PMS改善日記

*

女性特有の月経前の悩み、PMS(月経前症候群、月経前緊張症)とは

      2017/09/21

PMSとは月経前症候群、月経前緊張症という女性特有の症状のことを指します。

月経の1、2週間前から症状が出始め、
月経が始まると同時に症状が改善すると言われています。

症状は多種多様で個人差があり、
出る症状や重さも人によってかなり異なります。

一般的には月経が始まると症状が改善すると言われていますが、
私は月経が始まってもしばらくは症状が続く傾向があります。

一時期はPMSではない別の病気なのではと疑いましたが、
しばらくすると何事もなかったようにケロッとしているので、
一概にPMSはこうだと言えないもののように感じます。

症状が出るのが一時的なため、
症状が軽い場合はPMSだと意識する女性は少ないかもしれませんが、
女性の9割がPMSの症状を経験しているそうです。

私は小学校4年生の頃に初潮を迎え、
当時から月経前の乳房のはりは感じていましたが、
PMSという言葉を知り、自覚するまでにはかなり期間がありました。

私には3つ上の姉がいるのですが、
PMSという単語すら聞いたことがないと言っているくらいでした。

しかし症状は当てはまるものがあったようで、
このように自覚がないままPMSを経験している人は多いようです。

PMSになる明確な原因は解明されていないようですが、
プロゲステロンやエストロゲン等のホルモンバランスの乱れが原因の一つとされ、
PMSの症状が強い人はビタミンやミネラルが欠乏している場合が
多いと言われています。

ホルモンバランスはストレスや疲労にも影響を受けるため、
生活習慣の変化が原因で症状が強くなることもあるようです。
私が一番PMSの症状がひどかったのは前職を辞める2,3か月前でした。

ぎすぎすした人間関係の間で将来への不安感、
イライラなどの症状が止められず、
辞める直前は出勤途中の電車の中で涙が出てしまうということもありました。

今思えば、どうしてあんなに不安定だったのか
不思議で仕方がないのですが、相当精神的に参っていたんだろうと思います。
現在の生活は落ち着いていてPMSの症状も徐々に改善されているように思います。

生活リズムを整えたり、栄養バランスの取れた食事を摂ること
もちろん、意識的にストレス解消になることをして
ストレスを溜めないことが大切です。

その他、自分の日々の体調に目を向けて自分の月経のリズムを把握することや
PMSの症状に関して記録を取るようにすると改善の糸口になるように思います。

私はルナルナアプリのカレンダーにあるメモ機能を使ってその日の体調を記録するようにしています。

排卵日などもわかるので体調管理がしやすくて便利でオススメです。

今日の写真はPMSの症状改善に効果的らしいバナナです。

(それ聞いてさっきスーパーで買ってきました。)

PMS改善にバナナが効果的と聞いたのでバナナを買ってみました。


 - PMSと生理痛 by 田中みか