PMS改善日記

*

生理前のおりものの変化について~量・色・状態など~

      2017/07/19

12d78c00a290b7325220e3132e888959_s

こんにちは、田中みかです。

突然ですが、あなたは、生理前のおりものの、量や色や状態などが気になることはありませんか?

実は、わたしも、生理前になると、おりものの変化が気になってしまうんです。

わたしの例になってしまうのですが、今月も、生理が少し遅れて、予定日よりも4日後にきました。
 
生理前,おりものの量,変化
 
生理前から生理予定日以降は、おりものシートも何も付けない状態で過ごすと、経血で、下着や服を汚してしまうことがあるので、生理用のナプキンをつけて過ごすようにしています。

4日遅れてしまったので、その間ずっと、生理用ナプキンを使用していました。

血が出ていなくても、同じナプキンを使い続けるわけにはいかないので、定期的に交換します。

でも、このように生理用ナプキンをつけて過ごしていると、おりものの量が多くなるという変化を実感します。

おりものが出てくる気配を感じるたび、「生理がきたかな?きたかな?」と思いながらトイレに行き、「きてない!」と落胆することもしばしばです。

ちょうど、この頃は、PMS(月経前症候群)の症状も出ているときです。

PMSとは、生理のおよそ3日から10日ほど前から、ホルモンバランスの乱れが原因となって起こる、心やカラダのさまざまな不調をいいます。

精神的に辛くなる場合もあって、「生理が来なかったらどうしよう」と心配になることもあります。

そこで、今回は、生理前のおりものの変化について、まとめてみました。
 

おりものとは

そもそも、おりものとは、なんなのでしょうか?

小学校4年生のときに、保健体育の授業で生理について学びましたが、おりものは、生理前に出るものだとしか教わりませんでした。

おりものは、「女性器から出た、分泌液や古い細胞が混じったもの」なのだそうです。

「こしけ」といういい方もします。

学校で、おりものについて教わったとき、一度、初潮が起こって生理が始まれば、おりものはもう出ないものなのだと勘違いしていました。

おりものシートやパンティライナーが、CMで流れたり、店頭で見かけるたびに、そんなに必要なものなのかと、疑問を感じたものです。

そのうち、おりものは、初潮前だけのものではないということを理解しました。

でも、膣や子宮の健康を保つための役割と、妊娠の手助けをするなど、女性の体にとって、大切な役割を担っているということは知りませんでした。

また、病気などの場合、不調が表れやすいものでもあるため、健康管理のサポートもしてくれるので、なくてはならないもの、というのも、最近知りました。
 

おりものの変化

おりものの変化については、2つの視点から考えられます。

  • 生理周期
  • 年代

 

年代によるおりものの変化

生理周期でおりものの量が変化することは、なんとなく想像ができましたが、年代によっても変化するとは、初耳です。

生理前,おりものの量,変化_年齢別
 

初潮~10代

わたしは小学校5年生くらいのときに、初潮をむかえました。

小学生のころは、おりもののことなんて、気にしたこともなかったです。

きちんと生理周期を把握していたわけではありませんが、大体1ヶ月の周期で、安定して生理が来ていました。

おりものについては、おりものシートを使用する習慣がついていなかったため、下着を汚してしまうことも多く、罪悪感を感じた思い出があります。

実家で生活をしていたころは、母親が洗濯をしてくれていたので、おりもので汚れた下着について「なんであんた下着汚れてんの?」といわれて困った覚えがあります。

自分の体のことって答えづらいし、体から出たものの話をするのは、母親でも抵抗がありますよね。
 

20代

一人暮らしをして、自分で洗濯をするようになって、おりもので下着が汚れることについて、意識するようになりました。

おりものシートを常用するようになったのも、20代になってからです。

下着が汚れることを考えると、下着をじかで履くことができないという話を、先日知人としたので、20代はおりものの量が増えると聞いて、納得です。
 

生理周期によって起こるおりものの変化

生理前,おりものの量,変化

生理中を除いて、おりものは、多かれ少なかれ出ています。

生理周期によって起こるおりものの変化は、量だけでなく、状態や色・においにもあらわれ、量のピークは、排卵日になります。
 

排卵日付近※量がピーク

排卵日付近のおりものは、出ている実感もあまりないし、粘り気がなく、ヌルっという効果音がぴったりな状態に変化します。

さらっとした状態、といわれることもありますが、いつも疑問に思います。個人差でしょうか?

