PMS改善日記

*

ドラッグストアで手に入るPMS治療薬、プレフェミン

      2018/07/12

日本で始めてのPMSに効く薬プレフェミン

今月の月経は予定日よりも2日ほど遅れてやってきました。

下腹部痛はほとんどありませんでしたが、生理が始まる4、5日前くらいから、PMSでイライラや不安感が強かったのと、頭痛や肩こりがひどかった印象です。

PMSの症状を少しでも緩和できればと、食事を気をつけたり、生活習慣を見直したりと努力しているつもりですが、月経前になるまでどういう症状が出るのかわからないのではっきりと手応えを感じられないのが実情です。

いつも頭痛薬のようにPMSに効く薬があればいいのになと思っていました。

先日ドラッグストアに買い物にいったら、「プレフェミン」という薬を見つけました。

なんと今まであったらいいのにと思っていた、PMSに効く薬でした!(嬉しい!)

ゼリア新薬から発売されているようで、チラシには日本初のPMS治療薬とあり、PMS症状の緩和に効果的と言われている、チェストベリーのエキスが主な成分とあります。

日本では初めての薬とのことですが、スイスやオーストラリアなどの他国では以前から一般的に売られている薬のようなので、ちょっとだけ安心して飲めそうです。

お値段は1箱1800円ほどで1ヶ月分でした(1日1錠、30錠入り)。

頭痛薬などと比べたらちょっと高めという印象を受けました。

ですが、病院でPMSの治療をしたとして、ピルの処方を受けたり、漢方で治療をしたりするよりは安い値段で手に入るので、PMS症状が軽い人にはちょうどいいのかなと思います。

プレフェミンは乳房の張りなどの代表的な身体症状に加えて、イライラなどの精神的な症状にも効くようです。

イライラを薬で防げるなんてすごくありがたいなと思ってしまいます。

またPMSの頭痛にも効果があるようなので、頭痛薬を常備している私にとっては、頭痛薬の量を減らすためにもいいきっかけになるかもしれません。

プレフェミンは薬剤師のいるドラッグストアなどでしか、販売していないようなので、「自宅の近くに売っているお店がない」ということがあるかもしれません。

プレフェミンの紹介サイトでは販売されているお店が検索できるので、気になる方は一度調べてみることをおすすめします。
(「プレフェミン」という名前で検索するとすぐに見つかるので、簡単に確認ができます。

プレフェミンを試したわたしの口コミ


 - PMSと生理痛 by 田中みか