PMS改善日記

*

冷えはPMSにも悪影響、体を温める方法、冷え対策

   

徐々に気温が下がってきて、
朝と夕方から夜にかけては肌寒く感じることも増えてきました。

これからの季節、体の冷えはPMSにとって大敵です。
体の冷えによってPMS症状が悪化してしまうこともあるからです。

PMSの症状の一つに手足の冷えを感じるというものもあるそうで、
私自身、体温が妙に低く感じられる時はあります。(寒気がしたりとか)
そのほかのPMSの症状も体の冷えから起こる
血行不良が原因のものが多いです。
頭痛やむくみ、便秘、肌荒れ、
ニキビなどはまさに冷えと関係しているように思います。

一般的に男性と比べて女性の方が筋肉量が少ないため、
体温が低いとされているので、
意識して体を温める必要があるように思います。

体を温める方法としてまず挙げられるのは
体を動かすことですが、ウォーキングやストレッチなどでも
多少の改善は見られます。
私は以前、ラジオ体操を毎日やっていましたが、
5分程度で無理なく体が温まるので、運動が苦手な人にはおすすめです。

その他、半身浴や足湯などお風呂に入って体を温めるのは
即効性が高く、心身ともに緊張をほぐしてくれます。
(体の冷えというのは必ずしも気温が低いから冷えるというわけでなく、
頭の使いすぎでもなるそうです。)

半身浴をするときはお気に入りの漫画や本などを持ち込めば
(濡らさないように注意が必要ですが)
20分~30分なんてあっという間に汗をかくのでおすすめです。
(ただしやりすぎ注意。脱水症状になるので)

また食べ物でも体を冷やすものと温めるものがあるのは
周知の事実だと思います。

根菜類や発酵させたお茶(ほうじ茶、中国茶など)、
生姜などは体を温める食材の代表です。
旬の野菜は特に体の仕組みにあった役割をしてくれることが多いように思います。
砂糖も体を冷やす効果があるので、冬には摂り過ぎないように気を付けた方がよさそうです。

さらに冬はどうしても厚着したくなる季節ですが、
ぴったりしたものを重ねると結構が悪くなり逆に体を冷やしてしまうこともあります。
(着圧式ソックスなど)
また上半身ばかり温めるよりも足元を温めるのが重要で、
5本指ソックスやレッグウォーマーを活用すると冷え対策になるそうです。

個人的には腹巻がおすすめで、ポケットつきの腹巻があれば、
カイロも入れられるので生理痛の緩和に最適です。

腹巻というとかっこ悪いイメージが強いですが、
今はかわいいデザインのものも多いので、
お気に入りを探して冷え対策をしてみてください。愛用している腹巻、ふわふわの生地で触っていて気持ちがいいです。

 

自分で気が付いていなくても体が冷えていることがあるので、
意識して体を動かしたり、足元を温めたり、
これからの季節は積極的に体を温めて、
冷え対策をしていくのがPMS緩和に役立ちそうです。

私も冷え性なので、PMSを悪化させないように気を付けたいと思います。


 - PMSと生理痛 by 田中みか