PMS改善日記

*

PMSやPMDDの治療法・病院選び~ピル・抗うつ剤・漢方薬など治療法別のメリット・デメリット~

   

PMSやPMDDかもしれないと思ったとき、
一体何科にかかったらいいのかとまず悩みました。

病院について調べた時、クチコミで、
女医さんのいる婦人科に行ってPMSの相談をしたところ、
あまりにも大したことないことのように扱われ、
嫌な気持ちになってしまったなどの経験談を見つけました。
混んでいる病院では特にPMSは緊急を要するものではない分、
当人以外には大したことないと思われがちなようです。

一口に病院といっても
専門の先生がどの分野に強いかどうかや病院の治療方針、
先生の人柄などは異なるので、
まず自分自身がどう治していきたいのかをしっかり考えた上で
病院選びをしたほうが良いのだと思います。

そこでPMSやPMDDになったとき、
何科にかかればいいのか、具体的にどんな治療法があるのかについて調べてみました。

まず大きく分けるとPMSで身体的症状が強く出ているなら婦人科
精神的な症状が強く出るPMDDならメンタルクリニックや心療内科などを
受診したほうがよいそうです。

次にPMSやPMDDの治療方法については
「PMS ○○療法」○○←自分のしたい治療法
などで調べてみるとその治療法に重きを置いている病院を
見つけることができます。

よくある治療法は低用量ピルで月経コントロールを行い、
PMSの症状が出る時期そのものをなくしてしまう方法、
PMDDで精神的な症状が強い人には抗うつ剤などの精神薬を服用する方法、
これらの薬で症状を抑えるという治療法があります。

ピルや抗うつ剤などの薬は人によっては副作用が強く出てしまい、
慣れるまでは吐き気や頭痛の症状が出ることがあるというのも知られています。

そもそも根本的な原因を治療する方法ではないので、
継続して薬を使用しなければならず、
薬の使用を止めれば症状が再発するというデメリットがあります。
1ヶ月2000~3000円程度の出費がかかります。

しかし他の方法に比べると即効性があり、
症状が深刻な人や月経そのものが重い人にとっては
生活が激変するほどのメリットがあるという話もきくので、
薬を飲むことに抵抗がない人、
即効性を求めている人にとっては適した治療方なのだと思います。

その他、漢方薬を使った治療法もあります。
先のピルや抗うつ剤などのように薬で症状を抑えるのではなく、
体の中の原因から改善していく治療法になります。
漢方薬による治療はピルや抗うつ剤などよりも効果はゆっくりですが、
副作用は比較的少ないというメリットがあります。
しかし体調によっては副作用が出ることもあるし、
ピルと比べる値段が高く月10,000円程度かかる場合もあるそうです。

またPMDDの傾向が強い場合、漢方薬だけでは治療が行き届かない部分があるため、
結果的に抗うつ剤などと併用することもあるとのことです。
当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)、加味逍遥散(かみしょうようさん)などは
ドラッグストアなどでもたまに見かけますが、
自己判断で使用するよりは専門医にかかり、
自分にあった漢方をきちんと処方してもらったほうが、
効果は高いと言えそうです。

最後にサプリメントを使用して足りない栄養を補う栄養療法です。
PMSはカリウムやマグネシウムが不足や、
鉄不足などの栄養バランスの乱れも原因の一つと言われています。
そこでビタミンB6や鉄などのサプリを使用して、
栄養バランスを整えるのが栄養療法です。
栄養療法は副作用がないというのが最大のメリットになります。
即効性はないものの効果は高く、
美容効果も期待出来るそうなので
一番安心出来る治療法なのではと個人的に思っています。
費用は月5,000円程度だそうなので、
頑張れば続けられそうな値段というのもいいところだと思います。

PMSは症状や体質によって合う治療法が変わってくるものなので、
まず自分がどういう治療法がいいのかを考えた上で、病院を受診し、
自分に合う方法かどうかを確かめながら治療していくのが一番だと思います。
些細とはいえ、継続治療すれば費用はかさんでいくので、
財布事情もよく考えて決めたいですね。

写真は甘いものが食べたかったので少しでも体にいいものをと思い、
ナッツを使ってカッサータ(アイスチーズケーキ)を作りました。
普段の食事を改善する食事療法というものもあるそうですが、
完全に独学では難しいので病院に行って相談してみるのもいいかもしれません。
間食に最適なナッツを使ったアイスチーズケーキです。


 - PMSと生理痛 by 田中みか