PMS改善日記

*

生理前に風邪のような症状は、PMS?鼻水、頭痛、吐き気、のどの痛み…

      2017/08/17

93a1283dd8d339979b01b5a53bce79ca_s
 

こんにちは、田中みかです。

あなたは、PMS(月経前症候群)の時期に、風邪のような、のぼせ、頭痛、吐き気、のどの痛み、鼻水などの症状が出ることはありませんか?

実は、わたしも、連休前の寒暖差のせいか、風邪をひいてしまいました。

連休には、予定をわりと詰めこんでいたので、キャンセルするわけにもいかず、体調を圧して、予定を決行しました。

しかし、やや無理をしたせいか、体調はだんだん悪化してしまい、精神的にも不安定になりやすかったように思います。

人と話している中で、相手のささいな発言が気になって、反論してしまったり、被害妄想的な気持ちにおちいりやすくなることもありました。

また、ネガティブな感情が抑えきれず、感情的になってしまったりもしました。

そんな風邪の症状ですが、実は、PMSの時期にも、同じような症状が出ることがあります。

PMSというのは、生理が始まる前の約2週間に起こる、心とカラダのさまざまな不調です。生理が始まると自然に消えたり、軽くなります。

このPMSと風邪のような症状には、なにか関係性があるのでしょうか。

ここでは、PMSと風邪のような症状についてまとめてみました。
 

風邪ってPMSの症状に似ているものなの?

PMS_風邪_PMSとの症状の比較
 
「ルナルナ」というスマホの生理日管理アプリによれば、今、わたしは、卵胞期になっています。

お肌と精神状態は安定しているはずなのですが、少し、PMSに似た症状が出ているように思います。

今まで、あまり意識したことがありませんでしたが、PMSの症状は、風邪をひいた時の初期症状に、とてもよく似ています。

微熱、のぼせ、頭痛、吐き気、寒気、便秘、下痢、発汗などです。

さらに、わたしは、意識したことがなかったのですが、のどの痛みや、鼻水の症状があらわれる人もいるようです。

まさに、風邪の症状とそっくりなので、人によっては、PMSの症状を風邪だと勘違いして、風邪薬を飲む人もいると聞きます。

そして、風邪薬が効いていなくても、生理が始まると同時に解消されるので、結局、PMSなのか、風邪なのか、区別がつかないことも、めずらしくないようです。

ホルモンのバランスは、かなり些細なことで、簡単に崩れてしまいます。

だから、PMSの時期ではなくても、風邪をひいて、ホルモンのバランスが崩れた場合は、PMSの症状があらわれても、不思議ではないように思います。

ちなみに、PMSの症状というのは実にいろいろ。

一般的に多いのは、イライラ、憂うつ、不安感、泣きたくなるといった精神面。

腰痛、胸の痛み、だるい、眠いといった肉体面。

そのほか、風邪のような、微熱、のぼせ、頭痛、吐き気、寒気、便秘、下痢、発汗など。

こうした症状が数日のあいだ続く、そして毎月苦しむというのはキツいですよね。

そこでおすすめなのがPMSサプリや薬。

生理痛にロキソニンがあるように、PMSにも緩和・改善する方法があるのです。

詳しくは下記でまとめていますので、チェックしてみてください。

関連記事 PMSサプリや薬について
 
 

PMDDの傾向がある人は情緒不安定に注意?

風邪とPMS_PMDD
 
わたしの場合、完全に風邪だとは思いますが、もともと、PMDD(月経前不快気分障害)の症状が強めなので、今回は、精神的に不安定になっていたのかもしれません。

これまでも、PMSに対しては、自覚を持ち、不安定になりやすい時期を把握することで、精神的な症状を客観視するようになっていました。

でも、今回のように、風邪によってホルモンバランスが乱れて、不安定になってしまうと、自覚がないまま、感情に流されてしまいます。

自分が不安定になりやすいということを意識していないと、周りの空気を悪くしてしまい、取り返しのつかないことになる場合もあります。

今後、「卵胞期だから、大丈夫」という慢心は捨てて、体調が崩れたときには、精神状態に注意を払いたいと思います。

なにより、体調を崩さないのが一番だな、と感じた出来事になりました。

ちなみに、風邪をひいたときは、栄養ドリンクがいいと聞きますが、栄養ドリンクには、だいたいカフェインが入っているものが多いです。

しかし、カフェインは、PMSに悪影響を与えるので、できるだけ避けるようにしています。

そのため、夜でも飲めることが売りの、ノンカフェインの栄養ドリンクを購入しました。

しかし、栄養ドリンクは、ノンカフェインのものでも、風邪薬には無水カフェインが含まれています。

それもPMSに影響を与えてしまうのか、少し気になるところです。
 
風邪をひいてしまったので、風邪薬とノンカフェインの栄養ドリンクです。
 

無水カフェインとは

無水カフェインは、風邪薬や頭痛薬などに、よく含まれている成分です。

ドラッグストアなどで手に入れることができる市販薬にも、多く含まれています。
 

カフェインとは違うのか

カフェインと聞くと、コーヒーなどに含まれるもの、というイメージが強いのですが、カフェインと無水カフェインは、別ものなのでしょうか?

実は、カフェインと無水カフェインは、抽出方法と、不純物を含む、含まないの違いだけで、ほぼ同じものと考えてよいようです。

無水カフェインは、人工的に抽出されたものであり、コーヒーやお茶などに含まれる天然のカフェインよりも、不純物は少なくなります。
 

無水カフェインの作用

無水カフェインには、以下のような作用があります。
 

無水カフェインの作用
  • 鎮痛
  • 覚醒
  • 脳の血管を収縮する
  • 利尿
 

カフェインによる鎮痛効果は、血管収縮作用によるものが大きいです。

痛みの原因は、プロスタグランジンという物質が発生するからであり、血管を通って、プロスタグランジンが神経を刺激するため、痛みを感じます。

カフェインを摂取すると、痛みの原因物質であるプロスタグランジンが通る血管が収縮されます。

そのため、プロスタグランジンの影響を受けにくくなるというのが、痛みが緩和される仕組みです。

肉体疲労も、実は、筋肉が痛みを感じている状態なので、肉体疲労の緩和効果も得られます。

ただ、カフェインが原因物質をなくしてくれるわけではないため、カフェインの効果が切れてしまえば、症状は再発し、一時的な抑制効果しか得られません。

無水カフェインが、風邪薬などによく含まれるのは、体の疲労感を緩和するためだそうです。

体の症状を楽にするために、風邪薬を飲むわけなので、カフェインが含まれるからといって、かたくなに避ける必要はないと思います。

ただ、風邪薬を飲んでいるあいだは、コーヒーや紅茶、お茶など、飲み物からのカフェイン摂取を減らしてみるなどの工夫は、必要かもしれません。
 

まとめ

  • 風邪とPMSの症状は似ているものもある
  • 風邪を引くことで生理周期に関係なく情緒不安定になる可能性もある
  • 風邪薬にも無水カフェインが含まれている
  • 風邪を引いたら、飲み物などでカフェイン摂取量を調整しよう

 
関連記事 私はどっち?PMSとうつの違いは?~違い・特徴・治療法~
 


 - PMSと生理痛 by 田中みか