PMS改善日記

*

ストレスが溜まる、イライラしやすいと思ったら黄体期かも。。。

      2018/05/08

こんにちは、田中みかです。

突然ですが、あなたは、黄体期にストレスが溜まったり、イライラする状態になりやすかったりすることを知っていますか?

実は、わたしも、自分では理由が見当たらなかったのですが、どうにもストレスが溜まって、イライラしやすい時期があったんです。

でも、後になって、それは、黄体期に現れる症状かもしれないということがわかってきました。

そこで、今回は、黄体期にイライラしたり、ストレスが溜まったりする原因や対策について、まとめてみました。

 

黄体期に現れるイライラなどの症状

また、私の場合の例になってしまいますが、最近、生理が終わって、「しばらくは調子がいいはずだぞー」と思っていたら、どうにもストレスが溜まって、ささいなことにカチンと来た日がありました。

体の調子は、別段悪いと思っていなかったので、イライラしているという自覚がなかったのか、普段なら軽く流していたのに、態度に出てしまったような気がします。

「まだ調子のいい時期のはずなのに、おかしいな」と思い、ルナルナのカレンダーを確認しました。

ルナルナの11月カレンダー

すると、イライラして態度に出たのは、排卵予定日の前日で、ちょうど、調子がよい時期が終わるところでした。

すなわち、黄体期に入った、ってことです。

イライラに加えて、よくよく意識すれば、胸も張って痛いし、明らかに、PMSの症状の現れでした。

排卵日が、若干前にずれて、早めに黄体期に入っていたのかもしれません。

排卵日ピッタリに、不調が現れたのにも、ちょっと驚きましたが。

このところ、PMSの症状が軽かったり、生理の症状が軽かったりしていたので、「ちょっと油断していたな」と思いました。

仕事も忙しくなってきて、体調が万全でないと感じる日が多かったので、そのせいで、ストレスも感じていたのだと思います。

黄体期に入る前から、少し体調を崩し気味だったのかもしれません。

連休があって、かなり救われた気持ちです。

普段、自分から有給をとることがほとんどなく、多少体調が悪くても、無理をしがちなので、「黄体期の間に、一度は休むようにしようかな」なんて思います。

わたしの課は、有給を定期的に使う人が多く、誰かが休む分の仕事を、わたしに頼まれたりすることが頻繁にあるので、それがまた、ストレスになっている気もします。

わたしは、もともと、思っていることを溜め込みがちな性格で、ストレスも溜めやすいタチです。

だから、自分から積極的に休んだりするようにしないと、「またパンクしてしまうな」と危機感を感じます。

前の仕事では、ストレスで、精神的におかしくなっていたので。

性格ばかりは、周りがなんとかしてくれる問題ではないので、「自分でコントロールできるようにしなければいけないな」と痛感しました。

でも、これは、いざとなると、なかなかむずかしいものなんですが……。

関連記事 生理1週間前はイライラする!なぜ?どうして?どうする?

関連記事 イライラがひどいのは病気なの?~うつ病・PMS・その他~

黄体期にイライラする症状の対策方法

生理が始まる前までの2週間は、精神的にも、体調的にも、不安定な時期が続くと思います。

だから、豆乳を飲んで、イソフラボンを摂取したり、ホルモンバランスを整えてくれるイチジクを摂ったり、早く寝たりするようにしようと思っています。

仕事でも、無理をせず、ゆったりした気持ちでいられるように、気をつけたいと思います。

今思えば、この頃からイライラしやすくなって、たまったストレスが、発散できないようになっていきました。

PMSの症状も続いていましたが、生理前のPMSとは関係がないタイミングで、頭痛が起こったり、胃痛や気持ち悪さを感じたりすることが多くなりました。

また、夜は寝付けない、熟睡できないなどの症状が続き、心療内科で、睡眠導入剤を処方してもらったこともあります。

ホルモンバランスで体調に影響が出たり、イライラしやすくなるのはPMSだけではない?

PMSは、生理前症候群(月経前症候群)といって、生理前に、イライラや体調不良が現れることをいいます。

その原因は、ホルモンバランスが乱れることだ、とよくいわれます。

しかし、ホルモンバランスが乱れるのは、生理前だけではありません。

生理中や、生理が終わった後、ホルモンの分泌量が変化するタイミングで、ホルモンバランスは不安定になることになります。

生理前以外に、ホルモンバランスが原因で起こる症状には、以下のようなものがあります。

生理前以外にホルモンバランスが原因で起こる症状
  • PEMS(周経期症候群)
  • 生理後症候群

PEMS(周経期症候群)

PEMS_周経期症候群_ストレス_いらいら

PEMS(周経期症候群)の症状は、生理中に、PMSで現れるような症状のピークが来て、それに加えて、生理痛に悩まされることが多いそうです。

わたしも、生理中に、「無性にイライラする!」と感じることがあるし、「イライラする=生理」と思っている方も多いようです。

生理前には何ともなかったのに、生理が始まったら、イライラして、体調を崩すということも、珍しくはないと思います。

疲れが溜まっていたり、ストレスがあったり、その時々の状況で、症状の度合いや現れ方には、差があるようです。

逆に、生理前も、生理中も、イライラや体調不良が続き、生理サイクルの中で、1ヶ月のうち、ほとんどがイライラしっぱなしで過ごす、ということも、珍しくはないように思います。

生理後症候群

生理後症候群_ストレス_イライラ

また、生理後症候群は、その名前の通り、生理後に、PMS同様の症状が現れます。

生理が終わったのに、イライラしてしまう、なんだか調子が良くならないと感じたら、生理後症候群の可能性がありそうです。

いずれにしても、原因は、ホルモンバランスの変化が大きいようなので、低用量ピルを服用するなど、ホルモンバランスの変化の波を調整することが、対策となります。

ピルは、体質によって、合う合わないがあるので、無理に服用する必要はありません。

生活リズムを整える、食生活を見直すなどの対策をとることも、改善につながります。

また、適度に運動をして、ストレスを発散することや、リフレッシュするのも大切だそうです。

関連記事 ストレスを感じやすい人とPMSの症状が出やすい人の特徴

関連記事 生理後がつらい!生理後症候群ってなんだろう?~原因・症状・対策~

関連記事 生理中が不調のピークになる?PEMS(周経期症候群)とは何か。


 - PMSと生理痛 by 田中みか