PMS改善日記

*

卵胞期に体調不調! 腹痛、出血、頭痛、吐き気などの症状

      2017/07/22

a6a0eaeceb9a34f6430318de42c77933_s
 
こんにちは、田中みかです。

突然ですが、あなたは、卵胞期なのに、頭痛や腹痛などの体調不良が起こることはありませんか?

実は、わたしも、数日前に生理が終わって、「卵胞期だから、体が楽になるー」と思っていたのに、ちょっと便秘気味で困っています。
 
卵胞期 不調 便秘
 
頭もぼーっとするし、眠たいし、全然集中できません。

全部放り出して、知らん顔ができたら、どんなにいいか……。

生理後に不調があらわれる生理後症候群なのか、単なる体調不良か気になるところです。
 
関連記事 生理後がつらい!生理後症候群ってなんだろう?~原因・症状・対策~
 
調子が悪いからといって、スケジュールを調整できたらいいけれど、なかなか、そういうわけにはいきません。

原因を知って、なにか対策を立てるしかないのが現実。

というわけで、今回は、卵胞期にあらわれる不調についてまとめてみました。
 

卵胞期とは

卵胞期 不調 1
 
卵胞期は、上の画像のように、「キラキラ期」なんて呼ばれ方をすることがあります。

キラキラというくらいだから、一般的には、キラキラ輝いてる期間、ってことですよね。
 

卵胞期に起こる体調の変化

卵胞期は、エストロゲンの分泌が増える時期といわれます。
 

卵胞期 不調 1 (2)
 
卵胞期がキラキラ期といわれるのは、このエストロゲンの影響といわれています。

エストロゲンが分泌されることで、女性らしさが引き立つのだそうです。

わたしがいつも使っている「ルナルナ」というスマホのアプリでも、卵胞期になると、肌につやがでて、健康状態も良好になり、ボディラインも女性らしくなる時期だと説明されています。
 
卵胞期 不調
 
後半部分に書いてある「明るい気持ちになりやすい」ということに関しては、わかるときも多いです。

しかし、体調については、そこまでよい効果があるとは思えないのが、正直なところです。

わたしの卵胞期は、下記のような感じです。

  • 肌艶がよくなる→肌がてかりやすい、化粧崩れしやすい、ニキビができやすい
  • ボディライン→特に何も感じない
  • 髪のつや→艶はあるけど、変にまとまってボリュームがなくなる

あと、毎回ではありませんが、便秘気味になることがあります。

これは、エストロゲンの分泌が多いということなのでしょうか?

キラキラ期というわりには、「調子よくないんだよなー」と、毎度思っています。

ただ、生理前とくらべると、調子がよいのは間違いないです。

調子がよい分、この時期に気を付けなければいけないのは、食生活や生活習慣の乱れだそうです。

元気だと、つい夜更かしをしたり、お菓子や揚げ物をたくさん食べてしまいます。

でも、好き勝手な食生活をすると、PMS(月経前症候群)の症状が重くなって、下腹部痛や胸のはりなどが、顕著にあらわれます。

PMSというのは、生理の2週間前ぐらいから起こる症状で、イライラ、だるい、頭痛、腹痛、胸の張りなど、さまざまなココロとカラダの不調のことです。

こういった不調があらわれてしまうと、あとはどうにもならないので、常に食生活は摂生しなければならないと、すごく思っています。

ずっと我慢するのもつらいし、我慢しなかったら、あとがつらいしで、なかなかむずかしいですね。
 

排卵日付近の不調

卵胞期 不調
 
排卵日付近になると、また、体調が変化するようです。

あらわれる症状としては、以下のような症状があります。
 

排卵日付近にあらわれる症状
  • 排卵出血
  • 排卵痛
  • 頭痛
  • 胸の張り
  • 便秘
  • 吐き気
  • だるさ
  • 腰痛
  • 眠気
  • 下痢
 

今まで、排卵日になにか不調が起こるという自覚は、あまりなかったので、あらためて認識しました。
 

排卵出血

排卵出血は、生理よりも短く、少量の血液が出たり、おりものに血が混じったりして起こります。

わたしも、何度かおりものに、血が混じっていたことがありました。

そのときのおりものは、ちょうどよく伸びる、排卵の時期特有のおりものだったので、排卵出血で間違いないと思っています。

排卵出血も、毎回起こるわけではなく、以前は頻繁に起こっていたのですが、最近は起こりません。

初めて排卵出血が起きたときには、びっくりして、婦人科に行ってしまうくらい驚きましたが、婦人科の先生の反応からして、特別珍しいことでもないようでした。

生理の日以外の血が出るなんて、「病気だったらどうしよう!?」というのが、こちらの気持ちなんですが、病院の先生は、なんでもないようにいうんですよねー。
 

排卵痛

排卵出血にともなって、痛みを感じることがあります。

それが、排卵痛です。

しかし、排卵出血がなくても、痛みを感じることがあるようです。

排卵痛の感じ方は、人それぞれで、以下のような症状があるようです。
 

排卵痛の感じ方
  • チクチクとした痛みを、卵巣の片側、両側付近で感じる
  • 生理痛のような鈍痛
  • 下腹部が重たく感じる
 

みなさんはどれか、感じたことがありますか?

