PMS改善日記

*

睡眠不足のデメリットについて調べてみた

   

最近、睡眠不足の状態が続いています。

寝つきが悪くすぐに眠ることが出来ず、
いつもより睡眠時間が減ってしまうというとも
少なくありません。

先先月くらいには毎日夜11時に眠っていた時期があり、
その月のPMSの症状はかなり軽く、
精神的にもあまりネガティブになったりせずに
症状が楽になり緩和されていたように思います。

今思うとあれはよく寝ていたから
体の調子がよくなったのかなと思いました。

睡眠不足の時に実感するのは
肌の調子がすこぶる悪いということと
精神的にイライラしやすかったり、
落ち込みやすかったりするということです。

先日も寝つきが悪く寝られなかった翌日は
些細なことでイライラしていたように思います。

くわえて肌の調子も悪く、
毛穴は目立つし、顔色は悪いし、
更にニキビは出来るしと散々な感じでした。

PMSの症状でなくても寝不足だと
イライラしやすくなるし、頭痛や吐き気が起こったり、
肌が荒れやすくなるので、寝不足の状態で
PMSの症状が重なるとさらに症状が重くなるような気がします。

今月も黄体期に入りましたが、
入った早々、胸の張りを感じたり、便秘になったり、
イライラしている自覚があるので、
よく寝ていた先先月と比べるとかなり症状が重いです。

今月はメンタル面のコントロールが
上手くいかなくなるようにも感じています。
(感情の制御が効かない感じ)

忙しかったりすると、どうしても
寝るのが遅くなってしまったりするのですが、
連日夜更かしが続くと
早く寝たくても体のリズムがくるって
寝つけなくなってしまうので、
寝る時間、起きる時間のリズムは保ちつつ、
起きている時間の中で
時間の調節をしなければいけないなと感じました。

PMSに限らず、
「睡眠不足がどんな悪影響を体に与えるのか」
気になって調べたのですが、

睡眠不足だと脳の活動が正常に行われなくなり、
記憶力、思考力の低下や集中力が散漫になるなど
通常の仕事や勉強にも悪影響を及ぼすそうです。

加え日中の疲労感や眠気などのほか、
うつ病になるリスクが高まったり、
免疫力が低下し、病気にかかる危険性が高まったり
体にとってよくないことだらけです。

どんなに食事に気を使っても
睡眠不足など生活リズムが狂っていたら
元も子もありません。

今後は食事だけでなく
睡眠にも気を配りたいと思います。

 

睡眠不足解消のために昼寝も効果的とのことで、
最近ではこんなシュールな枕も出ています。
(ダチョウ枕というそう、クッションになっていて下の穴に顔をいれて突っ伏して寝る)

昼寝用?ダチョウ枕


 - PMSと生理痛 by 田中みか