しかし、量がダントツで多い時期になるため、おりものシートは必須、トイレットペーパーを使っても、一度では拭いきれないこともあります。

今年の5月くらいから、この時期におりものに血が混じることが多くなり、予想外の変化に、病気かと思って心配していました。

でも、この時期におりものに混じる血は、排卵出血といって、特に問題のないもののようです。

 
関連記事 生理前のオリモノに血が混じる!?これって病気?大丈夫?
 

黄体期~生理直前

排卵日が過ぎると、ぐっとおりものの量が減り、ネバっという効果音が似合いそうな状態に変化します。

ペーパーにべったり、ということはありませんが、陰毛におりものの塊が付着したり、下着が汚れたりすることはあります。

そのため、おりものシートは、つけることが多いです。

わたしは生理が急に始まって、失敗するのが恐いので、生理予定日前日から、生理用ナプキンをつける場合がほとんどです。

そんなとき、どろっとしたおりものが出て、「生理が来た」と間違えることもあります。

わたしの場合は、特に生理痛予防のために、防寒用の腹巻、もこもこも毛糸パンツ、タイツなどをはくことが多いです。

そうすると、汗をかいて蒸れやすい状態になるため、よけいにおりものが増えてしまっている可能性も高いです。
 

生理終わり

生理が終わったあとは、一時的に、おりものシートがなくても問題がないくらいに量が減りますが、そう長くは続きません。

しばらくすると、徐々に白っぽいおりものが増えてきて、また排卵日をむかえます。
 

おりものの量が変化するとき

 
生理前,おりもの,変化,量が増える
 
ホルモンバランスや病気が原因で、おりものの量に変化が起こることもありますが、それ以外の原因だと、以下が考えられます。
 

おりものの量に変化が起こる原因
  • ストレス
  • 体調不良
  • 性交後
  • デリケートゾーンの洗いすぎ
  • おりものシートなどで蒸れている
 

ストレスや体調不良によって、体の抵抗力が落ちていると、おりものの量が増えることがあるようです。

また、膣の自浄作用によって、性交後に一時期的に、おりものの量が増えることがあります。

そのほか、デリケートゾーンを、アルカリ性の石鹸やビデなどを使用して洗いすぎたり、おりものシートなどを使って蒸れたりすることも、おりものの量が増える原因です。

生理痛予防のために厚着をしすぎると、蒸れの原因になり、蒸れると雑菌が繁殖しやすくなり、においも強くなることがあります。

そんな場合は、ナプキンやおりものシートの定期的な交換をするように意識することが、大切になります。

上記以外には、妊娠の初期症状として、おりものの変化があらわれることもあります。

「いつもと、おりものが違うなー」と思っていたら、妊娠が発覚したという話や、妊娠がわかって思い返したら、おりものの状態が違った、ということが、よくあるようです。
 

おりものの色・状態がいつもと違ったら要注意

おりものは、健康状態によって変化する、と書きました。

病気の場合は、色やにおいにも変化があらわれるため、早期発見、早期治療のきっかけになります。

性感染症、子宮頸がん、ポリープなど病気の可能性も考えられるため、「いつもと違う!」と思ったら、病院に行きましょう。

婦人科は、慣れないと抵抗があるかもしれませんが、女性器系の病気は、放置してもよくなるわけではないため、早めに行くほうが、自分のためになるはずです。
 

まとめ

  • おりものの量は生理周期・年代によって変化する
  • 生理前はおりものの量が増え、状態も変化する
  • ストレスや体調不良、デリケートゾーンの蒸れなどによってもおりものの量が増えることがある
  • 量以外に色・におい・状態に異常があれば病院へ
 


 - PMSと生理痛 by 田中みか