PMS改善日記

*

PMSの自分を見つめ直してみる・PMSだと思ったらやるべき対策

   

PMSやPMDDについて知り、個人的に調べ始めてから
約1年が経とうとしています。
(このブログは2ヶ月くらいですが)

最近はPMSもPMDDの症状も比較的落ち着いてきており、
今、ちょうど黄体期ですが、抑えられないほどイラつきを感じたり、
強いストレスを感じたと思うことがほとんどなくなりました。

以前は胸の張りや憂鬱感が強く
イライラが抑えられなくなっていましたが、
ここ2、3ヶ月は特に症状が改善されていると思います。

1年前は知識がなかったせいもあり、
自分がイライラしやすい状態になっているということにさえ
自覚がなく、職場で些細なことにイラついて、
衝突したり、パニックになったりしていました。

PMSの症状を患っている人の症状を聞いてみると
仕事が何も手につかなくなったり、職場で泣き出してしまったり
社会生活が困難なほどの症状に悩まされている人も大勢います。
私自身、PMDDの症状が強く、似たような状態だったと思います。

時々、ネットの質問版などで、PMSの恋人を持つ方が
自分でコントロールできないのかなどと質問しているのを見かけますが、
それらの質問に対してPMSを患う人たちは必ずと言って
コントロールできない
と口々に言っています。

私自身、イライラや不安感が抑えられず爆発してしまった人なので、
コントロールはできないものだと思っています。
自分でコントロールできるなら人に指摘される前にやめているよ!という感じです。
自分でも良くないことだとわかっているのに、
上司や同僚から感情のコントロールができない人と思われているのが
何より辛かったです。(客観的に見ればその通りなんですが、)

PMSになりやすい人の特徴としてよく挙げられるのは
真面目で責任感の強い人、几帳面で完璧主義の人などです。

しっかりしたい、ちゃんとしたいと思っているのに、
実際には思うようにできないということが
さらに憂鬱感を加速させるように思います。

PMSの人が症状を改善するために必要なことは
まず自分がPMSの症状が出やすいということを
自覚することだと思います。

イライラしやすい時期、疲れやすい時期があると自覚すること
PMSの症状が出ているということを自覚すること

それらを自覚すると自分を客観視出来るので、改善の一歩になると思います。

またPMSやPMDDは強いストレスが原因になっていることも多いようです。

ストレスの原因が何なのかわかるのであれば、
それを取り除いてあげるのが手っ取り早いです。

私の場合は、前の職場の人間関係にかなりストレスを感じていたので、
職場から開放されたらすごく楽になりました。

ストレスを感じる環境の中でPMSやPMDDを改善していくのは
結構難しいことだと思うので、
可能であれば環境を変えてあげるというのも
改善策の一つとして覚えておいて欲しいと思います。

先日、旅行に行ってきましたが、
自分が思っている以上に気分転換になったようでした。
(今月、PMSの症状が軽く感じるのはそのおかげ??)
PMSの症状が辛いとついつい家にこもりたくなるのですが、
嫌なことばかり考えて1人でいるよりも
いつもと違うところに出かけて、違うものに目を向けた方が
案外PMSの症状を感じないのでは?と思いました。
大阪で買った明石焼き

神戸牛パイ


 - PMSと生理痛 by 田中みか