におすすめです。

商品によって口コミ評価はマチマチなので、できれば、試してから買うのがいいですね。

「道具をわざわざ買うのは、ちょっと」という方は、ペンの先や、つまようじの裏側を使って刺激してもOKです。

爪もみは、気がついたときにすぐできるので、つい何度もやってしまいそうですが、やりすぎはNGです。

1日2~3回が限度なので、朝起きたとき、お昼休憩、就寝前が無難でしょうか。

なお、薬指は、交感神経を刺激してしまうため、避けた方がよいとか。
 

PMSに効果のある手のツボ

PMSに効果のある手のツボは、頭痛などの痛み、肩こり、便秘、月経痛などに効くといわれる「合谷」が代表的です。

場所は、手の甲側、親指と人差し指の間の骨の境目にある、少しくぼんだところです。

ツボの押し方は、反対側の親指を使って刺激します。
 

足ツボを刺激する場合

 
PMS_ツボ_足つぼ

足ツボを手で刺激する時は、床にあぐらをかいて、片足ずつ、手で押していきます。

触っていない方の足が冷えないように、膝掛けを使ったり、暖房のそばでやるなどの工夫をしましょう。

反射区に触れてゴリゴリするところが、凝っている証拠なので、もみほぐしていきます。

わたしの場合、手でこりをほぐそうとすると、力加減が下手なのか、指が痛くなって、すごく疲れてしまい、両足裏をできないことが多いです。

そういうときは、グッズに頼るのが、一番だと思っています。

我が家には、こんな足つぼグッズが……。

残念なことに、あまり使ってなかったので、これから使っていこうと思います。
 
PMS_ツボ_足つぼ
 
確か、だいぶ前に、100均で買ったものです。

100均は、マッサージグッズが割と豊富なのでオススメですよ。

昔ながらの青竹踏みや、ガッツリと反射区が書いてある健康グッズも捨てがたいものです。

でも、女性の方は、部屋の目立つ場所においておくのは、人が来たときなどを考えると、少し抵抗があるかもしれません。

なので、見た目もほどほどに可愛くシンプルなもの、お部屋に馴染むものをチョイスしてみてはいかがでしょうか。

最近、雑貨屋さんで、足ツボマットを見る機会があったのですが、もっとポップでおしゃれなものもたくさんありました。

写真のように、川越熊野神社の足ツボロードの一角に似ているものがあって、石の部分が、カラフルなネオンカラーになっていて、可愛かったです。
 
PMS_ツボ_川越足つぼロード
 

お試し用も試してきましたが、少しの時間踏んだだけなのに、足の疲れやむくみが緩和されたので、「足ツボ侮れん!」という感じでした。

そのほか、足裏で転がして刺激するローラータイプや、足裏以外にも使うことができる、棒状のツボ押しなどもあります。
 

PMSの症状に効果のある足ツボ

踵に「失眠」というツボがあります。

このツボは、不眠の症状があるときに効果的なツボです。

ちょうど、生殖器の反射区のすぐ上あたりです。
 

耳ツボを刺激する場合

 
PMS_ツボ_耳つぼ
 
耳ツボを刺激する方法は、以下の3つが代表的です。
 

耳ツボを刺激する方法
  • 指を使って、耳をもむ、ひっぱる
  • 綿棒を使って刺激
  • 耳ツボ用シール、耳ツボジュエリー、金粒シールを貼る
 

耳ツボは、肩こり、美肌、疲労回復、疲労回復、不眠、ストレス軽減効果など、PMSで現れる不調にも効果的です。

ジュエリーは金粒、銀粒、チタンなど、様々な素材があるので、体質やアレルギーに合わせて選びましょう。

アレルギーがあるとわかっている場合は、一度、サロンなどで相談してみるとよさそうですね。
 

まとめ

  • ツボは全身にあるが、特に手、足、耳の反射区をマッサージすると、全身のPMS症状の改善につながる。
  • ツボを刺激する方法は、手を使う方法が一番多いけれど、ツボ用のグッズも豊富

 
関連記事 お灸を使ってPMSに効くツボを刺激する
 


 - PMSと生理痛 by 田中みか