わたしは以前、卵巣付近がチクチクと痛むのを感じたことがあります。

それと、調べた中では見つけられませんでしたが、筋肉がひきつるような、引っ張られるような痛みも感じたことがあります。

これらの痛みは、毎回の排卵日付近で感じるわけではなく、感じるときもあれば、感じないときもあります。
 

頭痛

わたしの場合は、頭痛がよく起こるので、PMSのときでも、生理中でも、頭痛薬がないと不安です。

頭痛薬の飲みすぎも、本当はよくないんですが、飲まないと、日常生活がままならないので、仕方がないと思って飲んでいます。

ただ、最近は、胃が痛くなることも増えたので、胃薬も一緒に飲むようにしているので、まだマシになったのでは……と思っています。

頭痛薬などの鎮痛剤も、依存性が高いものだそうなので、使いすぎには気を付けたいですね。
 

胸の張り

胸が張るのは、PMSの生理前だけなのかと思いきや、排卵日付近でも、胸が張ることがあるようです。

みなさんは、そんな経験があるでしょうか?

わたし自身、生理が終わって少ししかたっていないのに、胸が張るなと感じたことが、何度かあります。

生理が終わったあとは、PMSなどの症状に、少し無頓着になるので、今までにも、症状があらわれていたのかもしれません。
 

便秘

排卵日付近の不調といえば、便秘も感じる人がいるよう。

「よかった、わたしだけじゃなかった!」と思ったのはいいものの、ルナルナを見るかぎり、排卵予定日より1週間くらい早い。

これはいったい、どういうことなんでしょう。

便秘になると、なんとなく、もやもやするし、肌も荒れるし。

かといって、無理に出そうとしても、痔になってしまうなど逆効果なので、本当に困ります。

子宮脱なども起こしやすくなると聞いたので、正直、めちゃめちゃビビっています。
 

卵胞期の不調はなぜ起こるのか?

卵胞期 不調 ストレス
 
卵胞期に起こる不調とは、特に、排卵日付近の不調についていわれることが多いようです。

卵胞期は、エストロゲンの分泌が増える時期だというのは、上でも書きました。

このエストロゲンの分泌量が少なかったり、多すぎたりしても、不調の原因になるのは、PMSと同じことです。

ホルモンバランスの乱れが起こる原因として、よく挙げられるのは、以下のようなものです。
 

ホルモンバランスの乱れが起こる原因
  • 睡眠不足
  • 食生活の乱れ
  • 運動不足
  • ストレス
 

睡眠不足

睡眠時間が6時間以下になると、ホルモンが正常に分泌されにくくなるようです。

わたしも最近、仕事で残業がかなり増えてしまって、毎日睡眠時間が足りません。

「そりゃあ、体調も悪くなるよね」と、正直思っています。

特にエストロゲンは、6時間以上の睡眠をとることで、分泌されるそうなので、睡眠時間が足りないと、エストロゲンが正常に分泌されません。

そうすると、プロゲステロンが優位になり、便秘や頭痛など、不調が起こりやすくなるそうです。
 

食生活の乱れ

食生活の乱れと聞くと、何を食べるかに気を取られがちですが、いつ食べるかも大切だと、最近、身をもって体感しています。

もちろん、肉や炭水化物ばかりで、野菜を摂らないとなると、栄養バランスが偏ります。

お菓子などをたくさん食べるのも、体にとってよいことではありません。

しかし、どんなに栄養バランスの整った食生活をしていても、寝る直前に食べていたり、食べる時間がバラバラだったりすると、体には悪影響を及ぼすようです。

わたしの場合、このところ帰宅時間が遅くなり、日付が変わるころに自宅に帰ることも増えました。

当然、お腹は空いてしまうので、それから食事を摂ったりすると、眠りが浅くなったり、翌朝体調が悪くなったりということが起こります。

かといって、夜に食事を摂らないとなると、無理なダイエットと同じで、便秘を起こしてしまい、それはそれで体によくありません。

「正しい食生活というのは、規則正しいリズムで食事を摂ることも含まれるのだなー」と、しみじみ感じています。

みなさんの中にも、忙しい毎日を送っている人も多いかと思います。

そんな中で、食事の時間までコントロールするのは、むずかしいことだとは重々承知しています。

でも、わたしを含め、食生活の乱れを整えるというのは、PMSをはじめとした、女性ならではの不調を改善するのに、とても大切なことです。

うまくコントロールできるように、自分なりの解決法が見つけられるといいですね!

わたしも、今のままではよくないと、常々感じているので、どうにか解決する方法を探したいと思っています。
 

運動不足

営業などの、外を出歩く仕事をしている方や、運動する趣味がある方はいいのですが、仕事もデスクワークで、趣味もインドアなタイプだと、どうしても運動不足になりがちです。

運動不足は、肩こりや冷え、むくみなど、PMSでもよく起こる症状を悪化させやすいので、ほんの少しでもいいから、運動する習慣をつけるのをおすすめします。

わたしは、このところ、さぼっていたラジオ体操を、またするようになりました。

ウォーキングやジョギングなどだと、敷居が高いと感じる人にはぴったりです。

たかがラジオ体操ですが、肩こりなどの症状が緩和されるので、みなさんも試してみてくださいね。
 

ストレス

日常生活の中で、自分の意志だけではコントロールしきれないのが、ストレスだと思います。

疲れや睡眠不足など、体調がすぐれない状態だと、ストレスへの耐性が下がり、イライラしやすくなったり、我慢できなくなったりします。

ストレスが溜まっているという自覚がなくても、無意識にため込んでいることがあるそうなので、日常的に、ストレス発散、息抜きできるような習慣をつけておくのをおすすめします。

わたしは最近、ヒーリング系の音楽を、通勤時間に聞くようになりました。

疲れているわりには、心なしか、穏やかに過ごせているような気がしています。

音楽以外にも、その人にあったストレス発散方法があると思うので、自分だけのストレス発散方法を探してみてくださいね。
 

まとめ

  • 卵胞期でもホルモンバランスが乱れれば不調があらわれる
  • 排卵日以降になると特に不調があらわれやすい
  • 不調の種類は排卵出血・排卵痛・頭痛・胸の張り・便秘など

 - PMSと生理痛 by 田中みか