PMS改善日記

*

PMSと更年期の似ているところ、違うところ

   

PMSは月経がある女性であれば誰にでも起こる可能性があるし、
更年期も年齢を重ねていけばいつかやってきます。

しかし、いつまで生理が来るのか、いつ閉経を迎えるのかは
決まった年齢があるわけでもなく、個人差があります。

閉経というと40代~50代くらいのイメージですが、
40歳ぴったりに更年期が始まるわけでもあるまいし、
どうやって判断したらいいのだろうと少し疑問です。

PMSについて調べていると時々更年期とまとめて
語られていることがあります。

どうやらPMSも更年期もどちらも
ホルモンバランスの乱れが原因で起こり、
共通している症状もあるため、
同じ対策が有効なことがあるようです。

ただ決定的な違いはPMSは生理前の排卵以降の黄体期に症状がでて、
生理が始まると徐々に治まっていくのに対して、
更年期の場合は一つの症状が治まるのに
長い時間がかかるところだそうです。

更年期の症状も段階によってさまざまあるようですが、
代表的なものを挙げてみます。

初期症状・・・
ほてりのぼせ、汗をかきやすくなる、手足の冷え、動悸
月経が長くなる、短くなる
集中力が低下する不眠、物忘れが増える、イライラ憂鬱
頭痛、めまい…etc.  色付き はPMSと共通

中期~後期の症状・・・
頻尿、尿漏れ、肩こり、筋肉・骨格系の衰え、子宮脱
背骨や腰が痛むなどの関節痛
しみ、しわ、たるみ、くすみ…etc.
(子宮脱という言葉を初めて聞きましたが、
子宮や直腸を支える筋肉(骨盤底筋群)が衰えてきて、
子宮が膣から出てきてしまうという症状だそう。。。怖い)

こうしてみると初期症状の方がPMSと症状が似ていると感じます。

更年期・PMSの症状と女の子

20代であれば更年期とは無縁なのかと思いきや、
20代、30代の女性でもストレスや疲れ、不規則な生活によって
卵巣の機能が低下すると「プレ(プチ)更年期」という更年期のような
症状が出てしまうことがあるそうです。

もしPMSの症状に長年悩まされていたら、更年期の初期症状と
PMSと判断がつかないこともあると思います。

更年期が気になる年齢になったら婦人科で検査を受けて、
閉経が近いか否かを確認してもらうと対策がしやすくなるそうです。

もし更年期ではなくても予防をしたり、準備をしたりが出来るので、
面倒がらずに検査を受けるのが得策です。

卵巣の機能は30代でピークを迎えて、
徐々に下降していくそうなので、
更年期なんてまだまだと遠い話だと思うのは
心得違いかもしれません。
(私がそう思っていた張本人、、)

備えあれば憂いなしということで、
今からでも出来る限り対策を取っていくつもりです。
(骨盤底筋群を鍛えるトレーニングはやっていきたいと思います。
子宮脱怖すぎます!!あと尿漏れ対策やシェイプアップにもなるそうですよ。)


 - PMSと生理痛 by 田中みか