PMS改善日記

*

生理前の集中力低下、何故起こるの?どう対策すればいいの?

      2017/06/27

こんにちは、田中みかです。

突然ですが、あなたは、生理前に集中力が低下して、困ることはありませんか?

実は、わたしも毎月、生理前になると、集中力がなくなってしまって、いつも困っているんです。

私事ですが、転職をして、今月はじめから、新しい職場で働いています。

慣れないことばかりで、それなりに疲れはするけれど、毎日元気に働いています。

働きはじめてから1ヶ月の間に、当然、生理もやってきました。

そのとき、痛感したのが、生理前の集中力低下

今までは、慣れた仕事をしていたから、多少、集中力低下が起こっても、なんとかフォローできていました。

しかし、新しい職場になったら、当然、今までの慣れは通用せず、集中力低下によって起こるミスの多さに愕然としています。

自分でいうのもなんですが、割と、仕事ぶりは、丁寧で正確な方だと思っていたんです。

なのに、今は先輩から、うっかりミスを注意されてしまったり、小さなミスに後から気がついて、落ち込むこともしばしば。

しかも、より集中力が必要なチェック業務をしているから、これがもう大変!

仕事に集中できないし、内容が頭に入ってこなくて、仕事にならないけど、期限があるから、今やらなきゃいけない……。

生理前って、どうして集中力がおちてしまうんでしょうか。

集中力低下が起きても、ミスをしないで済む対策はないのでしょうか。

そんなわけで、今回は、生理前の集中力低下についてまとめてみました。
 

集中力とは

 
生理前_集中力低下_集中
 
集中力とは、ある1つのことに対して注意を集め、その状態で、物事に取り組むことをいいます。

とはいえ、一口に集中力といっても、細かくいえば、色々あるんだそうです。

  • 注意を集める集中力
  • 注意を分散する集中力

集中力には、この2つがあります。
 

注意を集める集中力

まず、上で書いた通り、注意を集める集中力があります。

これは、注意の範囲を狭めて、他の余計なことが気にならないようにすることです。

たとえば、ダーツやゴルフなど、一点を狙う必要があるスポーツで、選手の人が集中している場面。

こういったときは、周りはかなり騒がしいこともあるはずなのに、選手の人は、まったく気にしていない様子ですよね。

このときには、周りの音などを気にしないために、集中力を使っていることになります。
 

注意を分散する集中力

次に、注意を分散して、様々なことに目を向ける力です。

一点集中の集中力では通用しないスポーツ、たとえば、バスケやサッカーなどの、複数の人間が入り乱れる状況の、展開が早いもの。

バスケやサッカーでは、周りを気にせずに、ボールだけに集中してしまっては、すぐに負けてしまいます。

ボールをコントロールしつつ、敵と味方の位置を把握し、パスをしたり、シュートを決めたり。

1点集中では勝つことができない、チームプレイ。

チームプレイのスポーツの場合では、注意を様々なところに分散させた状態で、物事を進めていくために、集中力を使う必要があります。
 

仕事の場合は

 
生理前_集中力低下_仕事
 
仕事においては、下記のような集中力の両方が必要だと思うのですが、みなさんはどう思いますか?

  • 注意を集める集中力
  • 注意を分散する集中力

一点集中が行きすぎて、周りの音が聞こえないなんて状態になるのは、あまり良いとはいえません。

たとえば、電話に気がつかない、上司から声をかけられたのに気がつかない、なんてことがあると、わざとじゃなくても、ちょっと……。

逆に、注意が分散しすぎて、いろいろなことが気になって仕方がなくなってしまうのも、意味がありませんよね?

仕事に必要な集中力は、一点に注意を集めるのと同時に、周りに気を配るということが必要なのだと思います。

最近のわたしは、色々なことに注意を分散させることができておらず、あっちができたら、こっちができないなんてことが、ちょくちょく起こっています。

集中力を、うまくコントロールしていかなければなと……。
 

集中できない原因は?

 
生理前_集中力低下_パソコン
 

集中できない原因は脳が疲れているから?

生理前などに限らず、集中したいのに、どうしても集中できないということもあると思います。

そういうときは、「脳が疲れている」ことが、原因として考えられるそう。

脳が疲れていると、眠くなったり、他のことが気になったりしがちです。

脳が疲れていたら、集中して何かを考えることができないのも納得。

しかし、脳が疲れているからといって、仕事をしないわけにもいかないのが難しいところです。
 

脳の疲れが起こる原因

脳が疲れてしまうのは、下記のような原因があります。
 

脳の疲れが起こる原因
  • 情報が多すぎる
  • 悩みや考え事がある
  • 過剰なストレスを感じている
 

人の脳は、無意識に、いろんな情報を脳内で処理しているというので、たくさんの情報が入ってくれば、処理しきれなくなって、思考が停止していまいます。

パソコンだって、同時にたくさんのことをしようとすれば、フリーズして、強制終了しなければいけなくなったり、壊れたり……。

パソコンでできないのなら、人間の脳が、同時に複数のことを処理しきれなくなるのは、仕方がないことなのかも。

脳を疲れたままにしておくと、自律神経に影響が出て、体調を崩したり、うつ病などになるリスクも高まるようです。

どうにも集中できないときに、無理に集中しようと頑張るのは、逆効果といえるのかもしれません。

いっそ、集中できないのであれば、仮眠を取るとか、席を離れてリフレッシュしてみるとか、時間を決めて気分転換をしたほうが、得策かもですね。
 

集中できない時に集中するためには

 
生理前_集中力低下_整理整頓
 
集中できないからといって、職場から帰ることはできないわけで、堂々と仮眠をとる勇気もないので、どうしたらいいのか……。

集中力を高めるためのコツには、下記のようなものがあります。
 

集中力を高めるためのコツ
  • 机の周りを整理整頓する
  • 優先順位を明確にする
  • 目標やゴールを設定して取り組む
  • 他のことをする
  • 軽く体を動かす
 

