PMS改善日記

*

ネガティブ、イライラ、体調不良でしんどい時の対処法

      2017/07/11

こんにちは、田中みかです。

あなたは、PMSでネガティブやイライラでしんどいとき、どんなふうに対処していますか?

わたしは、いま生理予定日1週間前。黄体期後半を迎え、PMSの症状が強くなってきました。

今日、特に感じたのは下腹部の鈍痛です。寒いせいなのかじんわり痛いです。

しかも免疫力が下がるのか、肌が敏感になっているのか、ここ数ヶ月のあいだヘルペスが出て、テンションもダダ下がりです。

病は気からというけれど、ただでさえ精神的に不安定になりやすいので、ちょっと体調が悪いと本当にしんどく感じます。

憂鬱のポーズ

PMSで精神的な症状が出てくると、どうしてもいろいろと昔のことを考えて落ち込んだり、すべてのことが不安に感じたりして、ネガティブなことをぐるぐる考え続ける傾向があります。

わたしは、特にこの傾向が強いので、ネガティブになっていると思ったら、考えるのをやめるように気をつけています。

PMSの時に考えていることはたいてい、いまさらいっても仕方がないことばかりです。

最近は「考えても仕方がない」「過去は変わらない」とか、そんなふうに思うようにしています。

PMSで精神的に不安定にならない人からしたら、当たり前のことかもしれませんが。

それから、PMSのときは、頭の回転も鈍っている気がするので、重大な決断はなるべく避けるようにしています。

この時期に決断しようとするとネガティブな考えが前に出てきたり、過去のことを思い出してムキになったりして、冷静な判断ができないと思うからです。

といっても、何か決断しなければいけない時期は、体調のことなんて考えてやってくるわけではないので、自分なりの決断ルールのようなものを先に決めておけば、PMSの時期でもちょっと落ち着いて考えられるのかなと思います。

イライラしやすくなるのもこの時期で、ちょっとしたことで、イライラするのが困りものです。

イライラの限界値も低くなっているので、態度に出そうになるのがヒヤヒヤします。

わたしの場合、イライラするきっかけが、周りからないがしろにされていると感じることだったり、周りの言動が気に障ったり、音がうるさかったりと周囲から影響を受けての場合が多いです。

そういうイライラは、自分のやっていることや、やるべきことに集中することで、考えないようにすることができるので、仕事中には自分の仕事に集中するということが、うまくやるコツなのかなと思っています。

PMSの症状の重さや種類は人によって個人差が大きいので、自分のタイプをよく把握して、自分にあった対処法を見つけるのが大切だと思います。

わたしの対処法は一例ですが、何かしら考えるきっかけになればと思います。


 - PMSと生理痛 by 田中みか