PMS改善日記

*

排卵日周辺、黄体期の体臭の変化について

      2017/06/23

こんにちは、田中みかです。

あなたは、排卵日あたりになると、体臭が気になってしまうことはありませんか?

女性であれば、自分の体臭が臭いなんて、絶対に嫌だと思います。

もちろん、男性でも、臭いといわれて嬉しい人はいませんよね。

しかし、排卵日以降、黄体期に入り、生理が終わるまでの間、体臭が気になるという女性は、かなり多いのではないかと思います。

実は、わたしも、排卵日以降になると、自分の体臭が気になることが、よくあるんです。

でも、体質によって、臭いの質や強さは、さまざまだというので、全く気にならない人も、中にはいるかもしれません。

そこで、今回は、排卵日周辺や黄体期の、体臭の変化についてまとめてみました。
 

生理日の体臭で起こった失敗談

わたしは、小学校5年生くらいのときに、初めて生理がきました。

そのころは、生理のときに、体の臭いが強くなるなんて、意識したことはなかったし、知識もありあmせんでした。

ところが、学校の授業で体育があり、たくさん汗をかいた日、母親から「あんた体臭うよ」といわれて、ショックを受けたことがあります。
 
排卵日_黄体期_PMS_体臭_びっくり
 
自分で思うのと、人からいわれるのとでは、衝撃が違います。

しかも、思春期の少年少女は、かなり傷つきますよね。
 

制汗剤で対策

母親から、体臭を指摘されて以来、わたしは、デオドラントシートを持ち歩くようになったり、制汗剤を使うようになりました。

生理前~生理中は、やはり体臭が気になって、デオドラントアイテムを忘れた日には、それだけで憂鬱です。

ビオレのさらさらシートなどの商品も、ちょうど流行りだした時期でした。

ビオレ以外にも、Ban(バン)や、Ag(エージー)プラスのシートタイプなど、いろいろありますね。
 
ビオレサラサラパウダーシート
 

生理前の体臭で頭痛が悪化?

しかも、わたしは、PMSの症状として、頭痛がよくあらわれるのですが、自分の臭いで、頭痛が悪化する感覚に陥ることがあります。

体臭がきつく感じられるときは、大体、頭痛が起こっているのです。

ちなみに、PMSの時期は、そもそも、嗅覚が過敏になる傾向にあるそうです。

人によっては、自分の嗅覚が過敏になっていて、いつもより臭いが気になる気がするだけで、周りからしたら、特に気にならないということも、珍しくありません。

わたしの場合は、母から指摘されてしまったので、近づけばわかる程度に臭っていたという残念な話です。

でも、普段から体臭に気を配っているのであれば、あまり神経質になる必要はないといえます。

頭痛薬を飲んで、薬が効き始めると、若干マシになるので、頭痛が体臭をきつく感じさせるのかもしれません。

排卵日以降に、体臭がきつくなるのは、ホルモンバランスが乱れるからにほかなりません。

ホルモンバランスの乱れによって、抵抗力や免疫力が低下すると、皮脂の中の脂肪酸が酸化しやすくなり、それが、体臭をきつくする原因となるそうです。

さらに、排卵日あたりは、体温が上がって、汗をかきやすくなるほか、皮脂の分泌量も増加します。

これから冬が来て、汗をかく機会が減るように思いますが、仕事中に暖房の効いた室内にいると、服の中で汗をかくこともあるので、臭い対策に、油断は禁物です。

ホルモンバランスの乱れを整えるというのは、PMSの症状を緩和するためにも大切なことです。

イソフラボンを補給したり、サプリメントを摂って、ホルモンバランスを整えることができれば、体臭にも効果が期待できるかもしれません。

しかし、ホルモンバランスをコントロールするのは、かなり難しいことなので、どちらにしてもデオドラント対策は、必須といえそうです。

あまり神経質になるのはよくないので、お気に入りのケアグッズを探すなどして、楽しみながら、臭い対策ができるようにするとよいかもしれません。

個人的には、リフレアが、一番効果があった気がします。
 
ワキの臭い対策グッズ
 
関連記事 PMSの症状改善のために大豆イソフラボンが豊富な豆乳を飲んでみた結果
 

生理前・生理中に臭いやすい場所

生理のときだけでなく、体臭への対策は、常に気になるのが乙女心です。

臭いがしやすい場所としては、「ワキ」が代表的だと思います。

女性の場合は、オシャレでノースリーブを着る機会もありますし、ワキ脱毛が当たり前になった今では、臭い対策も気を抜けないのが現状です。

毛がなくてつるつるなのに、ワキから臭いが……なんてことになったら、残念女子の烙印を押されそうです……。

これは、個人的な見解ですが、ワキの臭い対策をするだけで、生理前や生理中の体臭が、かなり気にならなくなるように感じます。

みなさんどうでしょうか。「そんなことないわ!」という方は、ごめんなさい。

そのほか、デリケートゾーン、足の裏や耳の裏側、口臭などもありますが、今回はワキにスポットを当てていきます。

 
関連記事 生理前・生理中の体臭対策について
 

ワキの臭い対策

 
排卵日_黄体期_PMS_体臭_オロナイン
 
ワキの臭い対策は、デオドランド商品を使うのが一般的だと思います。

わたしも、一時期前はそうでした。

しかし、デオドランド製品を継続使用していると、すぐになくなる!費用がかさむ!という印象があります。

そこで、最近は、もっと簡単で、お金がかからない方法として、オロナインを使うという方法があるようです。

オロナインは、容量が多いので、コストパフォーマンスの面でも優秀です。

使い方は、下記のとおりです。

  1. ワキを入浴時に、丁寧に洗っておく。最低でも3回は、こすり洗いすること。
    臭いのもとになるのは汗、皮脂が混じりあって繁殖した雑菌です。しっかり洗わないと、いくら対策しても、意味がありません。
  2. 入浴後、水分を拭き取り、ワキにオロナインを適量塗りこむ。
    このとき、水分が取れていないと、白浮きして流れてしまいます。

基本的には、これだけです。

汗をかかない季節であれば、前日の夜にこれをやるだけで、翌日1日は、十分、体臭対策になります。

夏場は、汗をかいて、オロナインが流れてしまうこともあるので、チューブ型と、瓶型の2タイプを持っておくと、安心です。

ついでに、ちょっとしたキズができたときや、ニキビなどの治療薬としても使えるし、肌が乾燥しているときの応急処置として、保湿にも使うことができます。

オロナイン独特の香りがしますが、強い香りではないため、オフィスで使っても問題ないです。

とはいえ、個人の好みもあると思いますが。

価格は、チューブ型(20g)で200円から300円、100gで600円前後です。

通販や、置いてある店舗によって、微妙に価格が変わります。
 

まとめ

  • 黄体期や生理中は、誰でも体臭が強くなりやすい
  • ホルモンの影響で、嗅覚過敏になっている可能性もあるので、神経質になる必要はない
  • 気になるのであれば、制汗剤などを使用して対策を

 - PMSと生理痛 by 田中みか