PMS改善日記

*

棗(なつめ)の効果・効能~アンチエイジング効果、イライラ・情緒不安定、便秘、貧血、PMS~

      2018/06/11

棗(なつめ)

 

こんにちは、田中みかです。

突然ですが、あなたは棗(なつめ)の効果を知っていますか?

聞くところによると、PMS(月経前症候群)の改善にも効果がある、女性におすすめの食材だとか……!?

そこで、今回は、棗(なつめ)の効果についてまとめてみました。

 

棗(なつめ)の効果・効能って?

火鍋

 

先日、火鍋を食べに行きました。

火鍋の中には、生薬がたくさん入っているわけですが、その中にも棗(なつめ)が入っています。

上記の火鍋の写真でいうと、浮いている赤い実が、棗(なつめ)です。

 

生薬(しょうやく)や漢方、薬膳などについて調べていると、「棗(なつめ)」という実がよく入っているのを見かけます。

ペットボトルのお茶「十六茶」にも、棗(なつめ)が入っているんですよ。

 

原材料名
ハトムギ、大麦、ハブ茶、発芽大麦、黒豆(大豆)、とうもろこし、玄米、びわの葉、カワラケツメイ、たんぽぽの根、あわ、きび、エゴマの葉、桑の葉、昆布、ナツメ/ビタミンC

(アサヒ飲料公式HPより http://www.asahiinryo.co.jp/products/tea/16cha/)

 

そんな棗(なつめ)、一体どんな効能・効果があるものなのでしょうか?

 

老化防止、アンチエイジングに

棗(なつめ)

中国では古来より、

 

「一日食三棗、終生不顕老=1日3粒の棗(なつめ)を食べると、一生老いない」

 

という言葉があるくらい、棗(なつめ)は老化防止に高い効果があるのだそうです。

世界三大美女の楊貴妃(ようきひ)もよく食べていたと伝えられているそう。

 

お肌のキレイな女性

 

女性にとっては、

 

棗(なつめ)の効果・効能①
  • 老化防止
  • アンチエイジング効果

 

だけでも、十分嬉しいですよね!

 

女性のPMS、生理痛にも効果あり!

女性のお腹

 

さらにこの棗(なつめ)、老化防止以外にも、

 

棗(なつめ)の効果・効能②
  • PMSの症状改善
  • 生理痛の改善

 

にも、高い効果を発揮してくれるそうなのです。

 

棗(なつめ)は、セロトニンの生成に必要なマグネシウムを豊富に含んでいるため、PMSの時のイライラや、情緒不安定を緩和してくれるのだとか。

 

また、私の友人に、

 

「棗(なつめ)を食べ始めたら、生理痛が改善した!」

 

という人もいます。

私にもぜひ食べてみてほしいと、棗(なつめ)をプレゼントしてくれました。

 

棗(なつめ)

 

さらに棗(なつめ)は、

 

棗(なつめ)の効果・効能③
  • 食物繊維が豊富 ⇒ 便秘解消の効果
  • 鉄分が豊富 ⇒ 貧血予防、血流、冷えの改善効果

 

などの効果もあるため、まさに、PMSに悩む女性にうってつけの食材なのです!

 

日常生活で「棗(なつめ)」になじみがない人も多いと思いますが、ドライフルーツとして売られているので、見つけたら、ぜひ食べてみてください!

 

あわせて読みたい関連記事

 

デーツと棗(なつめ)は違う!

デーツ

こちらはドライフルーツの「デーツ」

 

棗(なつめ)に興味を持っている人の中にも、

 

「棗(なつめ)ってデーツのことでしょ?」

 

と思っている人が多いようです。

 

しかし、棗(なつめ)とデーツ(ナツメヤシ)は別物。

棗(なつめ)は英語で「jujube(ジュジュベ)」または「Chinese dates」と言います。

棗(なつめ)は「中国のデーツ」と呼ばれているということですね。

 

また、実の色も、若干の違いがあります。

デーツと棗(なつめ)の違い
  • デーツ(ナツメヤシ)=茶色、甘味が強い
  • 棗(なつめ)=赤い、酸味が強い

 

最近、デーツ(ナツメヤシ)の方は、無印良品のようなお店でも、よく見かけるようになりました。

デーツには、ダイエット効果や、棗と同様、免疫力アップの効果があります。

効果が微妙に違うので、PMSの改善や、イライラ解消目的で食べるなら、ぜひとも棗(なつめ/ナツメ)をおすすめします。

 

棗(なつめ)ってどんな味? 食べ方は?

棗(なつめ)

 

とはいえ、日本人にはあまり馴染みのない棗(なつめ)。

「棗(なつめ)ってどんな味なの?」

「どうやって食べればいいの?」

と思いますよね。

 

棗(なつめ)の味は?

棗(なつめ)の味は、

 

甘くないプルーン

 

と表現する人が多いです。

物によっては多少クセがあるかもしれませんが、特に強いクセではありませんので、普通のドライフルーツ感覚で食べられると思いますよ。

 

棗(なつめ)の食感は?

棗(なつめ)の食感は、

  • 乾燥タイプのもの ⇒ カリカリ
  • しっとりとしたドライフルーツタイプのもの ⇒ 中はねっとり
  • 砂糖漬け ⇒  外はベトベトまたは飴状でカリッと、中はねっとり

の違いがあります。

 

棗(なつめ)の食べ方は?

ナスと棗(なつめ)の煮物

 

棗(なつめ)は、

  • そのまま食べる
  • ヨーグルトのトッピングに
  • 煮出してなつめ茶にして飲む
  • お粥に入れる
  • スープに入れる
  • 火鍋やサムゲタンなどに
  • 煮物などのお料理に入れる

などの食べ方があります。

ナッツと一緒に食べるのも、食べやすいのでおすすめです。

ぜひ、あまり気負わずに、お好みの方法で食べてみてください。

 

あわせて読みたい関連記事

 

少しずつ、毎日食べよう!

ただ、棗(なつめ)は食べ過ぎると、胃腸に負担がかかるそうなので、美味しくても、食べ過ぎには注意しましょう。

中国の言葉の通り、「一日に、3粒で十分!」ということでしょうかね。

ちなみに、継続して食べることが大切だそうですよ。

 

まとめ

販売されている棗(なつめ)

 

以上、今回は女性におすすめの食材、「棗(なつめ)」についてご紹介してきました。

毎日少しずつ続けるだけで、嬉しい効果がありそうな棗(なつめ)。

今日、棗(なつめ)のドライフルーツを2種類買ってきたので、私も毎日食べていこうと思います!


 - PMSと生理痛 by 田中みか