PMS改善日記

*

PMSニキビの改善に役立つレシピ実践

      2017/09/21

黄体期に入って、肌の調子が傾きがちになってきました。
ここのところ顎の裏側に固いニキビのような出来物ができていて、
なかなか治らず困っていたのですが、
黄体期に入ってそれが悪化したのに加えて
頬や顎周りにも小さいニキビがポツポツとできてきました。

なんとなくベタつく感じがしていたので、
黄体期に入って皮脂が増えてしまったのかなと思います。

肌が荒れたり、ニキビが出来たら、薬を塗ってできるだけ触らず
早寝早起きを心がけることに尽きると思うのですが、
PMS改善に役立つレシピを調べていたら、
ニキビ対策も出来るレシピを発見したので、
そのレシピを参考に晩ご飯を作ってみました。

本日の晩ご飯

今日のメニューはこうなりました。
・じゃがいもの豚そぼろ(ビタミンB1、ビタミンC)
・ほうれん草納豆(鉄、ビタミンB郡、カルシウム等)
・麸とサクラエビの味噌汁(植物性タンパク質、ミネラル、カルシウム等)
・白米

レシピに紹介されていたのは、2つめのほうれん草納豆です。
それ以外は家にあるもので栄養バランスを考えつつ作ってみました。

メインのおかずの豚肉は疲労回復を助けるビタミンB1が豊富で
玉ねぎなどと食べると吸収がよくなるそうです。
一緒に炒めてあるじゃがいもはビタミンCが多く含まれていて、
でんぷん質で守られているため、調理してもビタミンが壊れにくいそうです。

次にレシピに載っていたほうれん草納豆は
茹でたほうれん草と納豆を混ぜただけのお手軽な一品でした。
これならいつでもすぐに食べられて気軽でいいなと思います。

またほうれん草は鉄分が含まれていて、非ヘム鉄を摂取するためにおすすめの食材です。
また納豆はビタミンB郡をはじめとしてカルシウムやイソフラボン、納豆キナーゼなど
様々な栄養が含まれている健康食材として知られていると思います。
普段から納豆は常備しているので、
いろいろな食材を混ぜたりして栄養バランスよく食べるように心がけたいです。

そしてお味噌汁の具はサクラエビとお麩にしてみました。
サクラエビはカルシウムが含まれているし、
味噌汁に食感が加わって美味しかったです。
またお麩は最近、健康食材として注目が集まっていますが、
植物性タンパク質が豊富でカルシウムやマグネシウム、鉄、カリウムなど
栄養が豊富で低カロリーなのだそうです。

お麩は種類も豊富で比較的低価格で手に入る上に
いろいろな料理の嵩増しに使えるので重宝しています。
油麩などは独特の甘みがあってかなり満足感があると思います。
(今回は普通のお麩です。)

冷蔵庫にある食材だけでも栄養が摂れる食事が作れると思うと、
PMS改善が夢じゃないように思えてきました。
特にニキビができやすい黄体期はニキビ対策レシピを意識して
作るようにしたいなと思います。

またできそうなレシピがあれば試してみたいと思います。


 - PMSと生理痛 by 田中みか