PMS改善日記

*

生理後がつらい!生理後症候群ってなんだろう?~原因・症状・対策~

      2017/07/18

生理後に不調で悩む女性のイメージ

こんにちは、田中みかです。

突然ですが、あなたは、生理後にイライラしたり、体調不良になったりする「生理後症候群」をご存知でしょうか?

生理前に体調が悪くなる生理前症候群(PMS)については、婦人科のサイトなどにも診療項目として紹介されていることが珍しくありません。

ですが、生理後症候群についてはどうでしょうか? 名前を聞いたことがない、という人も多いと思います。

生理後症候群

実は、私もここ最近、生理が終わったのに、動悸や頭痛やイライラなどの不調が続いていて、疑問と不安を持っていました。

そこで、今回は生理後症候群についてまとめてみたいと思います。
 

生理後症候群の症状

生理後症候群にあげられる主な症状は次の3つです。
 

生理後症候群の主な症状
  • イライラ
  • だるさ
  • 暗い気持ちになる
 

私が最近感じるようになったのは、これらに加えて、

  • 心臓がバクバク
  • 布団に入っても眠れない
  • ひどい肩こり

などがあります。

また、生理が終わった直後に、生理前はなかった胸の張りも感じました。
 

生理後症候群の原因

生理後症候群_原因

生理後症候群の原因はさまざまで、主に次のようなことが考えられます。
 

生理後症候群の主な原因
  • ホルモンバランスの乱れ・貧血
  • 食生活の乱れ・夜更かし
  • 加齢・若年性更年期?
 
これらについて、詳しくみていきましょう。
 

ホルモンバランスの乱れ・貧血

生理後症候群が起こる原因として考えられるのが、「エストロゲン分泌不良」「プロゲステロン分泌過多」などのホルモンバランスが乱れているケースです。

また、生理中に経血が排出されたために貧血を起こしているケースも考えられるそうです。

ホルモンバランスが乱れてしまうのは、元をたどれば自律神経の乱れが原因ともいえます。

最近の自分自身の体調と生活を振り返ってみると、先月親知らずを抜いたため、継続的に出血することがありました。ですので、貧血が原因かもしれません。
 

食生活の乱れ・夜更かし

食生活の乱れや夜更かしも、生理後症候群の原因になります。

女性ホルモンの量については、ホルモン検査をしてみないと正確なところはわかりませんが、こうした生活の乱れが体調に悪影響を与えることは明確なので、見直していく必要はあります。

わたしの場合ですが、よく考えてみると、このところ週末の夜から土日は明け方まで夜更かしするのが続いていました。

さらには、ミルクティーやコーヒー、チョコレートなどカフェインを含むものを口にする機会が多かったことを思うと、自律神経の乱れが原因でホルモンバランスが乱れている可能性も無視できません。

ホルモン検査についてはこちらにも書いています。
関連記事 PMSの対処法がホルモン検査でわかる?ホルモンについて知ろう
 

加齢・若年性更年期?

ホルモンバランスの変化は加齢によっても起こります。

それは俗にいう「更年期」というものです。

女性ホルモンであるプロゲステロン、エストロゲンともに分泌量が低下していくのですが、特にエストロゲンが減少が顕著で、それによって引き起こされる不調を「更年期障害」と言います。

更年期は40歳代半ばごろから始まると言われていますが、社会に出て働くことによりストレスを受けることが多くなった、ダイエットに取り組む女性が増えたなどの理由で若い年代の女性(30歳代)に更年期症状が現れることがあるそうです。

それを若年性更年期と言います。症状としては生理が止まった、生理不順、頭痛、冷えなどが現れます。

それらの症状はPMSにもよく似ているし、生理後も症状が続いていてなかなか改善されない場合は若年性更年期もないとは言い切れません。

生理日や基礎体温を記録し、婦人科で相談してみましょう。
 

そのほか、生理後症候群の原因についてはこちらにも書いています。
関連記事 生理後に、頭痛やめまいが続いたら…
 

生理後症候群の対策

生理後症候群

生理後症候群を改善するには、生活を見直すことが大切です。

生活といっても

  • 食生活
  • 生活リズム
  • 運動

など様々な方面からアプローチする必要があります。
 

生活を見直す

まずは通常の生活改善についてですが、

  • 寝る時間を規則的にする
  • 大体同じ時間に食事をする

というすごく基本的なことが大切です。

こうして書いてみると大したことではないように思えますが、同じ時間に眠る、食事をするという習慣がつけば、自然と体にリズムができます。

それに合わせてほかの生活にもリズムが作られていき、規則的な生活ができるように。

想像してみてください。同じ時間に眠るようになれば、自然に朝起きられるようになります。同じ時間だけ眠るので睡眠不足になる心配もありません。

起きる時間が同じになれば、朝食をとる時間もそろってくるし、そうなると朝トイレに行く時間もほとんど同じになります。

そうすることで便秘などの解消にもつながり、リズムを作ることが生活を整えてくれるというのは明らかな事実です。

とはいえ、絶対にこの時間に寝なければいけない、この時間に食事しなければいけないとがちがちに決めてしまうと、窮屈で逆にストレスが溜まりそうです。

人との付き合いや仕事などさまざまな事情で、一定にリズムを守ることができないという場合はあるので、定めすぎないというのも忘れないでおきたいですね。

一度、リズムが乱れてしまったらまた生活を見直して整えてみる、ということの繰り返しでよいのだと思います。

また少しでもよいので意識的に運動を行うのも大切です。

 

食生活に気を配る

食生活ですが、

  • カフェインをとりすぎない
  • 糖分をとりすぎない
  • 鉄分をしっかり摂る

などを意識することがポイントになります。

すでに述べたとおり、カフェインの摂りすぎは自律神経を見出し、ホルモンバランスを乱す原因です。

糖分も取り過ぎると自律神経に悪影響を及ぼし、糖分を摂取して急激に血糖値が上昇したり、そのあとに急降下するという変化はイライラの原因にもなるので、吸収が穏やかなものを食べるなど意識してみましょう。

また忘れてはならないのは鉄分の摂取で女性は貧血が原因で不調が出ていなくても意識的に摂りたい栄養素の一つです。
 

生理後症候群について~まとめ~

  • 生理後に不調が現れるのは、生理後症候群の可能性がある
  • 原因はホルモンバランスの乱れや貧血、若年性更年期が考えられる
  • 生活リズムを整える、食事に気を配るのが対策の第一歩(若年性更年期の場合は病院へ)
関連記事 生理後なのにpms? 頭痛やめまいが生理後にも続いたら


 - PMSと生理痛 by 田中みか