PMS改善日記

*

布ナプキンやよもぎ蒸しで体を温める

      2016/07/12

おりものシートの節約目的で、少し前から布ナプキンを使い始めました。(薄手のものはおりものシート、厚手のものは生理用に使える)

布ナプキンが体の冷え対策に効果的なのは前から知っていましたが、使い捨てナプキンを使っても冷えを実感したことがなかったので、あまり気にしていませんでした。

が、生理中に布ナプキンを使ってみたら、確かにいつもより温かい。。。。

それでもなんとなく温かいと思ったくらいで、使い捨てナプキンが冷えるとかは全く思っていなかったのに、後日使い捨てナプキンを使ってみると、経血が出た後が冷たく、その違いを実感してしまいました 😥

使い捨てナプキンの中には血を固める成分が入っており、それが冷えの原因になるのだそうです。(まあ、赤ちゃんのおむつみたいなもんだし、そりゃ冷たくもなる)

ただでさえ調子が上がらない生理中なので、生理痛の悪化につながる冷えは出来るだけ避けたいものです。

使い捨てナプキンの方が、衛生的で後処理も簡単なのはもちろんのことで、布ナプキンを絶対的に支持するわけではないのですが、女性にとって大敵である冷えを防いでくれるのは嬉しいことだと思いました。

布ナプキンを使って体の中心から体の冷えを防ぐというのはよもぎ蒸しの発想にもつながっている気がしました。

よもぎ蒸しは韓国で歴史のある民間療法で、生理痛や子宮の病気、冷え、便秘、産後ケアなどに効果があると言われています。

効果があると言われている症状を見てもわかる通り、PMSにも当てはまる症状が多いです。

実際にPMSの改善のためによもぎ蒸しを取り入れている人もいるようです。

よもぎ蒸しパッドなどの市販品は発がん性があるなどと話題になっており、ちょっと不安がありますが、(真偽は不明なので、使用は自己責任で)よもぎ蒸しならやってみてもいいかなと思っています。

新宿によもぎ蒸しをやっているサロンがあり、40分2500円程度の値段で体験できるそうです。(効果がわからないと高いのか妥当なのかわからない値段)

初回価格で割引と10分追加が付くようなので、試しに行ってみたい気もします。

近くにお店がないと言う人は自分で専用の椅子やマントを買って、よもぎ蒸しを自宅ですることも可能だそうです。(想像するとすごい光景ですが)

よもぎ蒸しに使う椅子

よもぎ蒸しは1度ではなく回数を重ねることで効果を実感できるものだそうなので、サロンに通うより買った方が経済的かもしれません。(私は家のスペースの問題でとても買えませんが)


 - PMSと生理痛 by 田中みか