机の周りを整理整頓する

机にたくさんのものが置いてある状態は、それだけ、目からたくさんの情報が入ってくるということになります。

そのため、脳に入ってくる情報が、知らず知らずのうちに増えている可能性があるようです。

よく使うものは、机の上に起きがちですが、それがかえって集中できない原因になっているのかもしれません。

集中できないなと思ったら、机の上に余分なものがおいていないか、確認してみてください。

片付けをすることで、気分転換になって、集中しやすくなるかもしれません。
 

優先順位を明確にする・目標やゴールを設定する

あれもやらなきゃ、これもやらなきゃと、脳内で整理できていない状態だと、次にやることが気になって、集中できなくなることがあるようです。

やることがいっぱいある状態だったとしても、一番優先して終わらせるものはなにか、後回しにしてもよいものはどれかをはっきりさせておくことで、頭がスッキリすることもあります。

仕事では、特に優先順位を明確にすることが大切だといわれます。

仕事を振られたとき、一度落ち着いて、優先順位を整理する習慣をつけると、いいかもしれません。

また、一度にすべてのことを終わらせるのではなく、「今日はここまで終わらせる!」と目標を決めて進めるのも有効です。
 

他のことをする

 
生理前_集中力低下_集中できない
 
集中して取り組めないのであれば、いっそ、別の仕事をしてみるというのも手です。

脳の負荷を軽減できる単純作業などがあると、理想的です。

仕事が、頭を使うものばかりだというのであれば、机の片付けをするというのでもよいと思います。
 


 
集中できない状態で頑張り続けると、ミスが起こる原因になることが多いので、無理しないのも必要なことなんですね。
 

体を動かす

集中できないときの気分転換に、軽いストレッチなどをして、体を動かしてみるのも有効です。

体を動かす仕事を先に済ませてしまう、というのも手ですね。
 

その他:椅子の高さ?

ここしばらく、仕事で集中できないと感じる日が続いていて、仕事中に、頭痛や肩こりがひどく、ミスも頻発していました。

ただ、環境が変わったストレスか、疲労かなと思っていたのですが、それは勘違いだったんです。

原因は、椅子の高さにありました。

使用していた椅子の高さが、うまく調節できておらず、わたしの適正な高さよりも、少し高めになっていました。

そのため、座るとお尻が圧迫され、足も床にしっかりとつけられない状態。

おかげで、仕事が終わると、原因不明の下半身のだるさに悩まされていたのでした。

無自覚だったため、「座り仕事でも、体って疲れるんだなー」なんて考えていました。

それが、椅子の高さを下げた途端、今まで仕事中に感じていた頭痛や肩こりも軽減され、下半身のだるさも、ほとんど感じなくなりました。

「椅子の高さって、こんなに体に影響しているんだ!?」と改めて感じた瞬間でした。

もし、高さの合わない椅子を使っているようであれば、すぐに調節してみてください。

いつもよりも、楽に仕事が進められると思います。
 

集中力を切れないようにするためには

 
生理前_集中力低下_気分転換
 
生理前などは、集中できなくなったり、集中力が切れやすかったりということが、よく起きます。

わたしも、頭がぼーっとしてしまって、集中できなかったり、ミスが増えたりします。

集中力を保つためには、集中が切れる原因を、なるべく少なくすることが大切です。

集中力を保つには、下記のような方法があります。
 

集中力を保つ方法
  • 静かな場所で仕事をする
  • 使い慣れた道具を使う
  • やり方・手順を明確にする
 

静かな場所で仕事をする

周りの音が気になって、集中できない、集中が切れてしまうというのは、珍しいことではありません。

そのため、可能であれば、場所を移動したり、集中するために、音楽を聴いたりするのも有効です。

わたしは、あまりに集中できずに、ヒーリング系ミュージックをイヤホンで聴いたりすることがあります。
 

使い慣れた道具を使う

パソコンを使って仕事をしていると、大抵の場合、自分のパソコンは、自分の使いやすい用にショートカットが作られたり、フォルダ分けされたりしていますよね。

それが、人のパソコンになると、途端によくわからなくなるというのも、珍しいことではないと思います。

使いたいものがすぐ分かるところにないというのは、集中力が切れる原因になります。

パソコン以外でも、自分の使い慣れたものを使い、場所をはっきりさせておきましょう。

そうすれば、余計な手間を省くことができ、集中力を切れるリスクを減らすことができます。
 

やり方・手順を明確にする

どうやってやろうかと考えながらやっていると、二度手間や三度手間になり、余計な時間がかかってしまったり、あれこれ考えながら進めていくので、集中力が切れやすくなります。

そのため、最初に、どういうふうに進めていくのかをはっきりさせておくことで、集中力を切れにくくすることができます。

これらのことを参考にして、生理前でも、集中力を高めることができればいいですね。
 

まとめ

  • 集中できないのは脳が疲れている証拠かも。
  • 集中できないときは、机の上の整理整頓・気分転換・優先順位の確認が大切。
  • 集中力が切れないようにするには、静かな場所で仕事をする・使い慣れたものを使う・手順を明確にするなどのコツがある。

 
関連記事 PMSが原因で、仕事にミスや支障が出る。欠勤や休むなどタイプ別対策
 
関連記事 集中できない時、集中力が切れたときの対処法、集中力を保つためのコツ
 


 - PMSと生理痛 by 田中みか