PMS改善日記

*

生理前におりものの量が増える理由と対策

      2017/06/08

こんにちは、田中みかです。

突然ですが、みなさんは、おりものの量が多くなって、困ることはありませんか?

排卵日以降、PMS(月経前症候群)の時期に差しかかると、おりものの量は明らかに増えます。

以前は、わたしもあまり意識していませんでしたが、PMSを意識するようになって初めて自覚しました。ここ半年くらいで多く感じるようになった気もします。

おりものの量の変化は、ホルモンバランスの影響も受けているそうで、妊娠の初期症状としておりものに変化が現れることもあるそうです。わたしの場合、毎月のことでちゃんと生理も来ているので、妊娠初期症状ということはないはずですが。

そこで今回は、生理前におりものの量が増えてしまう理由とその対策、さらにはニオイの対策についてまとめてみました。
 

おりものの量が多くなる時期って?

おりものの量はエストロゲンとプロゲステロンの影響を受けていて、排卵日前にはエストロゲンに、排卵日以降はプロゲステロンに影響されるため、おりものの状態に変化が現れます。

おりものは一般的に下記のように変化していきます(月末に生理が始まる場合)。

おりものの量変化グラフ
※クリックで拡大します。
 

排卵日に向けておりものの量が増えていき、排卵日にピークを迎えます。

そして生理前に一度量が減り、生理日が近づくとまた増えていき、生理が始まって、おりものが止まるという流れです。

おりものが排卵日に向かって増えていくのは受精を助ける役割を担っているからで、それとともに膣内への細菌の侵入を防いでくれます。
【関連記事】おりものの量と変化について、もっと詳しく
 

おりものとニオイを対策!

体にとって必要なものだとはわかっていても、量が多いと下着が汚れてしまったり、気持ちが悪かったりします。

加えて、生理前後は量の変化のほかにニオイが気になる時期でもあるので、できるかぎり快適に過ごせるようにしたいですよね。

おりもの対策といえば、まず思い浮かぶのがパンティライナー(おりものシート)の類だと思います。

下着が汚れるのを防いでくれるし、香り付きのものを使えば、ニオイをあまり気にせずに済むというのがいいところです。

しかしニオイが強くなる生理前後のおりものの場合、香り付きのものを使うとおりもののニオイと混じってかえってニオイがキツくなることもある気がします。
【関連記事】あなたの、おりものは、どんなニオイ?

時期によっておりものシートを無香料と使い分けるというのも一つの手だと思うのですが、専用のケア用品を使う方法もあります。

  • pHケア フェミニンウォッシュ
  • ジャムウハーバルソープ

これらの石鹸のほかに、膣に直接注入して使う膣洗浄器というのもあるそうです。

インクリアとジャムウスティック

ジャムウスティック

ジャムウスティックは、クレイ成分、石鹸素地でできていることが多いそうで、膣に挿入し、溶け出した成分は洗い流します。洗い流すのはビデなどを使用します。

インクリア

インクリアは、タンポンのようなアプリケーターの中にジェルが入っていて、膣に注入して使用します。こちらはジェルを洗い流す必要がないそう。

おりものが気になるからといって、洗いすぎてしまうと逆におりものが増えてしまうというのも有名な話なので、あくまで洗うときは優しく洗うように気をつけましょう。
 
またパンティーライナー(おりものシート)を使用することで、雑菌が繁殖しておりものが増えてしまうこともあるそうなので、おりものシートはこまめに取り替えるのが大切です。

おりものは体にとって必要なものなので、完全になくすというのは難しいですが、対策によってある程度快適に過ごすことができるようになるので、自分に合うものを探してみるのをおすすめします。

【関連記事】おりものに血が混じっていたら、これって病気?


 - PMSと生理痛 by 田中みか