PMS改善日記

*

PMSと子宮の病気

      2015/10/23

そろそろ排卵期が終わり、黄体期に入ります。
今、ちょうど生理予定日の14日前ですが、
なんとなく下腹部に違和感があり、
体が熱っぽくだるく感じています。

先日、区で行っている無料の検診で、
子宮がん検診の対象となっていることがわかったので、
受診の申し込みをしました。

子宮がん検診の受診票

妊娠を望むなら婦人科で定期的に検診を受けるべきだと
聞いたことがありますが、
今まできっかけがなく行ったことがありませんでした。
(子宮頸がんの検診のお知らせが来たときも行かなかった。。)

しかしもう結婚適齢期を迎え、
出産が他人事とは言えない年齢になってきたので、
遅まきながら婦人科デビューすることに決めました。

そのことをきっかけにしてふと、PMSと子宮の病気は
何か関係があるのだろうかと思い、調べてみました。

PMSはホルモンバランスの乱れが原因で起こるものだと聞いていたので、
PMSと子宮の病気は全く別のものだと考えていたのですが、
調べてみた全くの無関係とは言えないうです。

子宮筋腫や子宮内膜症などでも
PMSに似た症状が起こることがあるそうで、
PMSだと思っていたら実は子宮の病気だったということも
珍しくないようです。

私もそうなのですが、自己判断でPMSだと思っている人は
それが子宮筋腫、子宮内膜症、その他の病気が原因だった場合、
手遅れになってしまうこともあるということです。

逆に子宮筋腫などの病気が原因で
PMS症状が出てしまうこともあるそうで、
PMSと子宮の病気は切っても切れない関係と言えそうです。

また、私は生理痛はあまり重くなく、
普段通りに近い活動ができるタイプですが、
人によっては生理中は痛みで動けなくなるほどの人もいると聞きます。

子宮の病気のうち、子宮内膜症を患っていると
特に痛みが重くなる傾向があるそうです。

また月経前、月経時だけでなく
性交痛や排便痛を伴うのが子宮内膜症の大きな特徴だそうです。
(私の場合、そういったことはないので、この線は薄そうです。)

このようにPMSの症状があったり、
生理痛が重すぎたりしたら、
無理をせず早めに専門医を受診する方がよさそうです。

私も子宮がん検診の際についでに相談してみようかなと思います。
(相談してもいいのかわかりませんが、、。)


 - PMSと生理痛 by 田中みか