PMS改善日記

*

6月のまとめ~情緒不安定~

      2017/09/21

タピオカココナッツミルク今月は自分で初めてタピオカとココナッツミルクを買ってきて、タピオカココナッツミルクを作ってみました。(写真)

(思い切り余談ですが、ココナッツミルクは食物繊維が豊富で、鉄分やカリウムを含むため、女性の体にいいようです。PMSにもよさそうなので、また今度調べてみたいと思います。)

6月はプレフェミンの服用を始めて、胸の張りや下腹部痛といったPMSの身体的な症状の悩みからは解放されていた気がします。あと生理が予定日ぴったりに始まったので、それは嬉しいところでした。

(前半は「命の母ホワイト」を飲んでいて、途中から、「プレフェミン」を飲むようになりました。)

イライラも多少改善傾向にあり、プレフェミンの効果はまずまずと言った感じなのですが、なぜか憂鬱感や不安感だけはあまり改善されませんでした。(それも生理日前日から排卵日あたりにかけて不安定になりました。)

むしろプレフェミンを飲んでいるから、情緒不安定なんでは?とちょっと疑っていたのですが、今日、プレフェミンを飲まない状態でいても夕方ごろに急に情緒不安定になったので、プレフェミンのせいではないようです。(それもどうなんだって感じはするけど)

ただ日中はプレフェミンを飲まずに過ごしていても精神的に安定していたので、時期によってはプレフェミンを飲む必要がないのかもしれないなあと思いました。(仕事にさえ支障が出なければひとまずはなんとかなるし、、、。)

私の場合、情緒不安定の最たる原因はPMSというよりは、職場環境や転職活動のストレスなのかもしれません。(最近、特に気温の変化もあって疲れているのかも)

天気が不安定なせいもあって、今月はあまり自転車で出かけることもなく、運動不足気味でストレスがうまく解消出来ていないことも原因かなと思っています。

PMSにしても単なる情緒不安定だとしても、自分でコントロールできないことにはどうしようもなく、不安定な気持ちを抱えていることそのものがストレスです。

なんとか情緒不安定を解消する方法はないかといろいろと調べてみたのですが、結局、不安になる原因について考えないようにすることが一番で、将来に対する不安や現状に対する不満などついつい考えてしまいがちですが、考えたところで何も変わらないのは確かなので、「目の前のことをしっかりやっていれば、大丈夫」くらいの気持ちでいた方がいいのかもしれません。(やるべきこととか正しいこととか考えだすとこれでいいのか~とか不安になるし)

それでもやっぱりつらかったり、症状がひどくなるようなら心療内科などに行くという選択肢も考えておきたいと思います。(ずっと言ってる気もするが、、。)

人に話すことで、不安な気持ちを整理することが出来たり、気持ちが落ち着いたりすることもあるので、1人で抱え込まないことが大切なのかなと思います。

 

 


 - PMSと生理痛 by 田中みか